5月4日 金門島 4

2006/5/9 | 投稿者: 讃岐おばさん

今夜のお宿は水頭村の水頭7號民宿です。

約80年前に建てられた老建築を用いた宿泊施設で、レンガと石材を混用し、小さな中庭を囲むように建てられていて、窓枠や庇などには大陸から招いた名匠の彫刻が、門には日本から運ばれたマヨルカタイルがはめ込まれているという凝った建物です。
クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
ベランダからの眺め、屋根のレリーフが間近に観賞できる。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
    クリックすると元のサイズで表示します
「さぁさぁどうぞ」と、ご主人の蔡祖求さんにお茶を淹れていただく。 いい香りがちょっぴり疲れた体を癒してくれる。

私が泊まった部屋。入り口の扉の鍵(?)が面白い。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
ではでは、お休みなさい。 明日は小金門行きです。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ