2009/8/14 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
太魯閣閣口、1960年4月に完成した東西横貫公路、台中の東勢に至る東西横貫公路194.2kmの起点。
クリックすると元のサイズで表示します
このトンネルの向こうから帰ってきます。

クリックすると元のサイズで表示します
あらっ、立霧渓の濁流の中で、何をしているんでしょう?
 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
原住民人の人がクリックすると元のサイズで表示します(バラ石)を探しているそうです。

橋の欄干には同じものがないといわれる獅子が拍手
クリックすると元のサイズで表示します
この赤い橋から階段を降りて、タイヤル族の言葉で神秘の谷と言われるクリックすると元のサイズで表示しますを散策します
クリックすると元のサイズで表示します
綺麗な青い流れのクリックすると元のサイズで表示しますと濁流の立霧渓が橋の向こうで合流しています。※渓とは川の事です。
クリックすると元のサイズで表示します
水の色が対照的ですね
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますは、日本統治時代に水力発電所建設資材運搬道路として作られたそうです。

全長4.4km、時間がないので15分で途中まで行き、残り15分で帰ってください、との事
クリックすると元のサイズで表示します
とっても綺麗な水色と岩肌です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
スヌ子さんも良かったね〜
クリックすると元のサイズで表示します
ここでもこんな珍しい花が。

ではでは、赤い橋に戻って、燕子口へ

2009/8/14 | 投稿者: 讃岐おばさん

定刻よりやや早く10時過ぎに花蓮空港に到着。

大理石をふんだんに使った立派な空港、素晴らしいです!

ただ、写真を撮ってないのが残念

ここではkyon2さんせきけんさんおススメの馨憶精緻民宿(しんいせいちみんしゅく)のご主人、片桐さんにガイドをお願いしていました。

片桐さんは、飛行機の中に荷物を忘れたりトイレに行ったりで、最後になった私たちを温かく出迎えてくれました(笑)

昨晩から片桐さんの民宿に泊まっているという、東京から来られたKさんと一緒に花蓮空港を出発です

途中、台風で枯れたようになった木やバナナの木などを見ながら、コンビニに寄って飲み水を確保。
クリックすると元のサイズで表示します
11時過ぎ、清水断崖へ到着。

清水山(2407m)の裾野がそのまま太平洋に落ち込んだ約20kmを清水断崖というそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
日本統治時代の1924年から14年間かけて多くの犠牲者を出して完成した道、臨海道路が山肌にそのまま残っているのが分りますか?
クリックすると元のサイズで表示します
とっても穏やかな太平洋でした。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
こんな見たことがない花が咲いていました。
クリックすると元のサイズで表示します
更に蘇花公路(蘇澳と花蓮を結ぶ総延長118.5kmの道路)を10分くらい走ったところの清水断崖、ここはよくパンフレットに載ってるそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
日本統治時代の台湾八景の一つだったそう。
クリックすると元のサイズで表示します
とても台風の後とは思えない、綺麗な海でした。
クリックすると元のサイズで表示します
タロコ渓谷の観光だと、こちらへは逆方向になるので普通は来ないそうで、有り難いですね〜ゴメン

ではでは本日のメイン、タロコ渓谷へと

2009/8/14 | 投稿者: 讃岐おばさん

昨日と変わって今朝はとっても良い天気です♪

予想最高気温は33℃!
クリックすると元のサイズで表示します
美味しい朝食をいただいて、松山空港へ参りま〜す(^O^)/

復興航空へは9時35分発の花蓮行きをネット予約済み。

8時過ぎ、三越前から出るバスを利用して空港へ行く予定でホテルを出発

と、私が悠遊カードを昨日穿いていたズボンのポケットに忘れていたのに気がつき、バッグを娘に預けてホテル近くまで戻って更に気がついたのは、スーツケースにズボンを入れたから鍵がバッグの中

そしてバスも通勤時間帯で渋滞、そんなこんなで時間が無くなり、途中でバスからタクシーに乗り換え空港へ着いたのは9時20分近く!

慌ててチェックインカウンターへ駆け込むと、満席で空いてる席は無いって言われ、どうしよう〜〜〜

よく確認すると4人が一緒の席が無くて、離れて座るそうでやれやれ、ホッとひと安心
クリックすると元のサイズで表示します
ではでは、懐かしのプロペラ機で35分のフライト、初めての花蓮へ〜〜〜飛行機

2009/8/13 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
小籠包のあとはマンゴーかき氷でしょう♪

台北市大安区永康街15号冰館、ここは元祖マンゴーかき氷のお店です。

ではでは2人で1皿ずつ注文、
クリックすると元のサイズで表示します
マンゴーは完熟、とっても美味しかった〜o(^-^)o

お値段160元のところ、クーポンを使って10元引きの150元(約450元)なり〜


デザートをしっかり食べたら、お茶の買出しに
クリックすると元のサイズで表示します
今年3回目の台北市新生南路一段161巷6−2号意翔村茶業さんへ。

台北101も雨に霞んで見えます。
クリックすると元のサイズで表示します
お店の中には大きな梱包がたくさんあり、お茶屋さんへクロネコヤマト便で発送していました。
クリックすると元のサイズで表示します
さぁさぁどうぞ〜と台湾一の実力を持つ「評茶師」陳煥堂さんに、まず最初に文山包種茶を淹れてもらって、次に東方美人茶を

あぁ、美味しいお茶、癒されます〜


年内分のお茶と頼まれたお茶を買い込んで、1度ホテルに戻り、妹を置いて、お土産のパイナップルケーキを買いにMRTで民権西路駅まで。

台北市承徳路3段27号維格餅家さん、注文してホテルまで届けてもらえるので楽チンGOOD!

今日は朝が早かったからホテルに戻って早めに就寝

2009/8/13 | 投稿者: 讃岐おばさん

空港からホテルまで渋滞もなく早く着いたので、チェックインまでしばしロビーで待つことに。

今回は移動にバスをしっかり利用するという娘に悠遊カードのチャージをしてもらって、さあ出かけましょうか、と16時前に外へ出たら雨が

空港へ着いたときはあんなに良い天気だったのに
クリックすると元のサイズで表示します
急遽、傘とすっぽり入るカッパを買って、22番バスに三越前から乗車です
クリックすると元のサイズで表示します
台北に来たらまずこの店?鼎泰豊、雨のせいか、混雑もなくすんなり店内に入れました。

クリックすると元のサイズで表示します
必ず食べたい泡菜(キャベツの漬物)
クリックすると元のサイズで表示します
そして小籠包は2籠。
クリックすると元のサイズで表示します
トマトと卵のスープ、あっさり味で美味しい。
クリックすると元のサイズで表示します
豆苗がなかったのでA菜、シャキシャキ!
クリックすると元のサイズで表示します
エビ炒飯、ふわふわ卵とプリプリエビ。
クリックすると元のサイズで表示します
JALのガイドブックのクーポンでもらった小菜。
クリックすると元のサイズで表示します
最後にデザート、タロイモ餡の小籠包は注文を間違って、4等分して食べることに(笑)

合計968元(約2900円)なり〜
クリックすると元のサイズで表示します
うず高く積まれたセイロの中で頑張って作っていますね〜


ではでは、雨が降ってるけど、かき氷も食べましょう




AutoPage最新お知らせ