2021/1/3 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
新春にふさわしいコーヒーカップ6客セットです。

娘がコーヒーを淹れてくれて。

多分30年以上前に買ったものですが、富右ェ門窯のもの。
クリックすると元のサイズで表示します
当時、この6客セット木箱入りで18,000円くらいだったと思います。

ちょっと高かったので良く覚えています(*_*;

仕事でボーナスを貰ったときなんかに、自分へのご褒美と言い訳して買っていました(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
佐賀市有田町の富右ェ門窯さん、長年お休みされていたようですが、最近は陶器市などでイベントを企画されてるようで、九州へ行く機会ができたら訪問してみたいと思っています。

でも買わずに、見て楽しみたいと思っています(笑)

2020/12/6 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
6:36、夜明け前のスッキリした空。

気温は4℃、大霜でした。
クリックすると元のサイズで表示します
西の空には残月が輝いていましたよ。


先日、潮工房の作品集を送ってもらっていて気になっていた「のきは」さんへ、午後から行ってきました。

前回行ったのは2017年11月でした。
クリックすると元のサイズで表示します
近くの田がマンションに変わっていて、ナビに住所をセットしていたけど分からなくて、電話して迎えに来てもらいました。

作品ひとつひとつの撮影はNGですが、全体の写真ならと、許可を貰ってスマホにて。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックで大きく見えます。

やっぱりうっとりするような素晴らしい作品ばかりでした。

ヴェネツィアングラスで作られたお茶のお道具が沢山あって、うっとりと拝見してきました。

もう少し若い時に出会いたかったなぁ(*_*;

それにしても久しぶりに走った高速道路、気持ちが良かったです

2020/12/3 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
6:20、夜明け前の東の空。

スッキリと晴れていました。

午後からのパソコン教室の前に畑のマンバや大根、分葱を収穫して、一宮町のGさん宅や実家へ届けました。

実家では図々しくお昼をご馳走になり、パソコン教室へと。

新しいスマホのプランや、データーのバックアップなど、基本的な事を教えてもらいましたよ。

でも、新しいスマホはいつ届くのか、まだ分からないみたい

夕食の後で、デザートは餅入りぜんざい。
クリックすると元のサイズで表示します
コップは福岡県にて作陶されている岩田啓介さんのもの。

飽きのこない、味のある可愛い形です。

2011年に徳島県の「のきは」さんで購入しました。

↓その時のブログです。
https://red.ap.teacup.com/sanukiobasan2/2431.html

そういえば、「のきは」さんから今年最初で最後だという展示会の案内がありました。

ヴェネツィアングラス作家の江波 冨士子さんの展示会との事で、作品集が素晴らしいと言われるので送ってもらいました。
クリックすると元のサイズで表示します
もう素晴らしい作品ばかりで、実物を見たくなってきましたよ(笑)

11/28(土)〜12/6(日)までの会期です、断捨離中で買えないけど行きたいなぁ〜

2020/7/16 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
愛媛県の砥部焼、大皿径・約22p。

ちょっと重い器ですが丈夫で気軽に使えます。

多分20年以上前になると思いますが、砥部焼の窯元梅山窯で買いました。

こちらはうどん鉢と出汁猪口、5客ずつ買いましたが、出汁猪口は1個割れました(>_<)
クリックすると元のサイズで表示します
飽きのこないデザインがお気に入りです。


11時から、3ヶ月に1度の歯科検診に行ってきました。

丁寧に歯磨きをしているつもりでも歯石ってついていますね

新しい歯ブラシを貰って、次回は10月です。


19:12、ぼんやりした夕焼けでした。
クリックすると元のサイズで表示します
どうにか晴れ間もあって、お風呂用マットなどが洗濯できて良かったです。

2020/7/15 | 投稿者: 讃岐おばさん

愛媛県・朝倉村の里山でやきものを作られている峠窯さんへは、ブログを通じて知り合い、2006年と2007年に訪問しました。

HPを探しましたが現在の様子が分かりません。

器を使うたびに当時の様子が懐かしく思い出されます。

三島手の大皿、径・約27p。
クリックすると元のサイズで表示します
手作りの印花を器表面に押し、それに白泥の化粧土を象嵌(埋め込み)した後釉を施したもので、この技法は、線条文と、密集した花文とを交えた文様が、その昔三島大社(静岡)より頒布していた暦の文様に似ていたところから、三島、あるいは、三島手(みしまで)と呼ばれています。

こちらは小皿、径・約15p。
クリックすると元のサイズで表示します
オオイヌノフグリの印花がお気に入り

網代模様の角皿、径・約17p。
クリックすると元のサイズで表示します

平小鉢、径・約15.5p。
クリックすると元のサイズで表示します
醤油豆入れにちょうど良い感じ
クリックすると元のサイズで表示します
醤油豆が無くなったので再度アップします(笑)

表面全体を石目調に仕上げた古代皿、径・約18cm。
クリックすると元のサイズで表示します

緋色に御本手(ごほんて)が素敵な皿、径・約18p。
クリックすると元のサイズで表示します

峠窯の定番人気商品、粉引鎬(こびきしのぎ)珈琲碗皿。
クリックすると元のサイズで表示します
先日、妹夫婦が来た時に娘がこのカップにコーヒーを淹れて出していました。


で、久しぶりに我が家のパッションフルーツです。
クリックすると元のサイズで表示します
2鉢のうち、1鉢は枯れました
クリックすると元のサイズで表示します
侘助に蔓を延ばしていますが、花がというか蕾も見当たりません。

どうしたのかな?

今のうちに枝を摘んで挿し木にしておこうと思います。




AutoPage最新お知らせ