2017/8/11 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
9時過ぎ、夫に送ってもらって娘と一緒に高松空港へ。

早速、空港だしの味見をしましょうか。
クリックすると元のサイズで表示します
紙コップを取って蛇口をひねって。
クリックすると元のサイズで表示します
良い出汁が出てますね〜、スヌ子さん
クリックすると元のサイズで表示します
ではでは、11:35出発のチャイナエアラインで台湾へ行ってきます!

10:50、あっという間に坂出市上空、瀬戸大橋が見えます。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
12:17、機内食に赤ワインをチョイスしました
クリックすると元のサイズで表示します
排骨飯(パイグーハン)です。

13:32、台湾が近くなってきましたよ。
クリックすると元のサイズで表示します

13:15(台湾は日本時間マイナス1時間)定刻に着陸したものの、滑走路が混んでいたため暫く沖止め、30分くらい遅れたかも。
クリックすると元のサイズで表示します
お陰でスーツケースは早く出てきました。

空港からMRTも開通していますが、バスだとホテルの直ぐ近くに止まるので、やっぱりバスで。

来るたびに新しい建物ができています。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
圓山大飯店が見えてきたらホテルは近いです。

14:52、行天宮です。
クリックすると元のサイズで表示します
ホテル近くのバス停は行天宮になります。

チェックインをして、小籠包を食べに。
クリックすると元のサイズで表示します
16:20、このくらいの時間だと5分待ちくらいでした。
クリックすると元のサイズで表示します
2時間待ちの時もありましたよ

ではでは早速いただきます!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
トリュフ入りの小籠包、これ、とっても美味しい
クリックすると元のサイズで表示します
何もつけずにそのままで。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
二人なので、これで精一杯、完食しました。

次に近くのお茶屋さんへ、一年ぶりかも?
クリックすると元のサイズで表示します
大阪で働いていた息子さんが日本人の彼女と一緒に帰っていて、手伝われていました。

明日行く玉里の金針花を見に行くことを言ったら、お弟子さんが金針花とお茶農家さんをしているとの事で連絡を入れてもらえましたよ。

通訳の息子さんがいていろんなお話ができて楽しかったです。

買ったお茶をホテルに持ち帰って、MRTにて松山駅へ。

明日の自強号のチケット発行に、そしてスタンプラリーのスタンプを押さないと。
クリックすると元のサイズで表示します
MRT松山駅から台湾鐡道松山駅への通路が素敵でした。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
さぁ、明日は5時出発です
タグ: 台北 台南 高雄

2017/6/5 | 投稿者: 讃岐おばさん


2017/5/7 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
5月6日、ホテルの部屋からの景色です。

泥温泉場が少し見えています。
クリックすると元のサイズで表示します
水着を着用なので見えても良いんですけどね。
クリックすると元のサイズで表示します
こんな風に体中に塗りますよ。

少し乾くまでのんびりとして、シャワーで洗い流します。

もうお肌がツルツル、しっとりになりますよ。

ホテルの朝食をゆっくり食べて、10時にチェックアウト、昨日のタクシーにお迎えに来てもらって台鉄・新営駅へ。
クリックすると元のサイズで表示します
駅のホームで西瓜牛乳、爽やかな美味しさです。
クリックすると元のサイズで表示します
台南駅まで、帰りは予約していなかったのですが座席が取れてラッキーでした。
クリックすると元のサイズで表示します
台南でのお目当ては、やっぱりかき氷です。
クリックすると元のサイズで表示します
生憎マンゴーかき氷はまだ食べられないそうで、フルーツてんこ盛りのかき氷を娘と一緒に食べました。
クリックすると元のサイズで表示します
そして以前から気になっていたハヤシ百貨店へ。
クリックすると元のサイズで表示します
1932年、山口県出身の実業家である林方一氏が、台南市末広町二丁目(現在の台南市中西区忠義路二段付近)にハヤシ百貨店を創立しました。

太平洋戦争中、ハヤシ百貨店は市の中心地であったため米軍の空爆を受けました。今でもその空爆跡が残る外壁を見ることができます。

そして敗戦によりハヤシ百貨店は廃業。終戦後は国民党政府の台湾製塩総工場や塩務警察総隊の事務所として使用され、屋上は防空軍備用に使われていましたが、その後事務所の移転により1980年代以降は空きビルとなっていました。

それから時を経ること1998年の6月26日、ハヤシ百貨店は市定古跡に認定され、2010年1月より台南市と文化部が8000万台湾元(約2億7000万円)かけて修復作業を行うこととなりました。この修復作業に関しては、米軍によって爆撃された跡や当時のままの床材の一部などを残しつつ創業当時の姿を再現、そしてついに2013年1月に完成したのです。

そして最初の開業から81年を経た2014年6月14日、ついにハヤシ百貨店は文化クリエイティブ販売施設「林百貨」として生まれ変わり、新たな歴史の一歩を歩み始めたのです!

              〜台北ナビより〜


日本統治時代の建物をリノベーションして利用しているのはたくさんあります。

台湾ならではです、嬉しいですね。

1階は台湾各地のご当地グルメが集まるフロアで、ここでトイレ休憩を。

6階の屋上には、当時の米軍の空襲を受け壊れた壁が保存されています。また地面からつきでている棒のようなものがあるのですが、それは戦後防空軍備用として使われていた時の銃の射撃台でした。

そして、奥に進むとそこには神社「末広社」があります。神社本堂は新しくつくられたものですが、その周りに置いてある黒っぽい石は当時のまま。祭られていたのは商売繁盛の神様であるお稲荷様だったそう。


本当は6階まで上がりたかったのですが、時間が無くて断念、またの機会に。

市内バスに乗って台南駅へと。
クリックすると元のサイズで表示します
ここでも高雄行きの自強號の座席が取れてラッキーでした。

この日本時代の台南駅舎も新しく生まれ変わるそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

高雄に戻って、お土産のパイナップルケーキを買いに行くことに。

MRT市議会駅のひとつ隣の駅で芸術祭が開かれていて、そこにお目当ての微熱山丘が出店しているそうな。
クリックすると元のサイズで表示します
駅から7〜8分、海近くの倉庫群が賑やかでした。
クリックすると元のサイズで表示します
迫力ありますね!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ありました、一番端だったのでしっかり歩きましたよ。
クリックすると元のサイズで表示します
カステラの試食でお茶も飲めました。
クリックすると元のサイズで表示します
無事にパイナップルケーキをゲット、ホテルに戻ります。

ちょっと休憩してバスにて三鳳中街へ買い出しに。
クリックすると元のサイズで表示します
夜は初めてだったので入り口の鳳凰に見惚れました(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
黒落花生1斤(600g)150元、干し桜海老、ドライマンゴー1斤550元、どれも他で買うより安いです。

バスでホテルに戻って、花生糖のお店へタクシーにて。

ネットでは22時までとありましたが21時までになってて焦りました。

ホテルのスタッフがお店に電話してくれて、待ってもらえることになり、安心してお店へと向かいました。
クリックすると元のサイズで表示します
着いたときは21時前でした。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
あまり甘くなくてついつい食べすぎます。

台湾最後の夜は、やはり夜市へも行かないと。
クリックすると元のサイズで表示します
ホテルから徒歩5〜6分です。
クリックすると元のサイズで表示します
西瓜ジュースを買いました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
土曜日の夜ですが、そんなに混んでないですね。
クリックすると元のサイズで表示します

夕食は海鮮粥、これで満足して眠れます
クリックすると元のサイズで表示します


6日、いよいよ帰国です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
10時にチェックアウトして、ホテルのスタッフにMRT美麗島駅まで送ってもらいます。
クリックすると元のサイズで表示します
いつ見てもうっとりします。

高雄国際空港、ピーチは樂桃なんですよ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

14時出発は5分くらい遅れました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
17:48、定刻よりやや早く関空に到着なり〜

19:05発のリムジンバスにて我が家には22時過ぎに帰宅しました。
タグ: 台北 台南 高雄

2017/5/4 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
関空からピーチで高雄へ。

高雄国際空港からMRTにてホテルへと。

美麗島で乗り換えして一駅です。
クリックすると元のサイズで表示します
チェックインして、2週間前に予約していた明日の台南行きの自強號(急行)のチケットをもらいに高雄駅まで。

スタンプラリー、高雄駅のスタンプをゲットしました。
クリックすると元のサイズで表示します
そして、高雄在住のくのさんと無事に合流、マンゴーの美味しいお店へ。
クリックすると元のサイズで表示します
アップルマンゴー、今月から取り扱いしているみたいです。
クリックすると元のサイズで表示します
完熟でとろける美味しさでしたよ。

さて、夕食はガチョウ肉のお店へ。
クリックすると元のサイズで表示します
とってもアットホームなお店で、パイナップルやバナナをサービスでいただきました。
クリックすると元のサイズで表示します
3人でも食べきれなかったです。

翌日はホテル近くの肉まんが美味しいお店へ。
クリックすると元のサイズで表示します
店頭はいつも行列。
クリックすると元のサイズで表示します
店内でおいしく頂きました。

ホテルも朝食付きなので、地下にある食堂ではデザートと珈琲をいただきました。

ではでは予約している関子嶺統茂温泉会館へ。
クリックすると元のサイズで表示します
9時発の自強號(急行)に乗って、台南の新営駅へ。

自強號で約1時間、そしてホテルまでタクシーにて約40分。
クリックすると元のサイズで表示します
温泉ホテルに着きました。

14時からのチェックインなので、タクシードライバーさんにお願いして行きたかった所に連れて行ってもらうことに。
クリックすると元のサイズで表示します
地下に水と天然ガスを含む帯水層があるそうで、そこに圧力がかかって岩の割れ目から地上へ噴出しているのだとか。(台南市観光局の説明より抜粋)
クリックすると元のサイズで表示します
24時間365日、炎も水も湧き出続けます。
クリックすると元のサイズで表示します
泉の近くに寄ると、炎の熱がすごい!
クリックすると元のサイズで表示します
自然の不思議です。

水火同源の動画

次に東山珈琲が飲みたいとお願いして、タクシードライバーさんお勧めの東山珈琲の大鋤花間へと。
クリックすると元のサイズで表示します
結構山の中です。
クリックすると元のサイズで表示します
お店の横の階段から上がります。
クリックすると元のサイズで表示します
見晴らしが最高!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
アイスコーヒーを。

東山珈琲のお店「大鋤花間」の動画

野鳥の囀りがあちらこちらから聞こえて良い時間でした。

焙煎したコーヒーも買いました。
クリックすると元のサイズで表示します
お店の前にあった珈琲の木に実が

ではでは、ホテルまで送ってもらいます。

12時前、ホテル近くのお店でランチタイム。
クリックすると元のサイズで表示します
竹香園このお店もタクシードライバーさんが一番美味しいと、教えてもらいましたよ。

ちょうど2人分のセットメニューがありました。
クリックすると元のサイズで表示します
竹筒のお茶入れです。

ゼンマイみたいなのを茹でたもの、なぜかイクラが載っていました。
クリックすると元のサイズで表示します
川蝦のから揚げ、パリパリで美味しい。
クリックすると元のサイズで表示します
鳥さんも柔らかいです。

お腹いっぱい食べて二人で780元(約2800円)くらい。

ホテルのチェックインにはまだ早かったので温泉に入ります。
クリックすると元のサイズで表示します
水着着用、シャワーキャップは持って行きましたがホテルのを使いました。

バスタオルは受付で貸してもらえました。

細かい泥を塗りつけて、乾かせてから洗い流します。

背中はお互いに塗りあいっこ

チェックインして、今夜は蛍観賞ツアーに参加しますよ。
クリックすると元のサイズで表示します
20時出発です。

4月に高松に来られた台南のFB友が電話で申し込んでおいてくれていました。

偶然にも、神戸のKyon2さんご夫妻も同じホテルに泊まり、蛍ツアーの情報をいただいたのでした。

約1時間くらいの蛍ツアー、参加料は一人100元でした。

50人以上の参加だったかも、ほとんど地元の方たちでした。

大きい画像で見てくださいね、どうにか蛍が見えます。
クリックすると元のサイズで表示します
とにかくたくさんの蛍でしたよ。
クリックすると元のサイズで表示します
三脚は持参したものの、リモコンが無くて、なにしろ蛍撮影は初めてだし、娘にちゃんと準備しないと、と叱られました

少ないですが、どうにか撮れてて少し安心
クリックすると元のサイズで表示します
お部屋で祝杯をあげて就寝
タグ: 温泉 台南 高雄

2017/1/7 | 投稿者: 讃岐おばさん

クリックすると元のサイズで表示します
台湾で買ってきた金魚ちゃんのティーバッグを使って美味しいお茶をいただきます。

花丸台湾ローズ烏龍茶
台湾南投地方で有機栽培されている新鮮でオーガニックなバラの花びらに最上の烏龍茶をブレンドしました。
クリックすると元のサイズで表示します
お茶は黄金の琥珀色、品質の高い銘茶で、優雅で芳醇なバラの香りが口いっぱい広がります。
クリックすると元のサイズで表示します
上品で素晴らしい甘みの余韻が、貴方の喉を潤すのです。

                ー説明書よりー

金魚ちゃんの中身はこの他に、3種類あります。


花丸台湾紅玉紅茶(台湾ルビー紅茶)
ミャンマーからやってきた大きな茶葉と、台湾の原生茶とが生み出した奇跡の産物です。
葉は細くねじれ、お茶の色は明るく美しい赤色をしています。
とても上品な味わいで、柔らかくて甘みがあります。
シナモンやミント、ほのかな花の香りも同時に楽しめるのが特徴です。
台湾原生茶からくるチャーミングな香りはきめこまかく繊細で、世界の紅茶専門家たちから「台湾香」と評されています。

花丸共存の素晴らしさ 東方美人
お茶の芽に白い産毛(白毫)がみられるため、またの名を白毫ウーロン茶といい、西洋のお茶愛好家はこれを東方美人と呼びました。
東方美人は無農薬、無科学物質の環境で栽培する必要があるため、ウンカが必然的に多く発生します。
ウンカはお茶の芽を噛み、その際に唾液が茶葉と混ざり合います。
これを”著涎”(唾液が触れること)といい、”著涎”のある茶葉は非常に貴重で、お茶の品質を決めるポイントとなります。
ウンカは茶葉を食べつくすことはなく、特においしい茶葉の芽を好み、齧っては移動することを繰り返します。
著涎のある茶葉のみを摘むため、東方美人は毎年の生産量が少ないのですが、その茶葉は細くねじれ、熟成した果実と密の香りと独特の甘みがあります。
後味には芳醇な甘さが感じられ、まさに”最高級のお茶”をお楽しみいただけるでしょう。

花丸台湾キンセン茶
お茶の色は明るく澄んだ黄金色であり、ほのかなこうばしい焙煎香とミルクの香りがするのが特徴です。
口の中に甘くて潤った味わいが広がります。


美味しい淹れ方
切り目に沿って袋を開けきり、そのまま上に引き出してティーバッグを取り出してください。
95℃のお湯約150tをカップに注ぎ、金魚ちゃんティーバッグを入れます。
マドラーやティースプーンなどで金魚ちゃんを優しくお湯に浸け、泳がせます。
約5分待ちます。美味しいお茶をお楽しみください。
タグ: 台北 台南 高雄




AutoPage最新お知らせ