2005/9/23

恐怖の梱包  


仕入れ終了。
でも、仕入れのあとは恐怖の梱包だ。

なぜだか今回、たくさん買えてしまったのでそれなりの量を積み込まねばならぬ。
これがまったく、毎回毎回、恐怖以外の何物でもない。

時間がないからね。
効率的な観点から梱包に使える時間は結構タイトにしてあるの。

アストロで何度も往復して下ろした荷物が山のようになっている。

 クリックすると元のサイズで表示します

それをとりあえず、ざっくり仕分け。
さらに細かくアイティムごとに。
さらに割れ物を包みなおし、数を拾って、小分けの梱包。
さらに小分け梱包を全体梱包に。
どの箱に何をいくつ、と、インボイス漏れのないようにしないと税関がうるさいからね。

クリックすると元のサイズで表示します

でっかいパッキングの山が船便用。
この山をダンボールで囲い、シュリンクして完成。
これが最終的に6パレット。
その土台になっている半分のサイズが航空便。
上に物は乗っけない。
航空便は服が中心。
このサイズで一箱に400キロくらい入る。
これを5パレット。
全部で11パレット出来たのだ。

大きいサイズのごちゃごちゃ物を四角く積み上げるのはテクニック。
綺麗に決まると嬉しいよ。

まあ、近年稀に見る量になってしまったけど、梱包が終わると本当にほっとする。
昔はこの量だと3日はかかったものだ。
何でも慣れるもんだねえ。


梱包終了後は皆、ドロドロで。

さあ、帰国だ。
とにかく、いっぱい寝たいのだ。 



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ