2006/12/22

タバコ考、その後。  




◇おいらわ、かって、無法者であった。
それはもう、ところかまわずタバコを吸いまくってわ多くの善良な市民やあんまり善良でない市民やきっとまったく善良ではないだろう市民にまでも、果てはうちのネコや東山動物園のらくだにだって、散々に迷惑をかけまくった無法者だった。
そんな無法者であるからして、果たして、禁煙でない場所であれば、それはもう、世界タバコ教吸いまくり派教祖の如く、そして、それがまるで宗派の教義であるかの如く、お題目であるかの如く、吸った。ただ、もくもくと、吸った。(ぷ)

喫煙自由の喫茶店、居酒屋、食堂などであろうものならばとなりのお客と顔がくっつくくらいの状況であろうがなかろうが、吸った。
けむたい顔をされれば、けっ!おめえがでていけと言わんばかりになお、吸った。ここは喫煙自由だろうがああ〜〜と、吸ったったのだ。



いやはや、おおばかもんである。
実わ、おおばか教の教祖でした、ってな、おおばかもんだ。
こおいうおおばかもんがレストランや居酒屋なんかにいっぱいいることを考えると、欧米なんかでそおいう空間を全面禁煙とするのは哀しいけど、まさに道義的措置だ。


ま、ゆうても、タバコは、吸いたい人は吸えばよい。
空港の厩舎なごとくガラス張りの閉じ込められた空間で、窓を閉めきった自宅で、周囲10メートルに人がいない、もしくは人が近づく恐れのないアウトドアで灰皿を持って、勝手に吸えばよい。

んが、しかし。

不特定多数の人間が、いや、たとえ、ある空間を自分以外のひとりでもが共有するとなると、そこでの喫煙は、今の時代、明らかに、誰かが禁煙だの、そうでないだの、決めることでわなく、んなもん、ぜったい、っぜええええったあいっ!吸ってよいわきゃなかろうが。

無法者であったおいらがゆうのである。間違いないのだ。
んなもん、吸う方が悪いのだ。吸ってわいかんのだ。
それわすんごく単純な事で、吸わない人に迷惑だから、すごく不公平な事だからだ。


クリックすると元のサイズで表示します


◇と、そんなニュアンスのことは以前も書いた
気がする。

で、そん時、やっぱ、タバコは洗脳だな、ってなことも書いていたはずなんだけど、タバコをやめて1年、最近おいらにある変化が。

時々、夢のなかでタバコを吸っちゃっているのだ。
もう、どうだろお、たて続けに3回か4回。
夢でわ決まって、吸い終わってから、あ、なんでおいら、タバコ吸ってんだろ?ううむう?って、不思議がって、ちっ、しまった、しらんうちに吸ってまったのかあ〜って、猛烈に悔やむってパターン。

現実にはタバコを吸いたいとわまったく思わないのだけれど、いったいぜんたい、これ、なんなんざんしょ?

おいら、高校生の頃から吸っていたので、ざっと35年くらい来る日も来る日も吸ってて(正確には40代で2回、禁煙したけど)、それが洗脳ゆえになされてた行動であったとしても、その行為自体は習性として心のどっかにインプットされたままで、例えばゴミ箱で消去をしてもパソコン内のどこかにひっそり残っているファイルのように、たとえ洗脳が消去されたとわいえ、意識外でごそついているのだろうか?なんともはや、おそろしきタバコの魔法である。


◇洗脳だなあ〜って思えるふしにはいくつかの根拠があって、ひとつはおいらの場合だ。

おいらはずっと『タバコは好きだ。吸うと気分が落ち着く。イライラがとれる。仕事をやっている上でタバコ無しでは絶対に無理だ。止めれるわけがないんだ』とかたくなに信じていた。
さらに『病気も怖いけど、自分はいまんとこ、まあ、なんとか大丈夫だろう』という認知心理学でいうところの「正常性バイアス」とか「楽観主義バイアス」ってのが皆と同じようにこれまた、しっかり機能していたわけだから始末におえん。
ところが、「あんたは肺がんっす」というたった一つの呪文で、すうるするするううう〜〜〜と、すべての魔法やバイアスは一夜で氷解。
その日からタバコをやめても日常生活になんら支障は出ていない。


おいらと付き合いの深いタバコを吸う思慮深い多くの友人・知人にしても洗脳以外、吸っている理由は見当たらない。
彼ら、彼女らは、ほぼ全員、タバコをやめたいと思っていて、その理由もはっきり自覚していて、物事を論理的に判断できて、将来を語り、未来を探り、こと、タバコを吸う以外、おいらなんかよりよっぽど合理的で、合理的であるがゆえ思考と行動が一致する人々であるにもかかわらず、それはやめれない。
そして、タバコが好きなんだとか、仕事をやめたらやめるとか、らいねんやめるとか、たばこだけは、とか、寝言を言う。ここだけ、どうしても思考と行動がばらばらなのだ。

そして、ある日、呪文が聴こえる。
そしたら、その日にほぼ全員、魔法は解けるのに。

でも、もし、それでも、吸い続けれるのならば、おいらの考えが間違ってるわけで、ごめんなさい。あなたわ単なる「ものすごいタバコ好き」でしたのね。


クリックすると元のサイズで表示します


タバコを吸うのは間違いなく、いや、ほぼ?まあ?そこそこ?洗脳されているからだ。
ともかく、やめたいと一寸でも思うなら、未来を、将来を思うなら、やめてみるに限る。
3ヶ月たてば、ぜんぜん苦しくない。
あ〜やめてよかった。って思うはずだが。


人間、長寿だけが全てとわ思わない。
思わないがしかし、少なくとも、命をそこそこ粗末にする必要もない。
そしてその理由に「タバコ」ってのは、あまりにもしょぼすぎると、普通に思わん?


やめてしんどいのは、
しいていえば、人が近くでタバコ吸いやがると、にゃろお〜てんめえ〜ってなるのと、せいぜい夢の中でタバコ吸っちゃって悔やむ程度か?




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ