2007/9/30

今を生きるいのちの想い  



◇今を、生きることは歳を積み重ねること以外、ありわしまい。
幸せな「今」をあれやこれ、見つけようとすることわ無い。
今の中に、幸せがある。
今を生きることわ、何よりも幸せであるからだ。と、書いた。


さて、おいらは背中を30センチ以上切って開胸手術をした。
んで、その後1年半になるけれどまだまだ背中はつっぱりっぱなしで四六時中、痛く、重い。もちろん傷口のあたりはしびれっぱなしで感覚は無い。
よって背筋を使う作業は以前に比べ3割程度の出来ってとこだ。


クリックすると元のサイズで表示します
(ちょっとお見苦しいけどわかりやすいかと。テープの中が切り口です。袈裟懸けって感じ?)


ガンの浸潤していた背中側の右第2〜3肋骨は摘出しちゃったので右肩をぐるぐる回すとなんかこう、かくかくして違和感はあるし。(よく聞かれるのだけれど代替で人工骨とか入れていない。摘出しっぱなし。うふふ)
さらに、この第2〜3肋骨には胸部交感神経節なるものがあって、ガンの浸潤によりそれが侵されて、右掌、右手とか右肩付近の発汗が止まる。この部分の発汗が止まる代わりに背中・胸・大腿部から汗を分泌して補う代償性発汗という現象の合併症がおこる。
例の改造人間話だ。
しかし、この発汗量、停止した分を補うどころではない、はんぱでない大量発汗なのだ。

この代償性発汗という現象、実わ、手掌多汗症や腋窩多汗症、顔面多汗症の改善のため、治療として施される胸部交感神経節切断手術に伴っておきる合併症として問題になっているのだ。
ちょっと検索してみても代償性発汗被害者の掲示板とか苦しむ者たちの掲示板とか、実に厳しい。
状況は人によっても違うようだがおいらの場合、去年より今年は悪化していて、気温23〜5度くらいでスイッチが入り4〜9月頃の外出時は必ず着替えを4〜5枚持っていかなくてはどうしようもなかった。
発汗オフのスイッチはその気温が下がらない限りずううう〜〜〜と入らない。汗、でっぱなし。サウナに入っている状況と寸分変わらない。
問題はもともとのおいらの体質で、おいら、発汗するとめちゃめちゃ体が冷える体質なので、発汗、冷え、発汗をどこまでも繰り返すことになる。さらに右胸上部(乳頭ライン)から右肩右手は発汗しないのでその部分は異常に熱くなってくる。
でもって、ボーダーラインである右胸上部(乳頭ライン)にいたっては見事に体温境界線がくっきりと現れ、あまりの体温の違い(信じられないだろうが25〜30度くらいある)にボーダーラインあたりがキリキリ痛み出すのだ。この痛みはかって味わったことの無い不可思議な痛みで、実になかなか嫌である。

元来がん治療は体を冷やすことを嫌うので発汗後の急速低体温現象はどうもいただけない。実に困ったものである。


*****


と、まあ、貧乏自慢ではないけれど、おいらのような一般的肺がん手術で抗癌剤なし、放射線治療なし、でさえこんな程度の物理的な苦しさは残る。
ご存知のように、抗癌剤治療や放射線治療をされた方の苦しさはこんなものでは全然ない。
ここにあるおいらの例なんて虫歯ならC1ってとこか?
抜け毛なら生え際1ミリってとこか?
おすぎならぴーこってとこか?(なんじゃそれ?)

で、ここからが本筋。

前回のコメントにもちょっと書いたんだけど、樋口強さんという方が3年生存率5%(3年後に生きていられる統計的な確立が100人のうち5人)という厳しいがんから生還され、今では一年に一回、がん患者の為に落語会を開催されているのだけれど、この方の闘病の記録は実に凄まじい。


クリックすると元のサイズで表示します

術前術後、合計5回もの死と隣り合わさった抗癌剤治療に耐え、結果として半身しびれっぱなしという後遺症をおまけにもらっての生還。
術後の彼の生きる望みは「生きている人がいる」という生の本質に託されたという。
「末期だといわれようがもう手の施しようが無いといわれようが、それでも生きている人がいる。ああ、あの人に向かって歩けばいいんだ」と。

そこには有り余る生きる価値と、その生き方を良しとする想いが存分にあって、くどいようだけど、生きているというまさに、生きる、そのことがこそ、生きる本質だというそれが、ここにある。

おいらなんかよりも何百倍の苦しみと痛みを知ってそれでもなお、幸せな「今」をどれこれ探しはしない。
全ての今の中、この瞬間の今の中にこそ、幸せがあることを知っているからだ。
それわ、果たして、今を生きること、そのことに他ならない。
今を生きる事、そのことが、まさしく生きる幸せであることに、他ならないのだ。


命を賭して養われた「今を生きるいのちの想い」はちょっとやそっとの、いや、とんでもなき物理的苦痛でさえも、凌駕して憚らない。


**********

生きるとわかくも熾烈なことである。
今を生きることにちょっとやそっとの虫歯のC1ごとき苦痛で音を上げていてわ樋口さんに笑われる。
おいらも樋口さんに向かってこそこそ(なぜ?)歩けばいいんだって、思った。
昨日からの涼しさで発汗も下火だし。  誕生日もすぐだし。(やっぱ。そこかい!)






トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ