2005/9/25

サラタモ式ダイエット・総括  

 

ふふふふふふふ
ほほほほほほほ

帰国後の体重計は68キログラム。

ふふふふふふふふふふ
ほほほほほほほほほっほ

7月末の78キログラムから10キロ減。
久々に達成感ですな。

クリックすると元のサイズで表示します

体力的にも落ちることは無く、気力共々、へにゃらへにゃらにはなっていない。

出張中であったこともあり、体力温存のため、出来るだけ何でも食べたし。
ただ、やっぱ、量は少なめ。
地獄の梱包日の後は焼肉とご飯をしっかり食べたりもしたが、思いのほか胃が小さくなっていたようで、すぐ苦しくなってしまい、思ったほどは食べれなかった。
現在のところ、目標体重より2キロ落ちているのでこのあたりの余裕が次のデブ復活までの時間を稼いでくれる。
サラタモ式はこのあたりもポイントだ。
つまり、リバウンドはあり得るが、いかにして、リバウンドまでの時間を長くするか、だ。
風船体質のおいらはこの体重をずうう〜〜と維持していようとすれば、一生、少量の食生活を続けなければいけなくなる。
はっきりいって、それはしたくない。
食べることは何よりも大好きだからだ。
特に、甘いものは大好きだしね。

 友人と食事して周りの皆がまずいといっているものがあっても、おいらが食せば、まあ、いける。いけると感じる。むしろ、おいしい場合もある。
さらに、すっごい高価な食材の素晴らしい料理も、コンビニのおでんも、おいらにとってはおいしさ的に感ずる感度はそんなに違いは無い。

きっと、おいらは、『おいしい』の許容範囲が絶対的に幅広く、『おいしい』の度合いが幾種も無く、そおいう意味で鈍感な人種なのだ。
そのことはおいらにとって、とても嬉しいことで、幸せなことで、有難い事なのである。
だから、その特性を持ってして、このまま一生、食べたいときに食べたいものを食べれない生活はしたくないのだ。
それは哀しいことなのだ。

まあ、そのうち、もっとおじいになってしまえば、てきと〜に食事の量も減るだろうし、それまで、ダイエット→デブ→ダイエット→デブ→デブ→デブ→ダイエット・・でいけば好い、と考えている。
もちろん、それが良いとかではなく、ましてや人に勧めれる話でもなく、あくまで、おいらの場合は、って事だけど。


いずれにせよ、たまのダイエットでも、意志の強化訓練にはなるし、なにより達成感が嬉しいしね。

あ、服のサイズは何パタ〜ンか揃えていないといけませんけど・・




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ