2006/1/27

1月25日 気管支鏡検査  



◇ 準備にて

検査自体は胃カメラの【気管支〜肺】バージョンってのが近いか?

ちっこいファイバースコープがぐじゅぐじゅ〜って口から気管支を手繰って肺まで入って、なんだか患部をちびっと引っ掻いて組織を持って帰還(ぷぷ)する。

胃カメラを飲んでは、100人に一人と言われるほどのえづきまくり逸材なおいら。
果たして、準備段階局部麻酔にて見事えづきまくる事に。

でも、ありゃア、反則だねえ。だって、こお、『はい、お口をいっぱい開けてぇ〜、はい、舌をいっぱい出してぇ〜、はい、もっとだしてえ〜、はい。』ぎゅちょっ!って舌をつかまれちゃうんだぞ。もう、その瞬間で、げええ〜って、ならん?ええ〜皆のしゅう?
いっぱいに出した舌をヌルヌルの手袋の感触を残してびゅにょおお〜って、ううう〜〜。げえげえげえ。

そこへもってきて、なんだかちっこい金属製の噴霧器みたいなんを咽喉の奥にしょりょしょりょお〜って挿入されて『しゅう〜〜って麻酔を噴霧しますからそれにあわせて思いっきり息を吸い込んでくださいねえ〜、噴霧が終わったら息を吐いて、それを5回くらい繰り返しますよお〜〜、苦しかったら右手を上げてくださいねえ〜。あ、とても大事なことは「つば」を飲み込まないでくださいねえ〜だんだん麻酔が効いてきますから自分の意思で飲み込めなくなってしまうので、もし、つばが気管支に入ってしまったら一気に肺炎ですからねえ〜。ぜったい、中断してこのトレイに吐き出してくださいねえ〜』

説明中だろうが、もう、とにかくげえげえげえ。
5回?5回?一気に?一気に肺炎?おいらは一回目の麻酔液を噴霧する前にすでに右手を高々と掲げたよ。旗も振りたいくらいだ。

ちょっと休んで涙を拭く。
よだれ用のティッシュは涙用に。

この、@口をいっぱい開く。は、まあ、難なくクリアーだ。

で、A舌をいっぱい出す。
ここらで、もう、なんか、咽喉の奥が『ガ行』っぽく感じるな。
いっぱい、って、ロックミュージシャンでわないので普段から、こう、舌を『いっぱい』出す日常がないからなあ〜
B舌をぎゅにょってつかまれる。
もう、あかん。えづきなさい、っていうある意味、サインか?
C金属の管、咽喉の奥に、挿入。ほれ、これはもう、完成。げえげえってする、完成スタイル。

ま、実際、げえげえなるだけで、中味が伴うわけでわないのだが、なみだ目のおっさんがえづきまくる姿わ実録映画風であるなあ、なんて、どうでもいいことが頭に浮かんで、さあ、もう一回、いきましょう。

すっごくガマンすれば2回くらいはなんとかなった。えづきながらだけど。
それでも、2回が限界。休憩。

そんな感じでのろのろのろのろ、続ける。

げえげえげげげのげえ  
鬼太郎か、おいら。


クリックすると元のサイズで表示します


おいら/他の人はどうなんですか?


麻酔の若い女先生/え〜?ひとそれぞれ、体質ですからねえ〜。○○さん(おいら)がわるいわけでわないですよお〜。


 別に悪いとは思っていない。


麻酔の若い女先生/おじいさんでも上手な人もいますよお〜10回くらい平気な感じでえ〜


 おじいさんでも、じゃない。


だが、そんなおいらにその上手なおじいさんが降臨する。
なんだか突然、まったく、調子よく、できるようになる。
10回の攻防をなんなくこなしてしまう。

なみだ目だけど、得意げのおいら。

麻酔の若い女先生/麻酔、きいてきましたね。
だと。


◇ 検査本番 へつづく






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ