2007/2/24

砂漠のダイヤでちょい盛り  



◇最近、仕事がらみで出遭ったバイヤー社長さんの言うことにゃあ。
タイの飲み屋で怪しげなダイヤを買わんかと持ちかけられたそうな。

****

なんでも、サウジアラビアの砂漠で拾ったダイヤだと。
そこでわ月夜の晩、目を凝らすとキラキラ輝くダイヤの原石が拾えるんだとか。
いずれにせよ、くずダイヤ(?)、でも、でかいのは小指の先ほどあったとも。

ううむう。ダイヤの原石ってそこそこガラス質って感じだけど、いろんなタイプがあるからおいらが見せられてもきっとわからんだろうなあ。
というよりも、なによりも、そんな夢みたいな話、ホンマにあるんかいな?
いや、あるかも。
うむう、きっと、あるに違いない。
なんたって不思議王国サウジアラビアだ。
ちょいと前まで観光ビザさえ出してなかった、ある種、鎖国な王国だったわけで。
空飛ぶジュータンだって実わ飛んでそう。

とにもかくにも
月夜の晩にきらめく砂漠のダイヤ!
ああ〜そそられる。
サザエやアワビどころでわない。
二枚貝の化石どころでわない。
(そおいや、サウジの砂漠でわ、化石も丸ごと落ちているって話、なんかの科学雑誌で読んだことあるし。)

どきどきどき。
ああ〜もうあかん。
サウジ、いきてえ〜〜

*****

クリックすると元のサイズで表示します
(きらきらきら。でも、これ、砂漠じゃないのだ。山形蔵王の雪景色なのだ。↑)

などと、仕事の話より、おいら、勝手に盛り上がりまして。
すわ、帰宅早々、調べてみますれば。

ちぇ、やっぱ、いんちき半分、って話で。
ダイヤはダイヤでも砂漠ダイヤ、デザートダイヤ、サウジダイヤなどと呼び名はあるものの、実わ水晶の類の石なのだそうな。
原石は写真で見る限り、ころっとした薄ピンクで、ガラス質でわあるが曇っている。
故に、本物のダイヤのような炭素結晶体でわなく、従って、月夜の晩にキラキラ、って話は無理がある。
ただし、砂漠ダイヤ、カットしてそれなりに磨くと、本物のダイヤのようになっちまうらしい。
硬度こそダイヤの10に比べ7.5程度だがその特異ともいえる石質は、非常に透明度が高く、内部構造が安定しているとのこと。
つまり、なかなかダイヤと見分けがつかない、ちゅうことらしい。
そこそこ雑にカットして、おまけにそこそこ研磨しとけば、ホンモンダイヤの原石みたいなんだろう。
ううむう。
これだな、きっと。
この状態の砂漠ダイヤを見せられたんだろうなあ。
んで、さらに!
加工はタイに送られて仕上げられるそうで、件の話の舞台はタイ、まさしく、絵に描いたようである。

ま、ダイヤじゃないからお値段も安くて、サウジでわ、ごろごろ拾えるそうな。
いろんな意味で、日本ではほとんど無名な石、っていうのもうなづける。
ちょっとおもしろいのは、砂漠ダイヤ狩り(ダイヤ拾いのことだけど)、月夜の晩でわなく、明け方、太陽の光を利用するんだって。
キラキラするわけではないけれど、それなりに薄暗い光を発するらしい。


****

いやはや、インチキ話なりに、やっぱ、そこそこそそられるでわないか。
異文化のイスラム圏にはずっと昔、パキスタンへブリキのオモチャを探しに、てきと〜に出かけた。
はちゃめちゃで、えきさいてぃんぐで、死にかけるわ、楽しいわ、怖いわ、楽しいわ、とんでもない旅であった。
でも、そんときも、それなりの成果はあって、実わ、まいっかい、イスラム圏、それも、ううう、サウジ、うう〜てきと〜に、い・き・て・え〜〜〜〜


◇最近は関空から直行便もあるそうな。
誰か、夜明けの砂漠ダイヤ、一緒に拾いにいきまへんか?ぷぷぷ


クリックすると元のサイズで表示します
(宇宙家族ロビンソンのセットみたいだ。↑怪しげな山形蔵王、山頂の景観。サウジはどうだ?)





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ