2007/6/28

ちょいとロスまで夜行バス  



◇◇名古屋からざっと10時間でロスアンジェルスに着く。
勿論、飛行機での話だが、うっとうしいことのひとつに、食事が2回ほど出る。
おいらの貧乏性でわ、それを無視して寝てることはどうしても出来ないようで、ついつい座席の背を戻し、脇のテーブルを拡げている。
考えてみると、その10時間が夜ってことであれば、2回の食事なんぞ、まったくにして必要ないのである。

そんな10時間っちゃあ、ああた、これが、深夜の高速バス、旅情満載、名古屋〜仙台線である。


クリックすると元のサイズで表示します


いやね、ホントはわざわざここまで旅情を味わう必要も無いんだけどね、ほんま。
ま、はっきり言って座席は硬いわ狭いわ、空調はいまいちだわ、ねれんわ、で、しこたま疲れますですぞ。

でわ、ぬわんで、深夜バス?
いかにも、これが一番、お安い移動手段だからでばす。ぷ。
(大人往復18,340円)



 仙台で治療を始めてしばらくは飛行機で、んで、早割りって料金体系にて出かけていたんだけど、じつわ、知らんかったけど、あれって、季節によって料金が違うのさ。
仙台まで寒い時、片道1万円ちょっとだったのが、4月ぐらいからちょっとづつ高くなっていって7月なんて1万8千円くらいまで上がっちゃった。それでも通常料金よりは安いんだけど、飛行場までの電車賃をあわせればざっと2万円、往復4万円、月2回通うのでひと月8万円はああた、なかなかどうして結構なもんですぞ。
じゃあ、電車は?
いやこれが、まあ、聞いてくだされ、皆の衆。

◇思うに、新幹線、高すぎだし。

まあ、良い。100歩譲ろう、JR。
新幹線、早いんだし、まあ、譲ろう。
んで、問題はその次だ。
ところがだ。じつわその次っていうのは、ないのである、JR。
勿論、正確に言えば無いわけでわないのだが、例えば、名古屋〜仙台。
これを新幹線で行けば4時間チョイで¥18,970である。
確か、往復だと遠いから往復割引があって乗車券分が1割安いはずだけど違うかな?
ま、そんな感じ。この時期の飛行機と大差ない。
で、乗車券分の料金(¥9,870)だけで行こうとすると、13時間半くらいかかる。もちろん、乗り換え回数も尋常でわない。これはもはや通常の移動手段でわないく、マニアの世界である。

料金は倍だけど、時間は3分の1より早い。さらに、快適と非快適度ときたら比べ物にならない。

あらまあ、新幹線わなんてお安くて快適でお早いの、となる。
しかして、ここに重要なレトリックがある。

だいたいがそんな時間がかかって不便なもん、移動手段の価値からいって¥3,000が限度だぞ、とおいらわ言いたい。戦前じゃああるまいし、未開の国じゃああるまいし、距離が長いから準じて距離分のお金いただきます、でわ無いだろう、今の時代のさあびすわ。
そも、在来線としての機能でちゃっかり収支を果たしている路線をだ、乗り継ぎ時間さえ確保されていない乗り継ぎを延々と繰り返し、ドキドキしながら行くのである。んなもん、ある程度から先の料金は打ち止めでええんじゃい。良心的な駅前駐車場みたいに2,000円以上は一日同料金みたいに、だ。
マニアだって大喜びじゃい!今以上にじゃんじゃん出かけるぞ。そして、それは一種のファンさあびすでわあるまいか?けちけちすんなよ、JR。

で、それをべえすに考えれば、新幹線は別に『あらまあ、なんてお安くて快適でお早いの』でもなかろ?

まあ、よい、と、さっき書いた。そうだ、新幹線については100歩譲ろう。
がしかし、だ、遠距離移動のその次をちゃあんと普通にやれよ、JR。
仮に、つまらぬレトリックに引っ掛からず普通に考えて、新幹線料金の半額となれば、新幹線並みの車両でその分、倍の時間、ってのが妥当であろう。
もしくわ、しょぼい車両で新幹線並みの時間。こりわ凄そうだ。市電みたいなんで200キロ。こりわ、まあ、ない。楽しそうだけど。

んで、客も納得、今の世のさあびすとしても成り得る、となると、そこそこの車両で新幹線の1.5倍くらい時間がかかっちゃう、か?
つまるところ、名古屋〜仙台は、新幹線以外の特急車両くらいなんを使って、6時間、片道1万円ポッキリ!往復割引あり、が適正な料金体系でわあるまいか?いかがであろう、皆の衆。



クリックすると元のサイズで表示します


さて、現実、深夜バスだ。
何が哀しゅうてロスアンジェルス日帰りを月2回。
せめてもの慰みはうっとおしい食事が出ないことだけど、じつわ、本すらまともに読めないのだ。

そこにわ読書灯の悲劇ってのがある。

普通読書灯って読書のできる位置にない?
このロス便にわ、まったくもって、そおいう配慮が、ない。
てか、ばかにしちょらん?ってな具合だ。

読書灯、前の『しいと』の背中の下の方に蛍の光くらいルクスで、在る。

深夜便である。リクライニングなしいとだ。んなもん、ぐいぐいぐいと、しいとわへたおれてくるわけで、読書灯、足元をうっすら照らす。ぶわかもおお〜ん、かあ〜〜〜あつつっだあ!
どんな格好をしたらこの位置、蛍の光ルクスで読書ができるんだろお?ダリか?ダリの世界か?

おまけにおいら、最初に乗ったときなんて、てっきり上から照らす飛行機式だとおもって暗い車内で天井を弄り、らしいなんか押したら、ちょっと紫色に光って『ぴんぽお〜〜ん。次、停車します』だと。
真っくらけな車内からわくすくすくすとこぼれ笑いが聞こえてくるでかんて。
んなもん、はなっからつけとくなて。ぴんぽお〜〜んて。次て。


いろいろだ。いきるということわ、実に、いろいろで、あるのである。(か?)



クリックすると元のサイズで表示します
(こりわ仙台の高速専用バスデーポ。ロスかと思った?ぷぷ)






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ