2008/2/29

腱膜性眼瞼下垂症  



◇けんまくせいがんけんかすいしょう、って読む。
「がんけん」とわ「まぶた」のこと。
つまり「まぶたが下垂(垂れ下がる)する症状で、その原因は腱膜(正しくは挙筋腱膜とゆうてまぶたのアキレス腱みたいなもの)の不具合によりまっせ」というお病気である。

そもそも眼瞼下垂症ってえのわ古くから認識されていたお病気だったそうなのだが、その要因に挙筋腱膜が関連して後天的にまぶたが開け難くなる、とした研究はまだまだ日が浅いそうなのだ。
で、その研究のパイオニア、信州大学医学部付属病院の形成外科松尾教授に手術をお願いすると、こうなるのである。わん、つう、すりぃ〜↓


クリックすると元のサイズで表示します


 この怪人、もちろん、おいらであるのだが、信大病院ではなあんも珍しい姿ではないという。
というのもここ10年、患者さんのみならず、他の信大病院の先生や看護師、スタッフも多数の方がこの手術を施されており、院内でのこの姿わ「マスクメロンマン」なり「スパイダーマン」なりと、ひとつの人格を有してさえ、いる。
白のネットが赤やらグリーンやらになれば院内、もうちっと華やぐのにね、惜しい限りだ。
とりあえず動画も用意してみた。「怪人マスクメロン男」 これだ↓


  You Tube


◇まぶたが垂れ下がるとどうなるかのか?はたまた、なぜにこんなマスクメロン男になるのか?

松尾教授は長年の研究の結果、今から12年前に、このまぶたの垂れ下がりが、多くの肩こりや頭痛などの原因であったことを発見。ただし、先生曰く、最初は誰にも相手にされなかった、ってくらい医学界でわ突拍子もない因果関係であったようだ。
この場でその内容の詳細には触れぬので興味のあるお方は「腱膜性眼瞼下垂症」でお調べあれ。
ま、簡単な説明はとりあえず、以下に。

まぶたの開閉を自然にスムースにおこなえるのは筋肉ではなくそれに付随するアキレス腱みたいな腱が活躍しているのだが、その腱が後天的に何らかの要因で外れたりすると、その役割をうけて筋肉に負担がかかりだすのだそうだ。
するとその一定の筋肉は常に緊張状態を保つことになり、それわ交感神経優位とあいなり、その周辺に不具合が多数生ずるようになる。おいらの場合、左目が利き目で結局、この左目の腱が外れていたようで、群発的に起こる頭痛、変頭痛、目の奥の痛み、重み、目の下の骨やら歯やらの激痛、後ろの左首筋に腫瘍の如く拡がる凝りのかたまりや肩凝りなどなど。これが1〜2ヶ月に1〜2週間の範囲で周期的に襲ってきていた。
そのたびごとに、あ、脳転移?ってどきどきしなきゃいけないし、襲われている期間は左頭がかなり痛いってかずんずん重いってか、まあ、とにもかくにも、非情にQOLがよくないのである。
そんなんで、まあ限界と、いろいろ調べてて、さあ、辿り着いたのが松尾教授であったわけで。

マスクメロン男になるのは手術後のまぶたの腫れをひかせるための圧迫法って治療で、まぶたの上をぎゅっと圧迫するガーゼみたいなのを固定するために必要なネットをかぶるためだ。


クリックすると元のサイズで表示します



◇手術は1時間ってとこだ。
術後、ベッドから起き上がると、ウソのようだが全身マッサージのよおく効くやつを受けたみたいにすっきりとしてふにゃふにゃってなった。手術中はずっと緊張して体中、力が入りまくりだったのに、不思議であったのだ。

最終的な結果は来週抜糸なので、その後なのだが、今のところ、縫い糸が残っているので目が引き攣っていて意識する瞬きは痛い。よって、そのあたりの緊張が未だ残っている気がする。
容姿はといえば、怪しげなふたえまぶたにして宝塚デビュー間近、って感じだ。ああ怖い。果たしてこれは萎えるのか否か?まて次号!!





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ