2008/5/29

いと〜さん!いとおさん!!  




◇仙台からの帰り、セントレアからの名鉄電車で思わぬ損をした。

培養した免疫細胞を入れた日は入れて2〜3時間後から発熱する。
どおいう訳だかわ、先生もよくわからないらしい。
ただ、同様の治療でわほぼ全員、発熱があるという。
その度合いは人それぞれで、かなりきつい人もいればそうでない人もいるそうだ。
で、それぞれ、発熱の度合いにかかわらず、その症状は皆、一晩限りで終わるらしい。
まさに、おいらもそうで、翌朝にはけろりと治まってしまうのだが。
さて、ここ半年ほどのおいら、結構きつめの発熱である。

最初の頃はそうでもなかったのになあ。
とにもかくにも、帰りの飛行機に乗る前くらいから体中がぎしぎしになり、きゅ〜きゅ〜して、いや、もう、気分が悪いの悪くないのって。やっとの思いで帰宅するも、そのままベッドで夜中まできゅ〜きゅ〜してる。

一昨日の夜もそんなんで、家まであと一息と、名鉄電車できゅ〜きゅ〜していた。


****


「いと〜さん!いとおさん!!」

見れば、通路を挟んで横の席に座っていたおばはんがあっちのほうに叫んでいる。

どおやらおばはんは自分の後ろの席がひとつ空いたので、あっちの方でトランクと一緒に座れずにいるつれのいと〜さんを座らせようと考えたようだ。でも、考えただけでわだめなのでとりあえず大声でいと〜さんを呼んだ。

車内はでかいトランクなんかもあってか、そこそこ混んでいて、身動きもままならない状況。
あっちの方にいるいと〜さんだってそうおいそれとわ近づけぬに違いない。

その後もいと〜さんを連呼するこのおばはん、さらにわ背泳選手なごときに手を後ろにばたつかせながらおっとせいのように体も左右にくねらしだした。


クリックすると元のサイズで表示します
(↑タイに行きたいなあ〜タイでなんか、辛いもん、腹いっぱい喰いたいなあ〜)




余興?
なわきゃない。

ばたつかせるその手はまさに、後ろの空席の空間をかき混ぜている。
そう、その奇怪なおっとせいの動きこそが空席の所有権を誇示する仕草であった。

きっと、最初はこの「空間をかき混ぜる」という荒業についての考えにわ、及ぶものでなかったはずである。
というのも、おばはんの斜めすぐ前にわ、巨大トランクを押した、これまた、そのトランクに負けず劣らずな巨大おばはんが身動きままならぬ車内をまるで、無人の野を駆け抜ける一騎が如く、すんげえ勢いでふんふんしつつ、おっとせいおばはんの後ろの席目指して押し寄せてきちゃったのだ!
この巨大トランクと巨大おばちゃんの巨大セットがいと〜さんでないことわおっとせいおばはんの目の動きを見れば一目瞭然である。

すわ、出し抜かれては一大事!

んまあ〜、なによ、この目障りな巨大セットわ。
私がいと〜さんを呼んでいるのが聴こえないの?
この席わいと〜さんの為に私が確保したの、こ〜の〜あ〜た〜り〜ぜ〜ん〜〜〜〜ぶうう。

と、
かき混ぜだしたに違いない。
ついでにおっとせいな動きも加わった。

巨大セットの動きがいったん鈍る。
おそらく、この荒業が功を成したのであろう。
それとも、おっとせいが苦手?
どちらにせよ動きが鈍った。
が、鈍ったものの完全にわ止まらない。
じりじりと、にじり寄る。
勢いの余波か?
それとも作戦か?
負けじと空を切るおっとせいの手。
にじり寄る巨大セット。

息をもつかせぬ目の前の展開に、きっとおいら、鳥みたいな顔になっていたに違いない。


結果的にこのにじり寄りが巨大セットにわ裏目に出た。
ちょろちょろっと登場せし、こまねずみ・いと〜さんがアウトからひょひょいと抜け出し、見事着席してしまう。一瞬での結末だ。

「あっちで壁にもたれとったもんであんたの声、きこえ〜へんかったでかんわ、でへへ」って、いと〜さん、とても素敵なコメントだわ。

そして、場は、全ての緊張から解き放たれ、巨大セットはゆっくりと去る。
おっとせいおばはん、いと〜さんにその後姿を目で示し、「ふふふ。あの人ったら*@+%#」ごおおおおおおおおおおおおおおお〜〜〜〜〜〜〜電車すれ違い。

いと〜さん「けひょけひょけひょけひょ、ごほほほほほ」って、むせ笑い?すげえ、ばかうけね。

なんて言ったの?
なんて言われればけひょけひょけひょなんてまぬけに笑えるの?
教えて。
おしえていと〜さん。
いと〜さん!いとおさあ〜〜〜ん!

****


で、いと〜さんもおっとせいもすぐ次の駅で降りてやがんの。
ああ、結局、なんて言ったかわからないまま。

おかげでその夜はいつにも増しての発熱で、きゅ〜きゅ〜きゅ〜きゅ〜一晩中、ちびアザラシのように苦しんだおいらの心のもつれをどうぞ、皆様、御察っしくださいませ。

あ〜損した。






teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ