2008/3/23

最近のおいら、1  



◇ピーター(池端慎之介)がミスター・スポックのフラガールみたいなかっこうでひと踊りして、くわぁ〜〜!って火を吐くコマーシャルがあるけど、その火を吐く瞬間の雰囲気にそっくりな友人がいる。

とわいえ友人、別段おいらの前で実際、火を吐いたわけでも無いのだが、ま、あたかも、それを吐かんばかりの迫力は、常にある。
CMを見るたび、そのそっくりぶりにわ仰天していたおいらであるが、ふと、彼女(あ、そっくりな友人わ女性です。念のため)を知るほかの人々わ果たして、そう感じてわいないのだろうか?って思った。

ある日、おいらわ思いきって彼女に尋ねてみた。
あのCMに似てると思うけど、誰かにいわれん?火、吐きそう、とか?いわれん?

彼女はまさしくあのCMそっくりになって「誰にもいわれんわぁ〜」って言った。

****

後日、何を思ったのか彼女はその話をミクシーで公開した。
皆の反応からおいらは確信した。

皆、いわんだけだ。
きっと、誰もが思っている。
そっくり、って。



クリックすると元のサイズで表示します



◇MP3プレーヤー、RIO、ついにおしゃか。


おしゃか、て。

Rio
知っている人わ知っている、MP3プレーヤーの先駆的ブランド。
2005年にわipodに やられちゃって生産打ち切り、業界撤退とあいなった、あれである。

おいらわ2004年製のRioCarbon5GBちゅうのが気に入って使っていた。
最中みたいな丸っこいフォルムが好みだったし、なんたっておいらにわipodより断然使い勝手が良かったのだ。

ところがまあ、去年だか散歩中に落っことしてしまってRio自慢のくるくるパーツが破損、ボリュームが作動しなくなっちゃった。
くるくるパーツ使用不可、とわいうものの、ま、アナログパーツの破損ごときはそれなりに何とかなるもので、あれやこれ、本体の隙間からカッターの先でこつこつこつこつ、と、やっているうちにそのカッターの先でのボリューム調整が可能になり、やがてそれは熟練された。

まあまあまあ、不便ちゃあ、実に不便でわあったのだが、なんとかカッターで突きながら、つい最近までやりくりしていたのだ。
ただね、外出先でわなかなかカッターなんかだと困るわけで、最近わ外出用のコンパクトつっつきパーツを考案中だったのだがそれがそれ、結果として悲劇を生んだ。

先日、外出用コンパクトつっつきパーツの試作品(厚紙とカッターの歯を組み合わせた実に見事な痛々しい手作り品)がついに完成、で、調子にのってあちこちつつきまくっているうち、オンオフスイッチに異常が発生。電源を一旦オフにしても瞬時にまた勝手にオンしてしまうという状態になっちまった。
つまりどうやっても電源が切れない状態だ。

どうにもこうにも、常に充電後、電源がオフすることなく、使用しようがしまいがある程度時間が経過して充電切れで終わる。

こりゃ使えん。さすが、使えん。もう、使えんと納得しよう。



「つっついて つっつきすぎて RIOおしゃか」

              saratamo



で、おしゃかになって思ったのだが果たして、この厚紙とカッターの歯の手作り外出用つっつきパーツ完全版が完成したあかつきに新幹線の中とか飛行機の中とかでこつこつこつこつ、つっつきながらううむうと唸りつつボリュウム調整なんかしているおいらわ、ちょっと哀しかったかも。


「おしゃかにて ちょっぴりおとなの なかまいり」


              saratamo



さ、ウオークマン、かおっと。





この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ