2008/6/5

じつわへこんでいるおいらA  

           





         ◇へこむ〜 しこむ〜  おしむ〜復活



いや、じつわおいら、へこんでいる。
寝室横の洗面台でゴキブリ発見とか、けっこう菜食なんだけど脂肪肝とか、SONYのUSBダイレクト・ターンテーブルがどこも品切れとか、髪型がアッコとか、そおいうこともあるけれど、3日の定期健診でちょっと良くないことを言われちゃったからだ。

ま、いろいろ自分なりに努力してて、きっと大丈夫ってやってきてるんだけど、お医者の一言わ、なんたって、どん、ってくる。


クリックすると元のサイズで表示します
(ひろった石のコレクション。ぐるぐる巻きの石はなかなか気に入っている。いつか津軽でひろうんだい)


*****


帯津せんせいのいう命の循環ってやつ。
どんなにがんばって明るくしていてもお医者の言葉やちょっとした数値の変動で、するするって瞬時にへこむ。ど〜んてへこんで、哀しくなる。人は基本的に孤独で哀しい。そしてまた、哀しみの底から少しずつ希望を見出してゆく。なので哀しみは哀しみとしてあるのだけれど、決して嘆くことわない。希望はいつだってある。
命は循環してそこにあるからだ。ってような話。

病気に負けない為にわ、いつも笑って、明るくいなければだめだ、なあんてゆうのわおそらく、元気が一番、とゆうのと同じように空虚だ。
元気は一番でわない。
ゆうてるあなたが元気で嬉しい、というだけである。
生きる一番の価値は元気であるそのことでは、到底、ない。
元気でなくても生きる第一義は、必然として、在る。


人は基本的に孤独で哀しい。明るくたって、楽しくたって、へこむときは一瞬で、へこむ。
へこむのである。

ま、お病気はなかなかやっかいだ。
へこんで、はいつくばってへろへろして見つけれるものもまさしく、あるわけで、植木鉢なんかもしゃがんでじっくり見てるとちっこいアブラムシやわるもんが見えたりするし、とりあえず、まちっとへろへろしてみようと、きのうから漫画三昧のめだかざんまい。

なんか施しのしたい方、受付中です。






この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ