2008/9/22

人生はんべそ  




◇ここ1週間くらい、歯が。いてえ。
夜、寝るときとか。いてえ。
時々、すごく痛くなるので、其のときわすぐ、周りに猫がいたり嫁がいたりすれば、俺わ、明日いちばんで歯医者に行くぞって、宣言するのだけれど、これがまた、すうっと痛くなくなったりするので、えへへ、もういいや、ってずるずるへろへろする。

だいたい今痛い歯わ、半年くらい前に治した歯だ。
其の時もあんま、治った感じがしなかったんだけど、でも、歯医者の先生は「大丈夫。時間が経てばだんだん痛くなくなります。」って言ったんだ。
神経を抜いていないから。
今わちょっと痛いけど、って。

先生わ出来るだけ神経を抜かない。多分、それは体に良いことなのだろう。
なので、よほどまあ大丈夫だけれど、神経が残っている以上、大丈夫じゃないこともままあるようなニュアンスも話の途中でさりげなく織り込む。ずるい。
まさに今回はそれに違いない。
だって、その後、治った感はやっぱ、あんまりしなくて、さて、いつ、先生の言う其の時が来てだんだん痛くなくなるのだろう、って日々思いし早半年。ドラマなら数カット。



クリックすると元のサイズで表示します


****


いちばん不思議なのわ、寝ていて歯が痛くなる時だ。
ああいてえ、と目が覚めると、体の右を下にして寝ている。痛い歯は左奥だ。
そこで体を正面にむけてじっとしているとだんだん痛くなくなる。
実わ、寝る前に右を下にして寝ようとするとずんずんぶきゅぶきゅ痛み出すのでいろいろ体をぐにょぐにょさせていると、正面をむいて寝るようにすれば痛くないことを発見していたのだが、寝てしまうと勝手に右下向きの体制になっていたりするから困る。
なんで、右下向きで左奥の歯がずぎゅずぎゅごきょごきょ痛いのかわ、まったくわからないのだが、これが尋常の痛みでわない。痛いの何のって。
なのに正面を向けば米軍特殊兵器な鎮痛剤の如く、すうっと痛みがひいていくからたまらない。
どんなに痛くてもその回避策を持っているのわ実に愉快でもある。

何度も右下を向いて試す。いてえ。
正面。すううっと。
また、右下。ずぎゅずぎゅ。正面。すうう。
繰り返すうちに正面が効かなくなる事がある。
どんどんずぎゅんずぎゅんして、こりゃあ、正面の角度が微妙に違うのかも知れぬ、いや、首の縦の位置か?と、はんべそであせる。ああ、こんなことなら何度も何度も右下向かねば良かったなあと、まさにおいらの人生そのものを省みるに至る、今日この頃なのですが、そこんとこ、ご理解いただけますでしょうか?






この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ