2006/4/26

『私は私の主体でありたい』  がんになっちゃった




昨日紹介した『がんから始まる』をもうちょいと。


以下、本文より引用。

『再発は、したくないけれど、それ以上に、再発した時、「何か他に、出来たことがあったのでは」と後悔するのが、嫌なのだ。そのための精神的手続きを、踏んでいる。』

『再発する方に入れられるか、しない方に入れられるかを、座してただ待つことには、耐えられない。「確率」に支配されるしかない受動的な立場に貶められていることに、がまんならないのだ。私は私の主体でありたい。』


さすがプロの物書きの方は上手いことおっしゃるなあ。
おいらの漠然としたもやもやをすっきりと表現しちゃう。

さらに、
『がん患者として生きることは、人間としての主体性を、がんに譲り渡すまいとする、不断の格闘なのだ。』


クリックすると元のサイズで表示します



ついちょっと前、絵門ゆう子(もとアナウンサーでやはりがんの手記を発表していた)さんが亡くなった。
たまたまテレビチャンネルの移動中、このニュースをワイドショーでやってた。
ちょうど、朝までテレビの若き論客としてもてはやされている宮崎哲弥氏がしたり顔でコメントをする。
「世の中には代替療法をもてはやす風潮があるが哀しいかなその中にはいんちきなものが少なからず含まれる。哀しいけれど、そのことをがん患者は理解しなければならない」てな趣旨のことだ。
宮崎哲弥氏といえどこのありさま。
コラ宮崎!!
あんたのいうことなんざあ、がん患者はだれだって解かっているのだ。
そおいう無責任なコメントが『いろいろやっても、ほら、結局は、がん=死、だよ。』のイメージを世間にばら撒いている。
岸本葉子の声を耳の穴かっぽじってきけえええ〜〜〜〜!!


『代替療法の存在理由は、そこにあるのだろう。新聞広告の「奇跡」を頭から信じるほど、がん患者は、分別を欠いてはいない。効くかどうかはわからない、くらいの受け止め方をする、理性は持っている。』

そして、そこにあるのは、私が私の主体になりたい思い。

『死そのものを、ではなく、死に対し脅えることしかできないという状況を、克服したいのだ。
何もできず、運命の宣託を待つほかないという無力感を、乗り越える。あくまでも、未来に主体的に係わる生き方を、通す。
それはそれで、人間の尊厳を守るための、じゅうぶんに取り組む価値のある、精神的営みとはいえまいか。』


だ、このやろおお〜〜〜いとなみだああ〜〜〜このやろおお〜〜


ま、そおいうことなのだ。

昨日、1ヶ月ぶりの定期健診。
血液検査も、レントゲンも、腫瘍マーカーも、すこぶる順調なのだ。先生曰く、いまのところ、って、つくけど。
で、結局、再発しないためにおいら自身でできることを先生に尋ねる。
『タバコを吸わないこと。残念ながらそれだけです。』なのだ。


おいらのステージの肺がん患者は、統計では、術後、5年間生きていられるのは3割。つまり、5年後、7割の患者は死んでしまうのだ。
おいらはお医者から、そお言われている。
これって、かなり明確な死のイメージでしょ?


それなのに、それを阻止するためにできることは『タバコを吸わないこと。』だけなのだ。
これって、人間としての主体性を、がんに譲り渡してない?
死、そのものよりも、そのことが本当に悔しい。哀しい。苦しい。


おいらだって玄米食ってれば再発しないことが約束されているなあんて思っちゃいない。
でも、玄米を食う。
規則正しく生活をする。
コーラも飲まない。



自分でやれることをやっておきたい。
実存的な苦しみから自分を救いたい。

おいらがおいらの主体であるように、したい。




2006/4/25

術後55日  がんになっちゃった



◇現在は自宅療養中である。
まあ、実際、たいして動くことも出来ないわけだし、調子にのってあれこれ動けば、その後、非常に疲れる。
手術して55日になるけれどやっぱ、3ヶ月は自宅療養ってとこか?

昨日、車庫に車を入れてみた。
右手が思うように使えず、やっぱ、右上半身がひねられ、いてえ。
運転できないことはなさそうだけど、あぶなっかしい。

自転車はちょくちょく乗っている。
ま、ほんのちょいとだけど。
のぼりは無理。
さらに段差の振動が。
耐えれん。
そろりそろり、と、だ。
さらに、自転車をこぐ体勢がこれまた結構厳しく、5〜6分で痛みはマックス。
そのあたりでの休憩が望ましい。
休憩は背もたれのあるベンチが望ましい。
それであれば休憩しつつ、ちょいと遠出もいけそうだ。
近所に本屋が無いので本屋までのルートを段差無し路線、背もたれベンチ休憩ポイントの確保を含め、早々に確立したいところだ。



◇自宅療養中であるから仕事はしない。
仕事を考えもしない。
これはある意味、おいらにとって革新的な出来事だ。
ま、考えても仕方が無い、って思えるとこが、だ。

仕事を考えないとなると、日常的な緊張感がゆるい。
緊張感をゆるくするのが目的でもある自宅療養なので、ま、いいのだが。

そのおかげなのか、物忘れが激しい。
大事な小銭入れがしょっちゅう紛失だ。
信じられないところから発見される。
おいらが置いて忘れているらしい。う〜ん。
朝、テレビ欄で見つけた「お、これ観よっと」って番組を夜にはすっかり忘れている。
さらに2日後くらいに「あれって、今日だっけ?」ってな具合で中途半端に思い出したりする。
ま、『富豪刑事』とか、わうわうの映画だったりとかで、別に見忘れちゃってもどってこと無いんだけど。
『サラリーマンねお』は夜11時からなので録画だ。(夜11時からなんて、今や、おりこうな生活をおくる術後のおいらには、あれだ、魔物飛び交う、深夜枠なのだ。)
で、その録画セットすら忘れる。
ついでに、『サラリーマンねお』が夜11時からやってたことすら、忘れる。

う〜ん。重症。



◇岸本葉子著『がんから始まる』文春文庫版を読む。
がん告知から術後の退院に至るまでの「第一部」の心境はまさしく、うなづく。
「第二部」冒頭「私は私の主体でありたい。」にはさらに、うなづく。

がんに係わってしまったってえのは、こおいうことなのだ、って本。
さらりと読めるので、今んとこがんじゃない人も、将来の為に、ぜひ。ぷぷ


クリックすると元のサイズで表示します


2006/4/15

アメニモマケズ  がんになっちゃった





一日ニ玄米四合ト

味噌ト少シノ野菜ヲタベ

だったのだ。
一昔前の日本人。

4ごおお〜〜??
そ〜もよお〜け喰えるかて〜

って思う。
四合飯だよ、一日で。すごい量だに。

でも、大人はほんとおにそれぐらい喰っていたようだ。



「ご飯は残してもおかずを食べなさい。
太ってきたらご飯をへらそお。」

おいらにはそおんなふうな記憶の因子がある。
そりわ果たして、怪しげな呪文であったのか?

手術後、規則正しい生活態度なおいらは、以前の、朝抜き、昼べんとお、夜(夜中)どっかり油物、コーラ主義。な食事についても見直すことに。

一応、ガンの術後にはこおいうお食事が良いのでわ?という本はいやっていうほど出ていて、そりわそりわ知識の無いものにはどうしたらよいのか分からないのが正直なところだ。
でも、そこはそれ、あそこはそらなくても、命がかかっちゃうので自分なりに手当たり次第、読み漁る。
実際の体験話や成功例なんかも、やっぱ人それぞれで、う〜ん、最終的には自己責任でどれかに決めにゃあ〜って感じ。
良い所取りっていう手もあるけど、そりわどおも自分で信じたものって感じは無いし、自分でなんかかんかこれならいける、ってきっちり信じて実践したいし。

んで、これ。基本的な考えは玄米菜食。
マクロビオティック?
菜食主義とかベジタリアンな感じ。


クリックすると元のサイズで表示します


んで、実践は「粗食のすすめ」。



クリックすると元のサイズで表示します


完全に動物性をとらないんじゃなくてお魚の一部とかは食べる。
お肉は食べない。
お砂糖もとらない。

治療法としてのそれと健康維持としてのそれは若干内容も違って、おいらのような状況だとしばらくはやっぱ、本質的な体の調整を含んでの食材が望ましい、って感じか?

どうしてそうなのかっていうお話は理に適っていて、自分にとって一番の説得力もあり、頷ける。
この方法ならお食事で体が良くなる、という気が本気でするのだ。

じゃあそれが、食事として辛いか?楽しくないか?っていうとおいらは大丈夫。
新しい分野は楽しくて興味があってわくわくする。
なまじ、以前にそおいう世界を知らなくてよかったって思うぞ。
料理するのは大好きなのでもうちっと体の自由が回復すれば、新しい挑戦も山ほどありそうだし。
実際、限られた食材とはいえ、先人たちは精進料理から始まって最近の数あるレシピ本にと、そりわそりわ感心してしまうバリエーションのおかずを至らしめている。


一日ニ玄米四合ト

味噌ト少シノ野菜ヲタベ

で、もうちょっといろいろ食べるんで、やっぱ、四合飯は無理だけど。

今までまったく知らなかった食材とも出会え、いやはや、なんとも、最近のお食事は本当に嬉しゅうございます。

(気がかりといえば家の近所のマクロビオティック食材屋さん。健康になるためのお店なのにねえ、店主さん、元気なさすぎっ!ちびまるこの顔に線が入っちゃってる、あの感じ。遺憾。そりわいかんよ。焼肉でも食って元気つけろよ。ぷぷ)




2006/4/7

サイモントン療法(続き)  がんになっちゃった




7日の夜、飛騨高山でカール・サイモントンっていうお医者の講演があった。


クリックすると元のサイズで表示します

30年以上前から心理的側面からのガン治療を提案し、実践されている立派なお医者だ。
高山の知人がいろいろと手配をして下さっておいらも講演を拝聴できた。感謝感激であるのだ。


ガンに限らずストレスが起因する多くのお病気に対し、サイモント博士は幸福とは果たして何だろうか?っていう最も基本的なテーマから患者自らの治癒能力を高める治療を導いていく。
簡単にいえばそんな感じか?
でも、じつわ、簡単に言えないのだけれど。

関連の書籍も数冊出ていて実際読み終えておいらにはかなりショッキングな内容であった。良い意味でのショックだけど。

ガンがどうとかって事よりすっかり忘れていた『生きていくうえでの基本的な姿勢』を改めて思い知らされたショック。
それはガンになって得をした大きな出来事でもあるショック。だ。

強がりにも聴こえるかもしれないけれど病気にならなければ見えなかった世界がある。
そしてそれはとても大事な世界だった。といったニュアンス。
おいら、この病気になってそのあたりのところがやっと見えてきたわけで。

本来ならば病気にならないでそお言うものに気付くのが一番ベターであるんだけれどね。
なかなかね、そのへんはね。難しいね。

自分が自然のなかのパーツなんだ、って意識は忙しい生活の中で必要の無い意識だったもの。
いまは、それが解かる。
自分は自然の中のちっぽけなパーツなのだろうって事。

で。
こんな古くからの言い伝えなんかも出る。

『この世の終わりまで生きてやる意志を持って生きる。そして、たとえ、今晩死んでしまっても良いように生きる。』

この意識はとても重要なポイントだなあとおいらは目からうろこ。
ああ、やっぱサムライ、やっとけば良かった。

ひとつの出来事をどう捉えるのか?
出来事は角度によって悲観とも希望ともとれる側面がある。
どうとればよいのかは自分で決める。
自分にとっての良いと思うように、自分で決める。

このへんはガンとかの病気を持ってして感じるんだけど、とても繊細な問題なのだ。
だからどうイメージしてどう考えていくのかをサイモントン療法は教えてくれる。

普通、病院ではそおいうことは教えてくれないからね。
ここはとても大事な治療法なのにね。
自分自身でやるべく治療法をサイモントンは教えてくれる。そのヒントをくれる。


いっぺんには無理だけど本来あるべく意識を取り戻してそれを実践して、できれば同じ苦しみの人があればいつかそれをケアしたい。

ははは
おいらはもう、おそらく、バイヤーの商売は上手く出来ないかも。





2006/3/20

規則嫌いは健康嫌い  がんになっちゃった

 

ガンなんだ、って思ったとき、次に、でも、なんでおいらが?って。
ここにきておいらがガンはねえだろお〜って。

すぐしんじゃうかもしんねえし、そりゃあねえだろお〜って。
しんでるばあいじゃないのによお〜って。

でも。
ここんとこ、いろいろそお言う類の本を読むと、あ、こりゃ、おいらだわ。おいらがガンになってもおかしくないにゃあ〜って、あらためて納得。

まあ不摂生に始まって急激なダイエットの繰り返し、お風呂嫌い(ぷぷ)、ダイエットコーラ飲み放題、徹夜たばこ、冷やした体、3人分くらいの肩こり、時間に関連したストレス、いらいら、どきどき、その他諸々、世の中の不健康なことは、ま、だいたい、ともだち、だ。

ま、なっちまったもんわしょうがない。ほんとおにそう思う。
どこまで生きられるのかはまだなあんもわからんし、なんともなくずっとじいさんになれるのかもしれない。まさに天命ってやつですな。

クリックすると元のサイズで表示します

やりたいことはまだあるし、ここにきてやらなければいけない使命感みたいなものもできた。

そんなこんなで生活改善?
ここのところのおいらはガンになったであろう要因を自覚出来うる範囲で削除することにしてみた。

入院中のように3度のご飯の時間を正確にすることから、(てか、一日三食って事自体、すげえのだが)規則正しく一日を過ごし、時間の流れの中に身を委ねるようなふわふわした感覚で養生している。
傷が痛いのでほかにどうしようもないし、ただ、いまの生活はちょっと前には考えられない時間の過ごし方なのでどうかと思うのだが、全然違和感なく受け入れられた。
まったくこの順応力にはおいらとて、驚くばかりだ。

もう少し体の自由が復活すれば、さらなる自然体への復興に向け挑みたいものである。


この命、天命に預け、それ尽きるまで。 


2006/3/16

じいさんな一歩  がんになっちゃった




(みなさま。いっぱい元気が出るお話や情報を有難うございます。
思い切ってこくってよかったわあ。
なんだか元気百倍の濃縮還元ジュースをそのまま飲んだみたいに、すでにお病気は完治したかの気分です。
ほんとうに有難う。嬉しいです。)


ここんとこおいらは、じいさんのようである。
ま、うごき?

実際はじいさんになってみなければ分からないけど、じいさんってこんな感じかな〜って、思う。

ならば。
おもいっきりじいさんスタイルに徹して。

とにかく右上半身、背中と前、いてえ。
たま〜〜に、痛くないポ〜ズを発見するのだけれど長くは続かない。
おのずと歩きはゆっくりになる。
そろりそろりとなる。
右前の痛みは手術後特有の痛みだそうでなんちゅうか『しびれへろへろ敏感痛』。
着衣のすれであへ、右向いてはあへ、息をしてはあへ。しびれへろへろはなかなか手ごわい。

散歩には杖を持参。
じいさんの帽子も忘れずに。

これでへろへろ歩くものだから、仕草ひとつにでも思わず、『よっこいしょういち』の掛け声がもれる。

う〜ん。
じいさんな一歩だ。

(じつわパソコンの打ち込みもちょいと苦しい姿勢なのでおはなしもちょいと手抜きで、ま、じいさんってことで。)


クリックすると元のサイズで表示します

↑ハックがささえている器具はなんでしょお?
手術前の肺機能のトレーニングマシーンなのです。
いい感じでハックが支えてくれるので看護婦さんには人気でした。ぷぷ

2006/3/14

情報を開示するのでお願いを聞いてね  がんになっちゃった




今までの、話がね、中途で切れちゃって。

その後、けんさは2回ほどあって。

2月の20日に肺がんだったことがわかっちゃって。

まあまあ進行してて(そりゃそうだ。12月からぐずぐずしてたんだもんなあ)ステージは2の後半から3。

やばい。
結構の確率で死んでしまう。

幸い手術が出来ると外科の先生はゆうてくれた。
手術が出来る確率は肺がんが見つかった場合、3割。
10人中3人に選ばれている。これは好い確率だ。
手術が出来ればまたそこからチャンスがみえる。

クリックすると元のサイズで表示します

2月24日、入院。

2月の27日にしゅじゅつ。

3月11日に退院。

今日、病理説明。

がんの摘出は肋骨や背骨も一部含んで右上部肺すべて。
骨への転移はこの段階で無いという結論。
リンパへの転移も無い。

肺内部でのリンパによる転移がひとつ見られたようだけどこの部分は摘出済み。

とりあえずはその後の経過待ち、とあいなった。

肺がんは放射線治療や抗がん剤の適用が難しいらしい。
つまり手術後の経過に対しては手のうちようが無いのだそうだ。

まあ、先生は良い感触でありますよ、ってゆうてくれている。

おいらはガン発見後に担当医となって手術をしていただけたこの先生に絶対的な信頼を寄せている。
絶望的だったおいらの前にあらわれたこの先生はおいらに希望をくれた。

先生はなんでもはっきり言うてくれるので厳しい状況であることも、そしてその中でチャンスがあることもちゃんとはなしてくれるのだ。

おいらのステージでの術後5年間の存命率は25〜30%とふるわない。
でも、先生は術後の手ごたえはその存命率以上を期待できるとゆうてくれる。

あったりまえだけど、おいらはまだ死にたくないのだ。

絶対に昨日今日勝手に湧き出したガンなんてやつに負けたくない。
絶対勝ちたいのだ。

で、お願いです。

おいら、最初はね、ガンだったこと誰にも言いたくなくて今後もそうしようと思ってたのだけれど、考えが変わったの。

いろいろおいらの知らないことで勝てる材料があるんじゃないかって。
ならば情報を開示してそお言う情報が欲しいなって思ったのだ。

やっぱ食べもんは自然食でしょ。とか、あの温泉はいいとか。
そんなねたで十分です。

なんか知ってること教えてください。

スピリチュアルなのは申し訳ないけどおいらはだめです。
それ以外で。

肺がんの手術の傷はとても痛くて辛いけど痛いのなんて我慢するだけだからね。

おいらに与えられたチャンスを絶対生かしたい。
この試練は生まれ変わりの儀式みたいなもんで試練に耐えてNEWおいらになるのだ。(スピリチュアルか?)

そんな話で。
おいらは今、元気です。これからもずっと元気でいくのだ!!

でわ、お願いします。

(個人メールも歓迎です。
プロフィールのとこにあるメールあてに)


      ↓入院前にとりあえず気合をいれるおいら。(顔も出しますぜ。もう、怖いもんないでね。実際)

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ