2005/6/12  12:12

SH901iS  

昨日梅雨入りしたそうで…。
蒸し暑い、いや〜な季節がやってきました。
気分もジメジメ…。

DoCoMoのFOMA901iSシリーズが発売になったので、気分一新、携帯電話の機種変更をしました。
今までシャープ製SH900iを使っていたため、そのまま同じシャープ製のSH901iSを選択。

クリックすると元のサイズで表示します


「デカイ」

FOMAは全体的に大きい機種ばかりなのですが、このSH901iSはその中でも大きい部類。
個人的には小さい方が良いのですけど、操作系を変えたくありませんし、モード変換なしで数字や英字が入力できる文字入力が気に入っているため、他のメーカーへの乗り換えはあまりしたくありません。
カメラなんて1メガで十分ですし、ムーバぐらいの大きさは実現できないものかと…。
(ならば700iシリーズを選択しろと言われそうですが…。)

それにしても今度のSH901iSで通算7台目。
毎年のように機種変更してるなぁ…。(←バカ?)

クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/6/10  11:03

動いたぁ  

2月26日に発売された「A列車で行こう7」。
欲しいと思いながらもMyパソコンではソフト動作確認のためのベンチマークソフトさえエラー表示が出て起動せず、諦めかけてました。

でも諦めきれずグラフィックボードを購入してみることに…。
ウチのパソコンは古いキューブ形で、拡張スロットはPCIしか無かったため、ボードの選択の余地はあまり無いのですけど。
大須で物色し、某サングラスなメーカーの安いボードを購入。
早速帰宅してボード挿入、パソコン起動、ベンチソフト起動。

「う、動いた。」

結局オンボードのグラフィック機能じゃ話にならなかったという事だけか…。(^^;;;

クリックすると元のサイズで表示します


ついに我が家にもA列車が走り始めました。
0

2005/6/4  20:34

Bトレ破産  模型

3・3・SUNフリーきっぷを購入した最大の理由。
それは今日(4日)これを買うために大阪に行く必要があったんですね。

クリックすると元のサイズで表示します


スルッとKANSAI加盟各社の「Bトレインショーティー限定版」です。
Bトレインショーティー(Bトレ)とはデフォルメされた電車のプラモデルと思ってください。
デフォルメされているといってもNゲージ車両と並べて遜色ないような精巧さがあり、Nゲージのパーツを使いグレードアップも楽しめるという製品です。
通常版は国鉄・JR車両が、ブラインドパッケージという形で全国販売されています。
それとは別に私鉄各社が自社の車両を限定版として発売する事があります。
今回のスルッとKANSAIのBトレもその1つです。
「私鉄限定版」は、販売場所・数が限られるため入手が難しく、発売日には販売窓口に列ができる事もしばしば。
特にスルッとKANSAI版は人気も高く、去年2月に発売された第1弾も発売当日に売り切れが続出するという状況でした。

とりあえず名古屋7:00発の難波行きアーバンライナーで大阪入り。
まず難波で南海2種と近鉄1種を入手。
その後全種類が販売されているという京阪京橋駅へと向かう。

京橋に着くと何やら長蛇の列。
それがBトレインの列でした。
70人ほど。orz
数十分待ってようやく購入窓口に。
残りを購入するが、あと1つ山陽が売り切れてしまっており手に入らない。
別の販売場所に向かった友人からも「売り切れ」との情報が…。
諦めて明石にでも向かおうと思ったが、その前にダメ元で阪急梅田に向かうとそこにありました。
たすかったぁ。

昼までに何とか全種手に入れほっと一息。
しかしよく考えると、今回Bトレインのために3人ほど諭吉さんが消えたような…。
ま、考えない事にしよう。(汗)
0

2005/6/3  22:44

三岐鉄道北勢線  鉄道

「休み」という事で、ワイド3・3・SUNフリーきっぷを購入し、出かけてきました。
今日は今年からワイド版で乗る事ができるようになった三岐鉄道を中心に、近鉄内部線など三重のローカル線を堪能。

クリックすると元のサイズで表示します


北勢線は三岐鉄道移管後初乗車となりました。
高速化のため駅の統廃合を進めており、近鉄時代の印象とはずいぶん変わっていました。
特に車庫のある「北大社駅」が無くなっていたのは驚き。(今年の3月廃止)

それにしても今後が心配になるほど乗客がいない…。
終点付近ではほとんど貸切状態でした。

阿下喜からは徒歩で三岐鉄道三岐線の伊勢治田駅までワープ。
地図もよく見ず勘で歩いたので、ちょっと迷い右往左往。
何とか無事着きましたけど。(^^;

三岐線の電車でまず驚かされるのが、車内に積まれた自転車。
「サイクルパス」という制度が設けられており、一部区間において電車内に自転車が持ち込み可能になっている。
電車でママチャリを持ったおばさんの横に座るという、何とも不思議な体験が出来ます。

三岐線で富田まで出て、近鉄で四日市へ。

四日市から内部線に乗車。
先に北勢線に乗車しているため、車両の小ささへの驚きは少なかったかな?
ところで内部・八王子線の電車は「お子様ウケ」するよう、順次写真のようなパステルカラーに塗り替えられるそうです。
個人的に、イマイチ好きになれません。
今まで通りがいいなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ