2008/9/14  21:33

さようならP6 団体列車運転  名鉄

6月のダイヤ改正後も予備車的な扱いで生き延びていた6両編成のパノラマカー7007F。
ついに引退になる事が決定し、金山〜河和間でさよなら運転が行われました。
さよなら列車は乗車券を持っていれば誰でも乗車できる団体扱いの臨時列車として運転され、逆富士には特製の系統板を取り付けての運転となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと失敗。
微妙に傾いていますね…。

沿線数箇所で撮影しましたが、どこも撮影する人でいっぱい。
ファンの多さに驚いたほか、結構一般の方の認知度も高いようです。
沿線で見ていた子供連れの奥様方などから「今日でパノラマカー最後なんだよ。」という声をよく耳にしました。

クリックすると元のサイズで表示します

側面のサボ入れにも特製サボが取り付けられていました。

クリックすると元のサイズで表示します

復路は富貴で撮影。
ホームに加え、後部の構内踏切が凄まじい事になっていますね。
ちなみにこの後、後続の列車に乗り遅れてしまいました。
トホホ…。

なんとか大江でさよなら列車に追いつき、最後に短い区間でしたが金山まで乗車。
金山到着前には名鉄の方による感動的なアナウンスもあり、拍手が沸き起こっていました。
これだけでも乗ってよかったと思って瞬間でした。

クリックすると元のサイズで表示します

その後7007Fは豊明に向けて回送され、その後舞木検査場へと入場したようです。
P6、そして7007F、お疲れ様でした。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ