2010/3/31  21:35

名鉄バスバス停照明  名鉄バス

>路線バス停留所にソーラースポットライトを導入

http://www.meitetsu-bus.co.jp/info/detail/1199996_890.html

ということで名鉄バスの通常タイプのバス停にソーラーパネル搭載の照明の取り付けが進められています。
瀬戸市内でも先週末には取り付けの行われているバス停を確認する事ができました。

クリックすると元のサイズで表示します

バス停時刻表部上の穴にボルトでスポットライトが取り付けられています。
大きな物ではないので注意しないと見逃してしまいそう。

クリックすると元のサイズで表示します

装置の上部にはソーラーパネルが取り付けられています。
エコですね。(^^)

クリックすると元のサイズで表示します

下部には白色LEDの照明部と人感センサーがあります。
夜人が近づくとピカッと光って時刻表を照らし、人が居なければ消灯してバッテリーの消耗を抑える設計のようです。

クリックすると元のサイズで表示します

実際に夜見てみると十分時刻表の文字が確認できる光量が確保できていました。
ただしそれも充電次第という事になります。(装置にも注意書きがあります。)

簡単な器具ですが赤津のような街灯も少ないような場所ではありがたい存在です。
11

2010/3/28  22:18

名鉄5601F運用開始  名鉄

名鉄5700系のうち6両編成だった5701Fと5702Fが4両編成化され、それにより捻出された中間車4両(5601-5651-5602-5652)に廃車となった5313Fの先頭部を接合する改造工事が舞木検査場にて行われていましたが、その改造が終了し27日より運用が開始されました。

クリックすると元のサイズで表示します
↑ピカピカな車体が眩しい5601F。
瀬戸線ユーザーにとってはこの赤が本当に眩しく感じます。(^^;

クリックすると元のサイズで表示します
↑同形態の運転台を接合したため一見すると5700系と変わりませんが、中間車からの改造のためドア位置が異なり、運転台後部に窓がありません。

クリックすると元のサイズで表示します
↑車内の様子です。運転台後部には椅子がなく立席スペースとなっています。
それに伴い壁に手摺りが増設されています。
床面は接続部のみ張替えが行われており、やや色調が異なります。

クリックすると元のサイズで表示します
↑運転台は特に変わっていないようです。EBや防護無線などが設置されています。

クリックすると元のサイズで表示します
↑椅子が無くなったため非常ドアコックが壁面下部に新たに設置されています。

クリックすると元のサイズで表示します
↑クロスシートが並んでいる車内についてはほとんど手がつけられていません。

クリックすると元のサイズで表示します
↑5601号車では先頭車化で必要無くなった中間車用車掌スイッチ等の機器が撤去されていました。
大きな変更箇所はありませんが、先頭車では消火器の位置が変わっていたりと若干の変更点はありました。

クリックすると元のサイズで表示します
↑岐阜駅で元々組み込まれていた5702Fと並びます。
5601Fは他のSR車と共通の運用に入っているようですので、他の5700・5300系との連結運転も見ることができるかも。
11
タグ: 名鉄 5601F 改造

2010/3/22  21:38

明知鉄道DMV実証実験  鉄道

明知鉄道で20日〜22日の3日間、JR北海道が開発中の「デュアル・モード・ビークル(DMV)」を使用した実証実験が行われました。
家から山を幾つか越えれば明智ですし、またとない機会ですので車を走らせてちょっくら見てきました。(鉄道を使えと怒られそう…)

クリックすると元のサイズで表示します
↑実験に使用されたのはDMV921という新型車両。
トヨタ自動車の協力を得て開発が行われた車両です。
この地にこの車両が来たのはトヨタが近いという事もあったのでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します
↑巨大水車が目印の道の駅「おばあちゃん市山岡」を出発するDMV。
今回の実験では岩村から明智の往路が線路走行、復路が道路走行で行われ、道路走行では観光ルートを回るようなコースも組まれており、このように道の駅で休憩する姿も見られました。

クリックすると元のサイズで表示します
↑岩村駅のモードインターチェンジ。
アスファルトと材木で形成されたそれは極めて簡易な構造で、導入時にはすぐにでも建設できそうなものです。

クリックすると元のサイズで表示します
↑モ〜ドチェ〜ンジ。
前面のボンネット部から車輪が出て前輪が浮かび上がります。
あっという間に線路に乗りました。

クリックすると元のサイズで表示します
↑前輪は浮きますが後輪は駆動のため線路に接地したままです。
前方が上に傾いた格好ですが乗り心地はどのようなものでしょうか?
機会があれば乗ってみたいものですね。

クリックすると元のサイズで表示します
↑運転席は基本的にはマイクロバス。
それに鉄道走行用の機器が増設されているという感じです。
インパネ上にEBリセットボタンがある辺りで鉄道用車両である事を主張しています。

クリックすると元のサイズで表示します
↑カタンコトンと軽やかな音を響かせて走ってくるその姿は何だか不思議な感じです。


DMV、赤字に悩む路線用にと開発が進んでいますが実際の所ではなかなか使いどころが難しいような感じです。
ただ面白いシステムであると思いますので何らかの形で実用化されることを祈るばかりです。
6
タグ: 明知鉄道 DMV

2010/3/20  22:04

瀬戸線沿線桜情報  瀬戸電

今年は例年になく早い開花となった名古屋の桜。
とはいえ瀬戸市内ではまだつぼみが膨らんだ程度の木が多いように思います。
そんな中、新瀬戸駅瀬戸方面ホームの桜はチラホラと咲き始めました。

クリックすると元のサイズで表示します

毎年ここの桜は早咲きのような気がします。
他と比べて暖かいとかあるのでしょうか?

他に瀬戸線沿線の桜の情報を電車内からチラ見した程度で…。

桜川橋梁:つぼみ
新瀬戸駅:チラホラ
矢田〜大曽根:つぼみ
尼ヶ坂付近:チラホラ

気温の低下がなければ開花から1週間〜10日程度で満開になる事が多いと聞きます。
今年は陶祖まつりヘッドマークと桜の組み合わせは難しいかも…。
4
タグ: 名鉄 瀬戸線 

2010/3/20  21:25

名市交限定バスコレ発売  模型

名古屋市交通局では市バス80周年を記念して様々なグッズ発売やイベントを開催しています。
その記念グッズの1つであるバスコレクションが20日に発売となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

今回発売となったのは名市交カラーに塗られたいすゞのボンネットバスとふそうのエアロスターのセットで、限定1万個が販売されます。
コレクション物として人気のあるバスコレクション。
早朝から販売箇所では長い行列が出来ました。

私も朝8時から栄駅のサービスセンターで並び購入してきました。
以前発売となったセットでは発売後数日残っていたという状況でしたので今回も残ることは想定できましたが、まぁ売切れたら悔しい気持ちになりますので…。(^^)ゞ
で、どうかといえばやはり初日に完売とはならなかったようです。
夕方確認した時には余裕で購入できる状況でした。

実際グッズとしてはこれが正常な姿なのでしょう。
あっという間に完売してネットでの転売アイテムと化するのはあまり好ましいとは思えません。

ところでAutoPageの容量がアップしたようです。
これまで容量を抑えるために写真は小さめにしていましたが、今回からちょっと大きめにしようかと…。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ