2010/4/29  21:32

第7回鉄道模型展  模型

ゴールデンウィークの恒例イベントとなった丸栄での鉄道模型展が今年も始まりました。
今年で7回目で5月5日まで開催されます。

クリックすると元のサイズで表示します

決して大きなイベントではありませんが、この地方で開催される貴重な鉄道模型イベントです。
丸栄は大幅リストラを発表するなど最近ちょっと暗い話題がありました。
何とか頑張って来年以降もイベントも続けてほしいところです。

5月に静岡でホビーショーがあるため丸栄での新製品発表はあまりないのですが、この地方に関係する車両の試作品などの展示が行われています。

クリックすると元のサイズで表示します

まずはモデモの名鉄780形。
小型車が得意なモデモらしくプロポーションは良い感じになりそうです。
名鉄標準塗装だけではなく広告車や豊橋鉄道などへのバリエーション展開も期待したいところですね。
ただ5月発売が8月発売へと大幅に延期となってしまったのは残念です。

クリックすると元のサイズで表示します

鉄道模型展7回目にしてやっと展示に加わったマイクロエース。
ドクター東海ことキヤ95と伊勢志摩ライナーの試作品が展示されています。
このような車種に手を出すのはマイクロらしいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

トミーテックでは8月発売の鉄道コレクション第12弾の車種が発表となっていました。
名古屋市交通局からことでんに譲渡され活躍している600形がラインナップされました。
名古屋市交通局250形へのバリエーション展開を期待したいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

最後に今日の戦利品。
限定鉄道コレクションは1000個とアナウンスされていましたが、在庫は豊富のようです。
私の買ったとき整理券番号は1000を超えていましたが、その後も続々と追加され販売が行われていました。
おそらく1日1000個限定という感じなのでしょう。
焦らなくとも買う事はできそうです。

バスコレ14弾の名鉄バスニューエアロバスが開封販売されていましたので、思わず3個購入してしまいました。
個人的には15弾のエアロスターが欲しかったのですけど…。
4

2010/4/29  21:20

2010年4月29日の尾張旭検車区  瀬戸電

4月29日の尾張旭検車区の様子です。

今日は4000系5編成のうち、4003Fと4004Fの2編成が検車区でお休みでした。
その結果6650系が代走として4000系の運用に入り1日走行していたようです。
最近6650系は土日は休みとなる事が多いため、平日休みでない私にとって久々に「吊りかけ分」を補給する事が出来ました。

6756Fは相変わらず検修庫内に入場中。
検査を受ける4004Fと並んでおりました。

クリックすると元のサイズで表示します

入場中だった6606Fは6603Fとのコンビが復活。
洗車を行っていましたので明日から運用復帰かな?

クリックすると元のサイズで表示します

入場中に実施されたのか、雨樋部などに補修の跡が確認する事が出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
5
タグ: 名鉄 瀬戸線 6756F

2010/4/25  20:48

買えない  名鉄

名鉄では4月15日から5月9日までの期間限定で「エコ乗りフリーきっぷ」というフリー切符を発売しています。
名鉄電車が1日乗り放題で10時〜16時の間は特別車にも乗車可能で、加えて名鉄パーキング100円利用券引換券や沿線の各種施設で特典が受けられるという内容となっています。
特典が付いてさらに通常販売されているまる乗り1DAYフリーきっぷよりも500円安いという事でお得な内容となっています。

最近タッチパネル式券売機でフリー切符が購入できるようになったという事で、ひょっとしてこの切符も買えるのかな?という疑問がわきましたので、駅で確認してみました。

クリックすると元のサイズで表示します

結果は購入できず
さらに内容が劣り高価な通常版の1DAYフリーきっぷは購入出来ないようになっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

さらに駅によっては「お得なきっぷ」の項目すら消されて2DAYフリーきっぷも買えない駅もありました。
という事でしばらくの間はフリーきっぷは窓口で買うのが無難なのかも。
2

2010/4/24  20:49

雲興寺まつり臨時バス2010  名鉄バス

毎年4月24日、25日に開催される雲興寺の大祭「雲興寺まつり」。
今年は久々に土日と重なり多くの人で賑わいそうです。

定期路線バスは無くなってしまったものの、祭の2日間だけ運行される臨時バスが今年も運転されました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今年の1日目は1217と1220のラッピングバスコンビで運転されました。
空港バスのラッピングをしている1217は瀬戸市内でも見かける事がありますが、愛知学院大学のラッピング車である1220はあまり見ない気がしますので新鮮な感じがしました。
明日は何が来るのでしょうか?
3

2010/4/19  19:00

須ケ口駅新型自動改札機  manaca

2011年2月の利用開始が計画されているトランパス陣営のICカード乗車券。
4月16日にはカード名称が「manaca」になるという事が発表され、ICカード導入がいよいよ現実味を帯びてきた感じです。

そんな中で名鉄の自動改札機でICカードの読み取り装置(R/W)が取り付けられた物が導入されました。

クリックすると元のサイズで表示します

R/W付きの自動改札機が導入されたのは須ケ口駅で、従来の自動改札機にR/Wを取り付ける形ではなく新型の自動改札機へと入れ替える形となりました。
まだこの地方の他の駅ではお目に掛かっていない形状で、ネットの情報ではオムロン製の新型機ではないかということです。

クリックすると元のサイズで表示します

切符の投入口や取出口は視認性向上のため黄色で着色されており目立ちます。
投入口の上にICカードをタッチするR/Wが取り付けられています。
タッチ部はICカードを導入している各社で異なるデザインとなっていますので、黒く隠された下側がどのようなデザインになっているのか明らかになる日が楽しみですね。

クリックすると元のサイズで表示します

切符の取り出し口の前に液晶ディスプレイが装備され、カード残額などが表示されます。
傾斜して取り付けられているため視認性は良好です。(これまでのオムロン製は画面が水平に設置されているため視認性はちょっと悪い感じでした。)
ディスプレイの上側にランプが点灯するのか透明部があります。
警告時にランプでも点灯するのでしょうか?

manaca導入に向けこれから他の駅でも続々とR/W取り付けが進められていくことになると思います。
瀬戸線はSF化も遅かったため自動改札機は新しい物が多いことですし、この新型改札機は登場するのか微妙ですね。
9



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ