2010/7/8  21:14

6756F営業運転復帰  瀬戸電

3月末から休車となっていたAL車6756F。
昨日復帰のための試運転が行われ、今日8日から無事営業運転に復帰しました。
運用を離脱した約3ケ月の間には5月31日に4005F車両故障のため急遽登板した事が1度だけありましたが、それ以外は2週間に1度程の間隔で検車区の中を往復する程度でしか動く姿を見る事が出来ませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりに沿線に戻ってきた独特のサウンド。
走りゆく姿を眺めて懐かしく思ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

そして今日は仲間の復活を祝うかのようにAL車仲間の6650系も1日中活躍。
注目の編成が2編成共に動いた1日となりました。

ところで6756Fと入れ替わる形で6031Fが検査入場しました。
検査の他にも車体の補修を行うことが予想され、当面運用を離れる事になりそうです。
11
タグ: 名鉄 瀬戸線 6756F

2010/7/4  19:47

6023F復帰  瀬戸電

尾張旭検車区に入場して車体塗装の補修を行っていた6023Fが週明けから復帰のようです。

クリックすると元のサイズで表示します

本日検車区5番線に留置となりました。(明日は尾張瀬戸6:50発かな?)

クリックすると元のサイズで表示します

車体塗装の補修が行われたのは喜多山検車区末期に全塗装が行われなかった栄町方の2両が中心です。
モ6223の正面方向幕付近は上側だけ綺麗になっています。
3
タグ: 名鉄 瀬戸線 6023F

2010/7/3  22:03

ICカード対応進む  manaca

2011年2月のICカード乗車券manaca運用開始に向け、導入事業者で準備が進められている対応機器の導入。
名鉄バス名古屋営業所のバスでは運賃箱の更新と同時に入口へのICカードリーダーの設置が始まりました。

クリックすると元のサイズで表示します

整理券、磁気カードリーダー、ICカードリーダーが仲良く並んでいます。
真ん中はいずれ外されることになる運命なのでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します

地下鉄大曽根駅の自動改札口にはICカードリーダーの設置が行われていました。
名鉄では4月頃から自動改札機の対応工事が始められていますが、地下鉄でも始まったようです。
2

2010/7/3  20:13

名鉄バス新車登場  名鉄バス

名鉄バスに新型バスが登場しました。
5月に発売となった三菱ふそうの平成21年排出ガス規制対応新型エアロスターLKG-MP37シリーズ。
名古屋市交通局などに先モデルに当たる同形状の車体を持つノンステップバスが導入されていましたが、ふそうのバスが多数派である名鉄バスには不思議と導入されませんでした。
しかしエンジンの変更などが行われた新型へとモデルチェンジ実施後、早速の購入となったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

ワンステップバスベースのノンステップバスという事で、中扉前後で窓高が異なる特異なデザインは先代PKG-MP35UM改と同じです。

クリックすると元のサイズで表示します

ブラックサッシとなり中扉後部の窓下をブラック処理した事で市バスの同形状車よりもスマートに見えます。
一宮営業所には写真の1017の他にも車庫内に4〜5台の新車がいるようでした。

クリックすると元のサイズで表示します

標準仕様が6速ATらしいのですが、外からは様子は分からず。
ISO対応の10スタッドホイールが外観上の見分けるポイントのようです。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ