2010/9/19  21:20

名鉄バス教習車  名鉄バス

とよはし「バスの日」2010の会場には一般のバスの他、事業用車両の展示も行われました。
名鉄バスの所有する「教習車」。
読んで字のごとく、運転士の教習を行うための車両です。

クリックすると元のサイズで表示します

事業用車両という事で白ナンバーとなっています。
外見は一見すると普通のバスと同じですが、中は…

クリックすると元のサイズで表示します

後部は座席がなくテーブルと長椅子が設置され、中扉付近には運賃箱が鎮座。

クリックすると元のサイズで表示します

最前部のシートには各種スイッチや自動車学校の教習車と同じように教官用のブレーキが取り付けられています。

クリックすると元のサイズで表示します

車体各部にランプが取り付けられています。
助手席のスイッチを操作するとこのランプが点灯する仕組み。
教習中にミラー確認を適切に行っているかをテストするためのようです。

クリックすると元のサイズで表示します

バンパーにもランプがあります。
前方下部の確認をチェック。

クリックすると元のサイズで表示します

車両中扉付近にも運賃箱・運賃表などの機器が設けられています。
ワンマンバス特有の機器の習熟に使用するようで、加えて最近行われているICカード対応機器への交換時の教習にも使用されているようです。
ちなみにmanacaのタッチ部はこんなデザイン。
標準のものですね。

クリックすると元のサイズで表示します

教習車の種車は「1221」。
元は名古屋営業所、一時は名鉄西部観光に配属されていた車両でした。
瀬戸とは色々関わりの深い車両です。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ