2010/10/16  21:23

外堀散策  瀬戸電

今日は瀬戸線を東大手駅で下車し、久々に瀬戸電廃線跡である外堀散策をしました。
前に歩いたのはいつだっただろう…。(^^)ゞ

クリックすると元のサイズで表示します

めいてつ薬局横、清水橋から土居下方面を望む。
すっかり草生して自然へと帰っています。

クリックすると元のサイズで表示します

清水橋付近にはまだまだ名鉄特有の水色の柵が残ります。
近くにあった工事看板に近寄って見ると…。

クリックすると元のサイズで表示します

ありました、名古屋鉄道の文字。
まだ外堀は名鉄の所有地であり、管理も名鉄です。

クリックすると元のサイズで表示します

法面の整備工事が行われ、外堀内は綺麗になっています。
まるでこれから線路でも敷くのかと思うほど。
点々と用地の境を示す杭が確認できます。

クリックすると元のサイズで表示します

サンチャインカーブ跡地。
南東の法面は綺麗に整備されましたが、内側の石積みなどは昔のままです。

クリックすると元のサイズで表示します

そして今日外堀散策をした最大の目的。
それが外堀散策会です。
現在開催されているCOP10の一環で外堀の中を散策できるようになっています。

クリックすると元のサイズで表示します

堀の底の散策会場へは瀬戸電大津町駅跡の階段を利用して下ります。
今ではまず滅多に下りる事の出来ない階段。
この機会を逃すわけにはいきません。
堀の底は板張りの通路の上を歩く事になります。

クリックすると元のサイズで表示します

階段に設置されている名古屋鉄道による立入禁止の看板。
名鉄の廃線跡である証拠。

クリックすると元のサイズで表示します

階段途中にある境界を示す印にも名鉄の文字。
比較的新しいもののように見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

駅廃止から34年が経過。
整備が行われなくなった階段は半分が崩壊しかかっています。
遠くない未来、この瀬戸電の遺構も消えていく運命にあるのかも…。

クリックすると元のサイズで表示します

とても名古屋市中心部にほど近いとは思えない自然。
ヒメボタルがここにいるはずです。

クリックすると元のサイズで表示します

この辺りが駅舎があったはずの場所です。
通路の板が瀬戸方面ホームへの構内踏切のように見えます。

この散策会の本来の目的は生物多様性の重要さを考える事でありますが、廃線跡に興味のある方も一度訪れてみるのも良いかもしれません。
散策の他に展示物もありますので、外堀の生物についても勉強にもなりますよ。(^^)

外堀の散策ですが、10月31日まで開催されます。
9:00〜16:30の間が散策可能です。
詳しくは下記アドレスへ…

http://www.cop10.jp/aichi-nagoya/event/partner/detail.php?id=5102
13



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ