2011/1/23  20:51

manaca自販機  manaca

2月11日のサービス開始まであと20日を切り、準備も整いつつあるICカード乗車券「manaca」。
名鉄の駅にはmanaca対応の自動販売機が一気に増殖を始めました。
中でもイメージカラーである黄色のラッピングが施された自販機が名鉄名古屋や金山などに設置されて目を引いています。

クリックすると元のサイズで表示します

飲料のメーカーに関係なく同じデザインなのでちょっと戸惑うかなとも思いますが、manacaが使えるという事はよく分かります。
左がアサヒ、右がサントリーです。

クリックすると元のサイズで表示します

名鉄バスセンターにもmanaca対応自販機が設置してありました。
こちらはポッカとダイドーです。
ダイドーはポイントカードが使えるタイプなので、R/W付近が賑やかです。

クリックすると元のサイズで表示します

R/Wの拡大です。
電子マネー選択ボタンがあることから、EdyやiDなど他の電子マネーの導入も期待したいところです。

名古屋市交通局と比較すると電子マネーにポイント制を設けるなど、名鉄は電子マネーとしてのmanacaに力が入っていると感じます。

ところで栄町駅でこんな光景を見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

東山線改札口へ向かう途中にあるコインロッカー。
半分程度に張り紙がしてありました。

クリックすると元のサイズで表示します

どうやら2/8にコインロッカーの更新が行われるようです。
manacaサービス開始前に合わせるようにロッカーの更新が予定されているという事は、manaca対応のコインロッカーになる可能性がありますね。
ちょっと動向を気にしたいと思います。
2

2011/1/18  21:59

車両交換  瀬戸電

クリックすると元のサイズで表示します

今日仕事帰りに尾張旭検車区方面に行くと、夕方という普段は無い時間帯に検車区からの出庫列車が…。
しかもA1A2です。
駅へ確認しに行くと、尾張旭18:07発の栄町行きが車両交換を行っていました。

交換された6033Fは検車区へ入場して留置線でパンタグラフを下していました。
車両運用の都合によるものなのでしょうか?
2

2011/1/17  21:42

雪とせとでん  瀬戸電

2011年1月16日、強い寒気の流れ込みにより名古屋市内で積雪11cmを記録するなど大雪となりました。
そんな日なのに瀬戸線の撮影に出かける私…。

クリックすると元のサイズで表示します
尾張旭10:52発1082列車からA6が出庫してきました。
まだこの頃は降雪はしているものの地面には夜に積もった雪がうっすら残るのみでした。
雪の影響でAFが誤動作してピント合わず。

クリックすると元のサイズで表示します
お昼ちょっと前。人が歩かないホームの屋根の無い部分に徐々に雪が積もり始めました。

クリックすると元のサイズで表示します
15時近くになるともうこんな状態。風でホームの屋根のあるところにまで雪が積もり始めています。
傘なしで撮影のために屋根の無い所に出ると、あっという間に全身雪だるま状態に…。
電車の先頭部にも雪の付着が目立ち始めます。

クリックすると元のサイズで表示します
高架上という事でホームの上、線路部分もかなりの積雪になって来ました。
階段部は吹き込んだ雪でツルツル。
危うく転落しかけました。
仕事の癖で手摺りをつかんでいたため難を逃れました。

クリックすると元のサイズで表示します
16時頃、名古屋市内は雪が収まって来ました。
雲の合間から青空が覗かせていました。
ちょうどA6が矢田川橋梁に…。

クリックすると元のサイズで表示します
日が沈む頃、検車区に。
留置中の電車には深々と雪が積もります。
尾張旭・瀬戸はこの頃から雪が本格化。

クリックすると元のサイズで表示します
せとでん3トリオも雪化粧。
手前から6602F+6605F、6025F、A1A2。
この後検車区前でA6を撮影して撤収しました。

翌17日の朝。

クリックすると元のサイズで表示します
前日の留置で積もった雪をばら撒きながら力走するA1A2。

クリックすると元のサイズで表示します
雪の量が多いとさすがに日中でも溶けずに残っています。
今日は6601Fが試運転があったようです。
雪が残る中で走る2連の試運転というのは、かなり珍しい事かもしれません。
6
タグ: 名鉄 瀬戸線 

2011/1/13  22:07

名市交7000形回送  名鉄

名鉄の舞木検査場にて定期検査を受けていた名古屋市交通局の7000形7101H。
12日には出場に向け本宿〜豊明間で試運転を実施し、今日は常駐先である犬山へと回送が行われました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

普段見慣れた神宮前駅ですが、車両が変わると新鮮に感じます。
9

2011/1/13  21:17

manaca関連機器  manaca

関係者によるmanacaの最終現地試験が1月11日から開始され、駅構内に用意されたmanaca用の各機器も電源が入れられて使用できるようになってきています。
名鉄のチャージ機も電源が入れられて稼働状態となっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

紙幣投入口には各紙幣が使えると書いてありましたが、画面には1000円札のみと表示。
本番になれば全て使えるようになるのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

豊橋鉄道の駅前電停に設置されていたチャージ機。
ロゴが「TOYOTETSU」になっている以外は名鉄と同じです。
ただ屋外に設置されているため紙幣投入口にはカバーが取り付けられています。

ところで…

地下鉄名古屋駅で下のようなコインロッカーが設置されています。

クリックすると元のサイズで表示します

最近増えつつあるキーレスのコインロッカーで、開閉には暗証番号の登録が必要なタイプです。
ご存知の方も多いと思いますが、このタイプのコインロッカーはICカードがキー代わりとして使用できる事が多くなっています。

クリックすると元のサイズで表示します

地下鉄のはというと…

クリックすると元のサイズで表示します

残念ながら現金のみです。
しかしICカードのリーダーがすぐ取り付けられるように準備がレシート取り出し口の横にしてあります。
そもそもmanacaのイメージカラーであるイエローを使用しているあたり、manaca対応が前提とも言えそうです。
このロッカーの管理は名古屋市交通局のmanacaの発行元と同じ「名古屋交通開発機構」でもありますし…。
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ