2011/1/17  21:42

雪とせとでん  瀬戸電

2011年1月16日、強い寒気の流れ込みにより名古屋市内で積雪11cmを記録するなど大雪となりました。
そんな日なのに瀬戸線の撮影に出かける私…。

クリックすると元のサイズで表示します
尾張旭10:52発1082列車からA6が出庫してきました。
まだこの頃は降雪はしているものの地面には夜に積もった雪がうっすら残るのみでした。
雪の影響でAFが誤動作してピント合わず。

クリックすると元のサイズで表示します
お昼ちょっと前。人が歩かないホームの屋根の無い部分に徐々に雪が積もり始めました。

クリックすると元のサイズで表示します
15時近くになるともうこんな状態。風でホームの屋根のあるところにまで雪が積もり始めています。
傘なしで撮影のために屋根の無い所に出ると、あっという間に全身雪だるま状態に…。
電車の先頭部にも雪の付着が目立ち始めます。

クリックすると元のサイズで表示します
高架上という事でホームの上、線路部分もかなりの積雪になって来ました。
階段部は吹き込んだ雪でツルツル。
危うく転落しかけました。
仕事の癖で手摺りをつかんでいたため難を逃れました。

クリックすると元のサイズで表示します
16時頃、名古屋市内は雪が収まって来ました。
雲の合間から青空が覗かせていました。
ちょうどA6が矢田川橋梁に…。

クリックすると元のサイズで表示します
日が沈む頃、検車区に。
留置中の電車には深々と雪が積もります。
尾張旭・瀬戸はこの頃から雪が本格化。

クリックすると元のサイズで表示します
せとでん3トリオも雪化粧。
手前から6602F+6605F、6025F、A1A2。
この後検車区前でA6を撮影して撤収しました。

翌17日の朝。

クリックすると元のサイズで表示します
前日の留置で積もった雪をばら撒きながら力走するA1A2。

クリックすると元のサイズで表示します
雪の量が多いとさすがに日中でも溶けずに残っています。
今日は6601Fが試運転があったようです。
雪が残る中で走る2連の試運転というのは、かなり珍しい事かもしれません。
6
タグ: 名鉄 瀬戸線 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ