2011/12/17  20:01

太田川駅高架化  名鉄

クリックすると元のサイズで表示します

かねてより工事が進められていた名鉄太田川駅周辺の立体化工事。
高架線の主要な工事が完了し、2011年12月17日に高架線への切り替えが行われました。

クリックすると元のサイズで表示します

高架線の1階に設けられた南改札口。
最近の名鉄でよく見られる、シンプルな内装の駅といった印象です。

クリックすると元のサイズで表示します

北改札口は18日より使用開始という事で、まだ閉鎖中でした。

クリックすると元のサイズで表示します

常滑線と河和線の平面交差を解消すべく、新駅は3階建て構造の複雑な構造となっています。
乗り換えに階段移動が必要な場合が多くなり、不便との声も出そうです。

クリックすると元のサイズで表示します

名古屋方面は2階・3階の両ホームから発車する事になりますので、発車案内表示ものりば案内を増設した特別仕様のものが導入されています。
3面あるホームはそれぞれ色が設定されており、案内サインなどにそれを示すカラーが入れられています。

クリックすると元のサイズで表示します

2階ホームと3階ホームの乗り換えをしやすいように、中3階に通路が設けられています。

クリックすると元のサイズで表示します

通路はガラスの仕切りとなっていますので、ちょっとしたトレインビュースポットです。

クリックすると元のサイズで表示します

河和線名古屋方面行きが使用する3階ホームは高いため周辺の眺めは抜群。
1面2線の構造ですので、何だか単線の高架駅のような錯覚も…。

クリックすると元のサイズで表示します

高架駅への切り替えで役目を終えた仮線の駅は、1晩にして駅ホームを横切るような通路が設置されました。
通路の真上に架線がある不思議な光景。
ちなみに写真のカラーコーンの上には鳩の巣があるようです。
雛の鳴く声が聞こえましたが、巣立ちまでの間この仮駅が残っているのかどうか…。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日までミュースカイなどが行きかっていた仮線のホーム。
ひっそりとしていました。

太田川駅も一先ず完成しましたし、まだ仮線の敷設も始まっていない喜多山駅や知立駅もそろそろ動きが出て来るのかな?
9
タグ: 名鉄 太田川 高架化

2011/12/11  23:18

2011年陶のあかり路スタート  地元

今年も瀬戸市の冬のイベント「陶のあかり路」がスタートしました。
今年から瀬戸線にもイラスト系統板が用意された他にも、開催期間もクリスマスまで延長されるなど地元もイベントに力が入っているようです。

クリックすると元のサイズで表示します

作品を入れたショーケースは瀬戸川沿いの歩道などに設けられ、夜になると作品の中に仕掛けられた電球が灯り、幻想的な明かりで周囲を照らしてくれています。

クリックすると元のサイズで表示します

その中に去年同様、鮮やかな赤色が目立つ作品が展示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

ファンなら一目瞭然。
瀬戸線の6600系を模った作品です。
去年は引退が近い6750系でしたね。

クリックすると元のサイズで表示します

今年は車内に乗客が乗っています。
瀬戸電に乗って瀬戸の街にプレゼントを運んできてくれたようです。
6

2011/12/5  21:51

旭前駅PC枕木化工事  瀬戸電

まだ多くの区間で木の枕木が残る瀬戸線ですが、他線の中古品(高架仮線などからの撤去品?)を使用してのPC枕木化が少しずつ進められつつあるようです。
急行列車がトップスピードを出す旭前〜印場間が去年PC枕木化されたのに続いて、今年はその続きの区間である旭前駅構内の枕木交換作業が始まりました。

クリックすると元のサイズで表示します

これでさらに乗り心地が良くなりますね。
5
タグ: 名鉄 瀬戸線 枕木

2011/12/3  23:28

乗鉄王系統板  瀬戸電

名鉄が開催するイベント「乗鉄王」の系統板が12月3日・4日に瀬戸線に取り付けられました。

クリックすると元のサイズで表示します

乗鉄王はルールに従っていかに名鉄電車で移動するかを競うイベント。
これまでは総移動距離を競っていましたが、ある程度攻略法がパターン化された部分もあったためか、今回からは内容をガラッと変えて駅名をしりとりで結び、その総文字数を競うルールへと変更されました。
毎度おなじみ、優勝者には今回掲出されたイラスト系統板がプレゼントされます。
瀬戸線のファンとしては6600系の描かれた25日用の系統板が欲しいところですが…。
5
タグ: 名鉄 瀬戸線 乗鉄王



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ