2012/4/21  21:13

TOICA・manaca相互利用開始  manaca

JR東海の展開するIC乗車券「TOICA」と名鉄や名市交などが展開するIC乗車券「manaca」の乗車券機能の相互利用が4月21日から開始となりました。

クリックすると元のサイズで表示します

名駅のコンコースでは記念式典が催され、会場には巨大なキャラクターが登場。
ちなみにどちらのキャラクターにも明確な名前が無いようですね…。
黄色いのも共通してます。(^^;

このような記念すべき日に恒例なのが、記念カードの発行です。
今回もTOICAが1万枚、manacaが2万枚限定という形で発売されました。
午前中にはほとんどの駅で完売となったようで、記念カードの人気は絶大なようです。

私も地下鉄大曽根、JR千種、名鉄名古屋と回って3種をゲットしてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

TOICAとmanacaはカードのデザインが異なるのが一目瞭然。
manacaは名鉄系のエムアイシー発行のものと市交系の名古屋交通開発機構発行で台紙が異なります。

クリックすると元のサイズで表示します

台紙を裏返して…。
名古屋交通開発機構の台紙は艶も無く、デザインもかなりシンプルです。

クリックすると元のサイズで表示します

カードは繋げると1つの絵柄になります。
manacaは定期券にする事が可能で、印字の必要があるためか色が少なめです。

クリックすると元のサイズで表示します

相互利用開始という事で、豊橋駅や弥富駅の乗換改札機も稼働を開始しました。
ピンクとブルーの改札機が並びます。
機械自体はTOICA用の簡易改札機と同じ形です。

クリックすると元のサイズで表示します

ホームの中ほどにも1組設置。

クリックすると元のサイズで表示します

ホームでは乗換時に改札機にタッチするように自動放送が繰り返し流れています。
何処から流れているかと思えば、上部に新しいスピーカーが取り付けられていました。

他にも金山や名古屋駅の乗換改札口ではmanacaやTOICAのどちらか1枚で通過できるというように案内表示の変更が行われていました。

乗車券機能は相互利用が始まったTOICAとmanacaですが、電子マネーとしては相互利用は行われていません。
平成25年にSuica等の全国主要ICカードとの相互利用開始時に共通化される見込みで、自販機等にはその旨を告げるステッカーが貼られているものもあります。
今回の乗車券機能の共通化により、勘違いしてタッチしてしまう人も多く出そうです。

クリックすると元のサイズで表示します
12
タグ: manaca TOICA 相互利用

2012/4/12  22:38

増えたな  瀬戸電

先日検車区で見た光景。

クリックすると元のサイズで表示します

ずいぶんと4000系も増えました。
今後はこれが日常に…。
13
タグ: 名鉄 瀬戸線 4000系

2012/4/7  21:56

名鉄100系111F  名鉄

名鉄の地下鉄鶴舞線乗り入れ用の4扉車「100系」。
名古屋市交通局では新型車「N3000形」が投入され、製造後30年を超えた名鉄100系もそろそろ新型車へ置き換えが始まるのかと思われたのですが、制御装置をVVVFに更新して延命するという形になったようです。

更新工事のため長期にわたり舞木検査場に入場していた111Fですが、3月末から営業運転に復帰したようです。

クリックすると元のサイズで表示します

更新工事は機器や内装を中心に行われ、外観にはほとんど変化がありませんでした。
床下機器は更新されたものが真新しいグレーになっています。

クリックすると元のサイズで表示します

今回の更新工事の中心が抵抗制御からVVVFインバータ制御への変更です。
元々VVVF制御であった中間2両(151-161)は更新は行われず、両端の2両が更新。
今回の更新で5M1Tから3M3Tへと電動車比率が変更になりました。
写真は114号車のインバータ装置。
三菱電機製で、形番は「MAP-174-15V236」と書いてありました。

クリックすると元のサイズで表示します

車内も更新が行われました。
壁面化粧板、天井塗装、床材張替え等が行われて見違えるように綺麗になりました。
吊革は三角形の物に取り換えられ、ドアチャイムも取り付けられました。

クリックすると元のサイズで表示します

運転台後部には車いすスペースも設けられました。

クリックすると元のサイズで表示します

車内の車番プレートの横には号車を示すステッカーが追加されました。

クリックすると元のサイズで表示します

貫通路には注意喚起するステッカーがありました。
他にも車内の案内表示がプラスチックプレートからステッカーに変更されているものも…。

クリックすると元のサイズで表示します

111号車の一部照明がLEDに変更されているようです。

クリックすると元のサイズで表示します

車内も手を加えられた4両とは対照的に、151-161の2両はほとんど手が加えられていません。
吊革もそのまま丸いもの。(優先席部だけ黄色の輪に変更されています)
床面や化粧板もそのままで、ドアチャイムも未設置です。
何とも中途半端な更新工事。
そのようなところが名鉄らしいというか…。

VVVF化工事は今年度は2編成が予定されています。
名鉄から豊田線・鶴舞線用の新型車の登場は当分先になりそうですね。
12
タグ: 名鉄 111F VVVF



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ