2009/1/14  21:07

1700-2300系車内  名鉄

先日紹介した1700-2300系の車内の撮影が出来ましたので、今日はそちらを紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します
↑ハッキリした中央の窓とLED表示が特徴の2300系です。

まずは一般車である2300系の車内です。
2200系2次車とほぼ同じ仕様で、クロスシート部分は1+2列配置です。
一部でロングになるのではという噂もあり心配していましたが、さすがにそれは無かったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

運転台付近の様子です。
4000系ではロングシートの形状の変更がありましたが、こちらはそのままのようです。
消火器は壁面に凹みを設けてそこに収納されました。

クリックすると元のサイズで表示します

客室ドア下部は黄色となりました。
床面も中央部の色の濃い部分がなくなり、4000系と同様の配色になっています。

クリックすると元のサイズで表示します

運転台ですが大きく変更されたような部分は発見できず。
1700系に液晶ディスプレイが設置されていないため助手側のカメラが無いぐらいか?
あと貫通路窓上部に何か機器が設置されているようで、化粧板に窓があり内部でLEDのランプが点灯していました。

クリックすると元のサイズで表示します

1700系側は客室内に荷物棚が設置されたのが大きな変更点です。
また写真には写っていませんがシート背面にμチケットホルダーが設置されています。
この辺りは2000系や2200系に合わせた変更ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず特徴的な部分はこんな感じでしょうか。
1700系、乗ろうと思うとなかなか上手く出会う事ができません。
もう少しゆっくり観察できたら新たな発見があるかも…。
0
タグ: 名鉄 1700-2300系



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ