2009/7/22  20:57

部分日食in瀬戸  管理人の日常など

日本で46年ぶりに観測できる皆既日食。
最長の皆既日食が観測できる悪石島では残念ながら観測できなかったようですが、硫黄島や客船などからは素晴らしい日食が観測できたようです。
NHKの中継画像を見て感動してしまいました。

私も皆既日食を一度でもいいのでこの目で見たかったのですが、費用などの面で今回は無理でした。
自宅の庭で部分日食の観測です。
有給休暇を取得してまで臨んだものの空は生憎の曇り。
太陽も雲に隠れてわずかな時間しか顔を覗かせません。
しかしそのわずかな時間でデジカメと日食メガネを組み合わせて何とか欠けた太陽を撮影することが出来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

本格的な装備ではないので、画質は…ですネ。
カメラの日食用フィルターは手に入らなかったので仕方ありません。
何とか撮影できないものかと粘りますが、これが限界でした。
無理するとカメラや目をやられてしまいます。

最大の欠けとなる午前11時ごろ、テレビでは奄美等での皆既で盛り上がっています。
外へ出ると辺りは日中なのに何となく暗く気温も下がった気がします。
諦め半分で空を見ると曇り空に肉眼でくっきりと三日月形の太陽が見えるではないですか。
薄い雲のためちょうどフィルターのような感じになったようです。
おかげで通常のカメラで撮影する事ができました。

クリックすると元のサイズで表示します

今度は2012年5月21日に名古屋でも金環日食が見られるそうなので、その時までには装備をそろえて安全に撮影できる体制を整えたいですね。
あとは26年後の皆既日食を何とか…。
4
タグ: 日食



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ