2010/6/10  23:10

2000.6/10 瀬戸線ダイヤ改正  タイムスリップ

クリックすると元のサイズで表示します

10年前の2000年6月10日、瀬戸線で大規模なダイヤ改正が実施されました。
6000系が8両増備され朝ラッシュ時間帯の準急を普通列車に格下げして4分間隔運転を実施、日中は尾張旭折り返しの準急列車を増発するというものでした。
現在のダイヤの基礎になったといえるダイヤへとなったわけです。

日中の尾張旭折り返しの準急は停車駅の少なさなどからあまり利用は芳しくなく、利用区間によっては著しく不便なダイヤになるというもので、結局3年ほどで普通列車へと変更が行われています。
現在は平日朝ラッシュ時に1本設定されているだけという珍しい存在となってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
6



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ