2010/7/10  21:41

名市交6050形営業運転開始  鉄道

桜通線の徳重延長に対応するために増備された新型車両6050形が7月5日から営業運転を開始しました。
営業運転開始後初の週末となる今日、初乗車をしてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

賛否両論ある先頭デザイン。
ステップが装着されたため多少引き締まった感じになった気がします。
地下でみると印象も変わりますね〜。

クリックすると元のサイズで表示します

目を引くのはドア上部に設けられた赤い開閉警告ランプ。
他社ではすでにおなじみの装置ですが、名古屋地区ではまだまだ珍しい物です。

クリックすると元のサイズで表示します

最近の車両にしては珍しく妻部に窓があります。
名古屋市交通局としてこだわっている部分なのでしょうか?
貫通路ガラスに衝突防止用?の模様がありますね。
ドア上のランプといい、こういう安全に関わる部分は名鉄も導入してみてはと思いました。

名古屋市交通局では7月18日までHP上で6050形の運行スケジュールを公開していますので、体験するなら今がチャンスです。
http://www.kotsu.city.nagoya.jp/info/2007/006328.html
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ