2011/9/24  19:53

豪雨被害  瀬戸電

台風15号の接近による大雨で下志段味地区や高蔵寺、多治見等で甚大な被害が発生。
瀬戸線も9時間近くに渡り全線で運転見合わせとなりました。
瀬戸線の運転再開は20時過ぎと他線と比較すると遅れた訳ですが、その原因となったのが水野駅付近の冠水です。
招き猫まつり板の撮影の時に現場付近に立ち寄り、状況を見て来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

現場付近の上り線には30km/hの速度制限が掛けられています。
何故かというと…。

クリックすると元のサイズで表示します

小さな川が氾濫し、線路下の土砂を流してしまったようです。
仮の復旧という事で土のうで固められています。

クリックすると元のサイズで表示します

付近の道路等も陥没等が発生しており、土砂の流出が比較的広範囲に渡っているのが見てとれます。
護岸のコンクリートも破損が発生しており、もし豪雨が続いて橋台や鉄橋が流出していれば瀬戸線の復旧もかなり遅れたかと思うとゾッとします。
6
タグ: 名鉄 瀬戸線



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ