2012/5/21  20:10

金環日食  地元

大きな話題となっており説明は不要かと思いますが、5月21日に金環日食が観測できました。
名古屋では932年ぶりだそうで…。
天候が心配されましたが、朝、目を覚ますと眩しい日差しが…。
天は味方をしてくれたようです。

クリックすると元のサイズで表示します

午前6時、カメラにNDフィルターを取り付けて撮影開始。
見えるかどうか分からない自然現象に1万円近くする高価な日食用NDフィルターを買う勇気が無かったので、フィルム状のものを使用。
シャープさには欠けるようですが、黒点も分かるので良しとします。

クリックすると元のサイズで表示します

6時18分を過ぎた頃から部分日食が始まりました。
ただ瀬戸市の自宅上空にはこの頃から雲が広がってしまいました。
太陽は見えたり見えなかったり、ヤキモキ。

クリックすると元のサイズで表示します

雲が多く金環日食はダメかなぁと諦めかけましたが、東の空は一気に快晴に。
ずいぶん欠けた太陽が姿を現しました。

クリックすると元のサイズで表示します

そして7時30分頃、太陽は見事なリングに。
瀬戸は中心線からずれてますので、不均等なリングです。

クリックすると元のサイズで表示します

あっという間に金環日食は終了。
そして太陽はまた少しずつ元の姿に戻っていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

9時ちょっと前に今回の日食は終了しました。

初めて体感する金環日食。
かなり感動的なものでした。
皆既日食のように周囲は暗くはなりませんが、明らかに普段と違う日差しの弱さと風景の色の変化が感じられました。
また気温も若干低下したのでしょうか、肌寒い感じもありました。

クリックすると元のサイズで表示します

木漏れ日のリングもシッカリと確認する事が出来ました。
ピンホールを開けた紙でも用意しておけばよかったと、若干後悔。

金環日食でもかなり感動的な体験が出来ました。
今度は2035年9月2日に皆既日食を関東方面に見に行かねば…。

ちなみに東海地方では29年後に再び金環日食があります。

http://www.hucc.hokudai.ac.jp/~x10553/jp21c/jpa2041.html

今度の金環日食、中心線が岐阜・愛知を通ります。
しかも瀬戸市がその中心線の真下です。(瀬戸市文化センターがちょうど中心線上にあるようです。)
綺麗なリングが長時間見る事が出来るという、絶好の条件。

生きてるかなぁ…。(^^;
5
タグ: 金環日食



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ