2011/9/22  21:15

栄町駅のmanaca専用通路  manaca

栄町にmanaca専用改札機が登場したというのは以前に記事にしましたが、その後の動きが出ましたのでご報告します。

以前はmanaca専用通路となってはいたものの、設置されていた自動改札機は磁気券も使用できるタイプ。
つまり磁気券投入口を塞いで使えないようにした改札機でした。
新しい自動改札機を導入しながら折角の機能を使用しておらず、ちょっと不親切にも感じていました。
今日栄町駅を利用した際にふと見ると、改札機に見慣れない青い「IC」のLED表示が…。
manaca専用通路の自動改札機が名古屋市交通局などにも導入されている純粋なICカード専用改札機に変更されたようです。
形状はほぼ同じのためスルーするところでした。(^^;

これまでの流れから、磁気券も使えるタイプでとりあえず実験的にmanaca専用通路を作り、不具合が出ないかなどの様子を見たという事が想像されますね。

クリックすると元のサイズで表示します
3
タグ: 名鉄 manaca 栄町

2011/6/11  22:17

大須の街中で  manaca

今日、大須の街中を歩いているとGOODWILLの西側にmanacaに対応した自販機を発見。
駅ナカでは対応自販機はよく見かけるのですが、街の中で見かけるのは初めてで新鮮に感じました。

クリックすると元のサイズで表示します

manacaの他にもWAONやnanaco、iD、Edyと有名な電子マネーに概ね対応しているなかなか優秀な自販機のようです。
4

2011/4/23  20:33

manaca専用  manaca

名鉄・名古屋市交通局などにICカード乗車券「manaca」が出来てから2ヵ月ちょっと経過しました。
利用客にも定着し、駅で「ピッ」という通過音が聞かれるのが日常となっています。
利用客に定着するにつれて問題化し始めたのがmanaca対応自動改札機の少なさ。
ラッシュ時にmanaca対応改札機が渋滞している光景も見かける事もあります。

という事があったためか、瀬戸線の栄町駅にmanaca専用の自動改札機が登場しました。

クリックすると元のサイズで表示します

柱横の4番通路がmanaca専用通路となりました。
これまで非対応の自動改札機が残されていたところです。
1台が新型機に更新された格好です。

クリックすると元のサイズで表示します

床面には利用客に知らせるためのステッカーが貼られ、上部にも青い「manaca専用」という看板が取り付けられています。

クリックすると元のサイズで表示します

manaca専用という事で名古屋市交通局などでも導入されつつある磁気券非対応のIC専用機を導入したのかと思いきや、磁気券の投入部を塞ぐという方法でした。
ランニングコストを考慮したのか、それとも将来のIC専用機投入を見越しての対応なのか?
理由は分かりませんが、これならばあえて専用としない方が利用客にはやさしい気がします。
3
タグ: 名鉄 瀬戸線 manaca

2011/1/23  20:51

manaca自販機  manaca

2月11日のサービス開始まであと20日を切り、準備も整いつつあるICカード乗車券「manaca」。
名鉄の駅にはmanaca対応の自動販売機が一気に増殖を始めました。
中でもイメージカラーである黄色のラッピングが施された自販機が名鉄名古屋や金山などに設置されて目を引いています。

クリックすると元のサイズで表示します

飲料のメーカーに関係なく同じデザインなのでちょっと戸惑うかなとも思いますが、manacaが使えるという事はよく分かります。
左がアサヒ、右がサントリーです。

クリックすると元のサイズで表示します

名鉄バスセンターにもmanaca対応自販機が設置してありました。
こちらはポッカとダイドーです。
ダイドーはポイントカードが使えるタイプなので、R/W付近が賑やかです。

クリックすると元のサイズで表示します

R/Wの拡大です。
電子マネー選択ボタンがあることから、EdyやiDなど他の電子マネーの導入も期待したいところです。

名古屋市交通局と比較すると電子マネーにポイント制を設けるなど、名鉄は電子マネーとしてのmanacaに力が入っていると感じます。

ところで栄町駅でこんな光景を見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

東山線改札口へ向かう途中にあるコインロッカー。
半分程度に張り紙がしてありました。

クリックすると元のサイズで表示します

どうやら2/8にコインロッカーの更新が行われるようです。
manacaサービス開始前に合わせるようにロッカーの更新が予定されているという事は、manaca対応のコインロッカーになる可能性がありますね。
ちょっと動向を気にしたいと思います。
2

2011/1/13  21:17

manaca関連機器  manaca

関係者によるmanacaの最終現地試験が1月11日から開始され、駅構内に用意されたmanaca用の各機器も電源が入れられて使用できるようになってきています。
名鉄のチャージ機も電源が入れられて稼働状態となっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

紙幣投入口には各紙幣が使えると書いてありましたが、画面には1000円札のみと表示。
本番になれば全て使えるようになるのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します

豊橋鉄道の駅前電停に設置されていたチャージ機。
ロゴが「TOYOTETSU」になっている以外は名鉄と同じです。
ただ屋外に設置されているため紙幣投入口にはカバーが取り付けられています。

ところで…

地下鉄名古屋駅で下のようなコインロッカーが設置されています。

クリックすると元のサイズで表示します

最近増えつつあるキーレスのコインロッカーで、開閉には暗証番号の登録が必要なタイプです。
ご存知の方も多いと思いますが、このタイプのコインロッカーはICカードがキー代わりとして使用できる事が多くなっています。

クリックすると元のサイズで表示します

地下鉄のはというと…

クリックすると元のサイズで表示します

残念ながら現金のみです。
しかしICカードのリーダーがすぐ取り付けられるように準備がレシート取り出し口の横にしてあります。
そもそもmanacaのイメージカラーであるイエローを使用しているあたり、manaca対応が前提とも言えそうです。
このロッカーの管理は名古屋市交通局のmanacaの発行元と同じ「名古屋交通開発機構」でもありますし…。
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ