2009/2/27

可能性  歌声喫茶


可能性 投稿者:sokkiniichan 投稿日:2009年 2月27日(金)22時15分4秒

 パソコンは、無限の可能性がある。

 録音機、録画機も、無限の可能性がある。

 速記も、無限の可能性がある。

 パソコンは、速記の反訳のためにだけあるのではない。

 録音機は、会議の録音のためにだけあるのではない。

 テレビカメラは、会議の録画のためにだけあるのではない。

 速記も、会議録作成のためにだけあるのではない。

 会議録作成のために速記を使わなくなったとしても、速記を捨ててはならない。

 速記の練習も少しは続けていかなければならない。

 速記は、人の話をリアルタイムで文字化することができる。

 速記の便利さは、永遠に不滅である。

 速記をどういうふうに利用していくかは、各自の創意による。

 速記は、会議録作成のためにだけあるのではない。

 速記は、いろいろな利用の仕方ができるはずである。

 だから、速記教育を、やめてはいけない。

 速記クラブの活動もやめてはいけない。

 本来速記は、原稿を書いてお金を稼ぐための道具ではなかったはずである。

 速記の使い方を、いろいろと工夫してみよう。


---------------------------------------------

システム 投稿者:sokkiniichan 投稿日:2009年 2月27日(金)22時07分1秒

 人間、基本的な物の考え方は、そんなに簡単に変わるものではありません。

 しかし、人間の考えること、書くことは、毎日少しずつ変わっていきます。

 ある日突然、新しい発想が飛び出したりもします。

 人間は、毎日少しずつ変わっていくのです。

 速記を書かないで、ビデオから直接原稿を起こすというシステムは、ほかでは何十年も前からやっていることで、特に新しいことではありません。

 録音に勝てる速記者なんていません。

 しかし、正確な速記録を作成するためには、まず現場で生の声を聴きながら速記をとって、反訳した上で録音を参照するのがベストだということで、我々は、速記の出場を続けてきたのです。

 録音には勝てないと思っても、あくまでも、録音は速記の補助だと言い続けて、速記を書き続けてきたのです。

 それは、正しかったと思います。

 今まで120年間速記を書き続けてきたのです。

 そのうち、録音のなかった時代が80年もあったのです。

 システムが変わっても、速記の偉大さは変わるものではありません。

 この先、仕事がどう変化していくかは、予測できません。

 会議録速成システムは、テレビ放送に十分な人と金を投入できるということが前提のシステムです。

 それに当てはまらない場合の方が多いので、速記の活躍場所がなくなるとは思えません。

 会議録速成システムは、特殊な職場における特殊な方法ととらえたいと思います


---------------------------------------------

午前12時・午後0時 投稿者:sokkiniichan 投稿日:2009年 2月27日(金)21時19分40秒

 午後0時を午後12時と言う人がいます。

 これは、個人の問題ではなくて、社会全体の問題だと思います。

 午前10時、午前11時、正午、午後1時、午後2時……午後10時、午後11時、午前0時、午前1時……となっていきます。

 正午は、午前12時であると同時に、午後0時です。

 午前0時は、午後12時でもあります。

 しかし、午前10時、午前11時、午後12時、午後1時という使われ方をしているわけです。

 日本を代表するメーカーが、こういう使い方をしています。

 午前12時30分は、午後なのに、何で午前なんだということだと思います。

 午前12時を30分過ぎたと考えればよいわけです。

 午後12時と言われた時に、お昼を連想する人と深夜を連想する人がいるわけです。

 誰かと待ち合わせるときに、この連想が食い違っていたら、とんでもないことになります。

 お昼の12時とか、深夜の12時という言い方をしないと誤解を生ずる場合があると思います。

 アナログ時計の表示を12から0に書き換えればどうでしょうか。

 公園の時計の12を0に改めた例があるそうです。

 時計の表示を12から0に改めれば、午前11時→午後0時→午後1時と、正しく言えるようになるのではないかと思います。


---------------------------------------------

左利き 投稿者:sokkiniichan 投稿日:2009年 2月27日(金)20時28分49秒

 私は、絵は、左手で書こうが右手で書こうが、どう書くという決まりがないから、どちらでもいいけれども、字は右手で書くようにできているから右手で書きなさいと指導してきました。

 左手で速記を書くことは、普通、無理です。

 左手で字を書く人には、右手で字を書く練習をさせなければならないと思います。

 今まで右手で字を書いてこなかった人にとって、速記の学習は右手で字を書く練習をするチャンスではないでしょうか。

 力学的に、左手で速記を書くのは無理があります。

 もし左手で書くとすれば、符号を全面的に対称形に変える必要があります。

 両手で字が書けるように努力すればよいのです。

 左手で字を書くことを卑下する必要はありません。

 右手でも書けるぞ、器用なんだぞというところを見せてください。

 最初はふにゃふにゃした線しか書けなくても、練習すれば、きちんと書けるようになると思います。

 人間は、手が2本あるわけですから、本来両手とも自由に使えるはずです。

 使わないから、使えないだけです。使わない習慣が固定化したから使えないにすぎません。

 使ってこなかったものも、使うようにすれば、使えるようになると思います。

 ワープロのなかった時代、右手ばかりを使っていると手が疲れるので、左右両手で交互に字を書いている先輩が何人かいました。

 私も、左利きなので、幼稚園に入る前に矯正された一人かもしれません。

 田舎ではみんな矯正されたのでしょう。私は、小学校、中学校、高校まで、左手で字を書く人を見たことがありませんでした。

 オバマさんの写真を見て、一番最初に思ったことは、この人は左手で字を書く人だなということでした。

 横書きが主である英語を左手で書くのは、縦横自在の日本人よりも、さらに不自由ではないでしょうか。

 今は、手で字を書くことが少なくなりました。ほとんどパソコン入力ですから、昔ほど実害はないと思いますが、字は右手で書いた方が良いと思います。

 イチローは左打ちですが、左打ちの方が1塁ベースに近いので、セーフになる確率が高いわけです。イチローが右打ちだったら、ヒットの数がうんと減っていたかもしれません。

 全日本選手権で9連覇した柔道の山下選手も左利きでした。相手が左利きに慣れないので、技がかかりやすいのです。

0

2009/2/24

日本代表  歌声喫茶

2009-02-24 日本代表 投稿者:sokkiniichan 投稿日:2009年 2月24日(火)22時34分26秒


 日本代表の最終メンバー28選手

  【投手】(13人)

 涌井秀章(西武)

 小松 聖(オリックス)

 ダルビッシュ有(日本ハム)

 渡辺俊介(ロッテ)

 岩隈久志(楽天)

 田中将大(楽天)

 馬原孝浩(ソフトバンク)

 杉内俊哉(ソフトバンク)

 内海哲也(巨人)

 山口鉄也(巨人)

 藤川球児(阪神)

 岩田 稔(阪神)

 松坂大輔(レッドソックス)

  【捕手】(3人)

 阿部慎之助(巨人)

 石原慶幸(広島)

 城島健司(マリナーズ)

  【内野手】(6人)

 中島裕之(西武)

 片岡易之(西武)

 川崎宗則(ソフトバンク)

 小笠原道大(巨人)

 村田修一(横浜)

 岩村明憲(レイズ)

  【外野手】(6人)

 稲葉篤紀(日本ハム)

 亀井義行(巨人)

 青木宣親(ヤクルト)

 内川聖一(横浜)

 イチロー(マリナーズ)

 福留孝介(カブス)

0

2009/2/23

景気対策  歌声喫茶


景気対策 投稿者:sokkiniichan 投稿日:2009年 2月23日(月)23時16分54秒



 事業規模は、総額75兆円です。

 世界最大級の景気対策です!

 暮らしに届きます。

 定額給付金実施に2兆円です。

 1人1万2000円です。65歳以上と18歳以下は2万円です。

 住宅ローン減税の控除可能額が最大600万円になります。

 環境にやさしい自動車の重量税・取得税が減免になります。

 妊婦検診が14回まで無料になります。

 出産育児の一時金が42万円になります。

 高齢者の医療費負担が軽減されます。

 学校など公共施設の耐震化・防災対策が進められます。

 雇用が守られます。

 3年間で2兆円の緊急雇用対策が実施されます。

 失業手当の給付が60日分延長されます。

 雇用保険料の料率が0.4%引き下げられます。

 地域の雇用を創るために4000億円規模の基金が設けられます。

 非正規社員の雇用保険加入要件が緩和されます。

 失業者に雇用促進住宅が提供されます。

 中小企業が支えられます。

 緊急保証・セーフティネット貸付枠が30兆円に拡大されます。

 中小企業の軽減税率22%が18%に引き下げられます。

 中小企業への雇用調整助成金制度が拡充され、賃金の80%が助成されます。

 年長フリーターの正規採用など、雇用維持・拡大に努める中小企業に1人あたり100万円の奨励金が支給されます。

 金融・経済が強くなります。

 銀行への公的資金注入枠が2兆円から12兆円に増額されます。

 政策金融の「危機対応業務」(3兆円規模)の発動・拡充が行われます。

 1兆円の「経済緊急対応予備費」が設けられます。

 銀行等保有株式取得機構の買い取り業務(最大20兆円)が再開されます。

 地方が元気になります。

 土日祝日の乗用車の高速道路料金が1000円以下に、平日は全ての車で3割程度引き下げになります。ただし、大都市圏は除かれます。

 地方交付税が1兆円増額されます。

 6000億円規模の「地域活性化・生活対策臨時交付金」が交付されます。

 1兆円規模の「地域活力基盤創造交付金」が交付されます。

 緊急防災や災害復旧のために4400億円充てられます。

0

2009/2/21

面接の秘訣(メール参照)  歌声喫茶


面接の秘訣(メール参照) 投稿者:sokkiniichan 投稿日:2009年 2月21日(土)21時47分32秒

 面接に成功する人は、そのための技術と秘訣を知っています。

 実績を持った経験者が落とされたり、経験のない者が採用されたりします。

 どの面接官も、嫌いな人間は採用しません。

 どの面接官も、嫌いな人間は絶対に採用しないのです。

 人は好意を持っている人からの要請を受けると、それに積極的に応えようとします。

 好印象を与えることができたならば、何とか採用してあげよう、経験不足は入ってから勉強してもらえればいい、給料はもっとあげてもいいだろうと思うようになります。

 仕事でも、プライベートでも、面接でも、人間関係において大切なのは、まず相手に好かれることなのです。好意、好感、好印象を持ってもらうことです。

 そして、たった30分から1時間程度の面接において、自分自身を表現し、高い評価を受ける必要があります。

 新卒面接と転職面接では、募集時期、面接方法、面接時間、面接回数、採用人数、すべての面において違いはあるのですが、最も大きな違いは「採用基準」です。

 新卒採用の基準は「性格」です。

 その会社の社風に合う性格の学生を選抜しているのです。

 学校でやってきたことがすぐに会社で役に立つはずはないのだから、入社後に鍛え甲斐のある学生を採ろうとします。

 団体労働で協調性を見たり、団体会議で個々の価値観や柔軟性を見たり、遠い将来を見据えての面接形式をとっています。

 転職面接の基準は何でしょうか。

 企業が中途採用をする理由は、欠員補充、仕事量の増加による従業員の負担の軽減、新規事業の立ち上げ、新たに人員を必要とする業務の発生、組織変更や既存事業の見直しによる配置替えです。

 明日からの業務に支障を来すので、それを補強するための人材を採用しているわけです。

 転職面接の基準は「即戦力」です。

 転職面接における「高い評価」とは、即戦力度合がいかに高いかを指します。

 したがって、どんな実績を身につけているか、厳しく突っ込んだ質問をされます。相手にとって満足のいく回答を示さなければなりません。業務に穴を開けてはならないから、採用側も待ったなしだということを肝に銘じてください。

 面接官が発する質問には、すべて、隠された意図があります。

 その意図を汲み取り、面接官が期待する形の回答にあわせて自分をアピールしなければ、ただの一方的な発言となり、面接官の心に響きません。

 大切なのは、面接官がどんな意図でこの質問をしているのか、どのような回答を期待しているのか、面接官の視点に立って考えることです。

 30分ないし1時間程度の短い時間で達成しなければならないことは、面接官から好意・好感・好印象を得るということ、面接官視点に立った自己アピールをするということです。

0

2009/2/18

インテルステノ最新日程  歌声喫茶

インテルステノ最新日程 投稿者:sokkiniichan 投稿日:2009年 2月18日(水)22時24分15秒

     インテルステノ最新日程のお知らせ

 流れるように話される言葉。

 消え去る一瞬にとらえ、文字に変換する技術と技能がことし夏、北京において集います。

 羽の生えたペンが蝶のように舞い、フランス語、ドイツ語、英語、中国語、ロシア語、あらゆる言語を文書化するエキスパートがさまざまな色の花のまわりを舞い、踊ります。

 普通のキーボードで入力する選手、ステノタイプを用いて入力する選手、そして音声認識を駆使して文書を完成する選手、スピーチ・トゥ・テキスト・テクノロジーの最新技術が議会、テレビ字幕、ビジネスで活躍しています。

 さあ、華麗な文字司の世界の祭典に皆さんをお招きします。

 最新の日程をお送りします。

 どうぞよろしくお願いします。

International Federation for Information Processing INTERSTENO, Japan Group President 兼子次生




第47回インテルステノ北京会議プログラム(2009.2.17 bxd06051@nifty.com)

<2009年8月12日(水)〜21日(金)> site : http://www.intersteno.org/

8月12日(水)競技会審判準備作業

  13日(木)多言語競技

  14日(金)役員会(8:30〜)、審判委員会・タスクフォース会議(14:00〜)

  15日(土)第1回評議員会(9:30〜)

        大会開会式(北京大学、15:00〜)、記者会見

        祝宴、展示会開会(16:30〜)

        競技説明会(17:30〜)

  16日(日)文書作成競技、文書校正競技、プロレベルワープロチャンピオン競技

        議会分科会(IPRS、10:00〜)

        国際商業文・議事録作成競技(16:00〜)

        多言語速記世界チャンピオン競技(17:00〜)

        競技採点

        観光(オプション)

  17日(月)発言捕捉世界チャンピオン競技(8:30〜)

        リアルタイム世界チャンピオン競技(12:00〜)

        多言語速記競技世界チャンピオン競技(14:00〜)

        競技採点

        観光(オプション)

  18日(火)青年の日(26歳未満の参加者全員を対象とする。

事前に申し込んだ青年は参加費無料。

それ以外の参加者は68ユーロで参加できる)

8:00〜21:00までの間、食事つきで終日文化観光

        審判夕食会(18:00〜、審判・アシスタント・タスクフォースメンバー)

        観光(オプション)

  19日(水)第1回分科会(9:00〜12:00)

        第2回分科会(14:00〜17:00)

        評議員会夕食会(18:30〜)

        観光(オプション)

  20日(木)第2回評議員会(8:30〜)

        総会(11:00〜)

        表彰式(16:00〜)

        フェアウェルディナー(18:00〜)

        観光(オプション)

  21日(金)観光(8:30〜、終日北京観光=参加申し込み時に受け付け)

                      以上


-----------------------------------------------
競争入札と適正料金 投稿者:sokkiniichan 投稿日:2009年 2月18日(水)22時05分31秒

 仕事にありつかなければ生きていけないから、どんなに安くても入札を成功させなければならない。

 何とか生きていきさえすればよいとか、赤字になっても、他の仕事で儲かればよいということで、捨て身の入札をする人もいると思う。

 そこで、世間常識から遙かに離れた低い価格で、入札価格が決まる。

 録音起こしの仕事は、知的な仕事なので、儲からなくても、旦那がきちんと働いてくれているから、ちょっとサポートできればよい、知的な仕事をすることによって、生き甲斐のある人生を送ることができればよいと思って録音起こしの仕事をしている人もいると思う。

 速記ではあまり儲からないけれども、印刷・製本で儲かればよいという業者さんもいると思う。

 いろんな思惑があって、常識外れの安い値段で落ち着くわけだが、それだけを生業としている人にとって、常識外れの低料金は死活の問題である。

 仕事を請け負わなければ生きていけない。しかし、そんな低料金では、仕事をしてもまともに生きていけない、けれども仕事をしないわけにはいかないというとき、どうすればよいのだろうか。

 安く請け負わせて、してやったりの受注者側も、安ければよいというものではない、それが適正な料金であるかどうかということを考えなければならない。

 受注者側にも受注者責任というものがあると思うのである。

 自分の身になって考えることも必要である。

 特に官公需の場合は、安ければよいというものではないので、それが適正な料金であるかどうかも検証しなければならない。

 不当に安い料金が一般的になってしまった場合、今まで常識的な値段で仕事をしてきて、仕事を請け負うことができなくなってしまった人は、どうすればよいのだろうか。

 あるいは、その仕事にこれから就こうという人たちに夢や希望を与えることも必要だと思う。

 最低賃金とか、アルバイトの時給から最低保証価格を割り出せばどうだろうか。原稿用紙にして50枚の原稿を書くのに○○時間かかるとして、時給○○○○円を掛ければ、最低保証額は出てくるのではないだろうか。どの程度の技術を持っているかとか、どの程度の質の原稿に仕上げるかによっても、時間は変わってくる。納品する原稿の質も変わってくる。

 弱い立場の人が適正な料金で人並みの暮らしを続けることはできるのだろうか。

 まず、受注者側が、適正な料金を設定する。

 適正な料金とは、自分たちならこの仕事をこのぐらいの料金で請け負っても構わないと思える値段である。

 速記1時間の原稿量は、20000字だから、400字詰め原稿用紙にして50枚の原稿を書くことになる。

 もし自分たちが原稿用紙にして50枚の原稿を書くとしたら、最低幾らぐらいお金をもらわなければ割に合わないかを考えるべきである。

 受注者側の気持ちになって考えることだ。

 そうすれば、最低これだけの料金を払わないとまずいなという最低線の額が出てくると思う。

 割に合った料金設定が必要だと思う。

 妥当な料金と思える価格から、遙かに低い料金で入札してくる業者が、どういう気持ちで入札しているかということを考えなければならない。

 安ければよいということを続けていけば、どんどん安くなっていって、その仕事で生計を立てている人の生活は破綻する。

 最低保証価格というものを設定した上で競争入札をしないと、値段が底抜けになってしまう。

 以前、0円入札というのがあって問題になったことがある。

 機械を入れさえすれば、その後のメンテナンス代とか関連の機械の納入とかで元がとれるということで、損得抜きの、めちゃくちゃ入札が問題になった。

 社員にとにかく仕事を与えないわけにはいかないとか、それで儲からなくても他で儲かればいいやというような捨て身の入札を排除あるいは防止しなければならないと思う。

 談合は悪いこととされているが、説明会とか意見交換は行って、入札者と受注者が十分話し合うことも必要ではないかと思う。

 技術や経験や年齢を加味するのかどうかとか、どの程度の品質やスピードを求めているのかとか、条件によって入札価格は違ってくると思う。

 みんなが同じ認識の上に立って入札をしなければ、公正な競争はできないと思う。


-----------------------------------------------

オリジナル性 投稿者:sokkiniichan 投稿日:2009年 2月18日(水)21時59分41秒

 衆議院式速記法、参議院式速記法に、特にオリジナル性はない。

 田鎖綱紀の発表した日本傍聴筆記法をもとにして、それぞれ書きやすいように読みやすいように改良したものである。

 私は、参議院速記者養成所で学び、衆議院式速記法も写本して勉強させてもらったが、特筆すべき点は何もなかった。

 養成所のすごさは、速記法にあるのではなくて、その豊富な練習量にある。

 月曜日から土曜日まで、毎朝10分の朗読が3本あり、最後の1本を反訳した。反訳終了後、隣の人と答案を交換し、答え合わせをした。先生がその日のうちにミスの数を勘定して答案を返してくれた。私たちは、ミスノートというのをつけて、どういう理由でどういうミスをしたかをチェックした。そして、同じミスを繰り返さないためにはどうすればよいかということを研究した。

 そういうことを繰り返した結果できたのが、参議院式、衆議院式である。

 私たちが昭和47年に学んだ速記法と最近養成所を卒業された人が学んだ速記法との間に大きな変化はなかったようである。


-----------------------------------------------

国会議事堂の建て替え 投稿者:sokkiniichan 投稿日:2009年 2月18日(水)21時50分58秒

 数年前、文部科学省のビルが新築された。

 最近、首相官邸が新築された。

 今、議員会館が新築されている。

 最近、国会内のテレビ施設や参観施設が整備された。

 以前、国会で国会移転の話が持ち上がったが、中止になった。

 経費を節約し、既存の施設をそのまま使うということかなと思ったが、国会移転が中止になったころから、逆に、国会周辺の施設の改築や新築が盛んである。

 建設関係には、相当なお金が使われている。

 そういう金に比べれば、衆参養成所の維持費なんて、微々たるものだと思う。

 どうも、国会を移転しない代わり、国会関係施設を刷新するという方向に進んでいるようだ。

 そもそも速記者が本館から第2別館に移動することになったのは、国会議事堂内の部屋数が少なく床面積が狭いからである。

 30階建てあるいは50階建ての国会議事堂を建てれば、部屋数の問題も床面積の問題も一挙に解決する。最新設備の導入も容易になるというものである。

 地下鉄千代田線の国会議事堂前駅も、大規模な修復工事が行われようとしている。

 考えてみれば、半蔵門線、副都心線、舎人線、つくばエクスプレスが開通したのは最近だが、千代田線や有楽町線は開通してから35年ぐらいたつ。

 そろそろ大規模修繕をする時期を迎えるのだろう。

 議員会館が竣工したら、次は、国会議事堂の建て替え、高層化もあり得るかもしれない。

 今どき、天井が高いとはいえ、3階の建物なんて珍しい。

 建った当時は、それでも、日本一高い建物だったらしい。

 今では、3階建は、日本一低い建物と言ってもよい。

 30階建てあるいは50階建ての国会議事堂が建つかもしれない。

 霞が関ビルに負けてはいけない。

 昔のように、17年もかけて国会議事堂を建てるなんてあり得ない。

 2〜3年で建て替えだってあり得る。


-----------------------------------------------

国会議事堂の建て替え 投稿者:sokkiniichan 投稿日:2009年 2月18日(水)21時41分56秒

 国会議事堂は1936年、昭和11年11月7日に帝国議会議事堂として建設された。

 建築されて73年たち、そろそろ建て替えの時期を迎えている。

 1881年、明治14年10月、「国会開設の詔」が発せられ、10年後の国会開設が約束された。その4年後に内閣制度が発足し、帝国議会開設は1890年、明治23年と決定し、議事堂建設の取り組みが始まった。

 第1回仮議事堂は第1回帝国議会召集の前日、1890年、明治23年11月24日に竣工した。

 会期中の翌1891年、明治24年1月20日未明に出火し、仮議事堂が全焼した。

 このため、華族会館を貴族院に、東京女学館を衆議院にあてて、急場をしのいだ。

 第2回仮議事堂は、1891年10月に竣工し、第2回帝国議会は、11月21日に召集された。

 1894年、明治27年8月には日清戦争が勃発し、大本営が広島に移されると、第7帝国議会は、1894年10月18日、広島で開会された。

 日露戦争後の1906年、明治39年には仮議事堂の改修及び本格的な議事堂の建設が決まった。

 1918年、大正7年9月に新議事堂の意匠が一般公募されることになった。

 1919年2月、応募作品118通の中から、宮内省技手の渡辺福三案が1等に選ばれ、当選案を参考に大蔵省臨時議院建築局が実際の設計を行った。

 1920年、大正9年1月30日に原敬内閣総理大臣などが参列して地鎮祭を挙行し、新議事堂の建設が始まった。

 1923年、大正12年には関東大震災に見舞われた。

 1925年、大正14年9月18日、仮議事堂が焼失した。

 第3回仮議事堂は1925年12月開会の通常帝国議会に間に合うように3か月で建設された。

 新議事堂の完成が近づいた1936年、昭和11年2月26日には2・26事件が発生し、陸軍武装青年将校の一群が永田町一帯を占拠した。2月29日早朝に武力による鎮圧が決定されると、東京湾御台場沖には海軍の軍艦40隻が集結、永田町に艦砲射撃の照準を合わせて反乱軍を威嚇した。

 新議事堂が広田弘毅内閣総理大臣、冨田幸次郎衆議院議長、近衛文麿貴族院議長など約2800人の来賓を迎えて竣工式を迎えたのは、着工から実に17年を経た1936年、昭和11年11月7日だった。

 戦後日本国憲法が制定され、帝国議会にかわる国会が国権の最高機関と位置付けられると、国会議事堂はその権威を象徴する施設となった。

 国会議事堂は鉄骨鉄筋コンクリート造り。中央塔を除く大部分が地上3階建て、中央塔が4階建てで、塔屋最上部まで含めれば9階建てである。

 敷地はほぼ長方形で、前方部は広く庭園や車寄せに取られており、衆議院側・参議院側それぞれの後方部には事務局や委員会室などが入居している別館と分館が設置されている。

 外装は3種類の花崗岩を使った石積みで、内装には33種類の大理石、2種類の蛇紋岩をはじめ、沖縄県宮古島産珊瑚石灰岩、橄欖岩、日華石などが使用されており、こうした石材は日本全国から取り寄せられた。

 特に外装に多く使われたのが広島県倉橋島の桜御影と呼ばれる桜色をした御影石で、当地では議事堂に使用されたことから「議院石」という呼び名もつけられている。

 このように建材や設備の素材のほとんど全てに純国産品を使用して造られた新議事堂の総工費は、完成当時の金額で約2573万6000円にのぼっている。

 構造= 鉄骨鉄筋コンクリート造

 構成=地上3階、地下1階、および中央塔4階(塔屋最上部9階)

 幅=206.36m

 奥行き=88.63m

 高さ= 両翼20.91m、中央塔65.45m

 総床面積=5万3466m²。

○国会議事堂内の主な施設と附属施設

 国会議事堂正面議事堂内の管理範囲としては、中央部の中央玄関、中央広間、御休所、中央塔が参議院の所管、国会前庭が衆議院の所管、国会図書館国会内分館が国立国会図書館の所管となっている。

○ 中央玄関

 正門の正面、中央塔部の真下にある玄関。外観は大きな車寄せと開口部が特徴で、扉は重さ1トンを超える。

 通常は議事堂の出入りには使用せず、扉は閉めきられているが、衆議院総選挙後や参議院通常選挙後に初めて国会が召集される日には登院する議員のためにこれが開かれる。

 天皇や外国の国家元首を議事堂に迎えるときや、特別参観の日に一般参観者を議事堂内へ入れるときに使用される。

○ 中央広間

 中央玄関を入った先、中央塔の真下にある広間は、中央広間と呼ばれている。2階から6階まで吹き抜けになっており、天井は32.62m。天井はステンドグラスになっており、壁面四隅に日本の春夏秋冬を描いた4枚の油絵の絵画がある。春の吉野山、夏の十和田湖、秋の奥日光、冬の日本アルプスを描いている。

 広間の四隅には、日本の憲政に貢献した板垣退助、大隈重信、伊藤博文の銅像と空の台座が置かれている。

 空の台座が存在する理由については諸説あり、誰の銅像を置くか話がまとまらなかったという説、政治は常に未完であることを象徴しているという説、もっと偉大な政治家になれという戒めの意味で空けてあるという説、皇居にお尻を向けるので避けているという説などがある。空の台座の上には、議会召集の日に、松の大きな盆栽が置かれる。

○ 中央塔

 中央塔は高さ65.45mで、東寺五重塔がすっぽり入る高さ。1964年まで日本で最も高い建造物だった。

 ピラミッド型の屋根の中には大広間があり、この大広間の中央からは螺旋階段が尖塔部最上階の展望室につながっている。四畳間ほどのこの展望室からは、かつては東京を一望のもとに見渡せたというが、この展望室も大広間も今は閉鎖されている。

 4階部分は、国立国会図書館の国会内分館になっており、国会関係者は自由に利用することができる。

 なお、天皇が使用するトイレの上にトイレを造れないため、4階部分にはトイレがない。

 2003年9月には中央塔が落雷を受けて、塔頂部の御影石が破損し、落下して階下のステンドグラスが割れるという被害があった。

○ 御休所

 御休所は、帝国議会の開院式や閉院式といった行事のため、議事堂に行幸した天皇が御休息するため造られた。

 現在は、国会の開会式などに議事堂に臨御された天皇が休息する場所として使われている。中央広間から赤絨毯の大階段を上った先にある。

 天皇の座る椅子のところのテーブルがL字型なのは、戦前に軍服で来た時に帽子を置いた名残である。

 天皇はここで衆参両院の議長、副議長の表敬を受けてから、参議院議場での開会式に臨む。

 総工費の一割を費やしたとされる部屋の造作は、総檜造の本漆塗、外側の上部の飾り部分は徳島県阿南市産の不如帰という石を使用するなど材質や装飾は議事堂の中でも特に匠を凝らした華やかなものとなっている。

 シャンデリアは水晶でてきている。

 天皇専用のトイレが御休所の斜め前にある。

 天皇は国会に来場する時、皇居より前後を白バイ、パトカー、皇宮護衛官と警察官の乗車したオープンリムジンに警護されて往復する。衛視はこの日に限り、夏は白の礼服、冬は黒の礼服で出迎える。

 御休所の窓からは、富士山が見えたという。

 第一国会開会式では、昭和22年6月23日、参議院議場において松岡駒吉衆議院議長が式辞を読み上げた。

 本会議場と呼ばれる大ホールが各院の2階部分にあり、3階まで吹き抜けとなっている。天井の部分にはステンドグラスがあり、それを通して昼光が通るので本会議中以外は天井の蛍光灯は点灯させていない。

 議場の構造はいずれも、議長席・演壇をかなめとして扇形に広がり、会派ごとに議席が配分されて座る、いわゆる「大陸型」である。

 議長席の側には事務総長席があり、演壇の下には速記者席がある。

 議長席を中心に左右に2列の席が伸びており、前列が国務大臣席、後列が事務局職員席となっている。

 衆議院議場では議長席の上方に、参議院議場では議長席の後方の階段上に、天皇の玉座があり、開会式に際しては、議長席を分解して式場をセッティングする。

 帝国議会の開院式は天皇を貴族院議場に迎えて行った。

 現在でも国会の開会式は天皇を参議院の議場に迎えて行われており、天皇はこの玉座で開会のお言葉をお述べになる。

 参議院の議員定数は242だが、参議院議場には460の席がある。それでも衆参両院の議員総数722には足りないので、開会式では通路や後方の空きスペースに立ったまま列席する議員もいる。

 両議場とも、議員は先例によりジャケットと議員バッジの着用がないと入場が許されない。

 福田赳夫元総理がバッジをつけ忘れて衆議院議場に入ろうとしたところ、衛視に制止されて、あわてて森喜朗議員からバッジを借りて入場したこともある。

○委員会と別館・分館

 国会では委員会が行われる部屋を、衆議院は委員室と呼び、参議院は委員会室と呼んでいる。

 委員会の会議室の中でも最大のものが、衆議院第一委員室と参議院第一委員会室である。

 本会議場、委員会室とも複数のマイクが設置されており、1つは場内拡声用、1つはNHK用、1つは「民放」と書かれた民間放送用のマイクが置かれている。

 議事堂3階、分館にその他の委員会室がある。

 別館は公道に面しており、議員との面会や傍聴の受付窓口が置かれている。

○国会前庭

 国会議事堂の正面には、正門前の並木道を挟んで南北に分かれる国会前庭がある。

 国会前庭の北地区は旧参謀本部を転用した洋式庭園、南地区は旧霞ヶ関離宮を転用した和式庭園になっている。北地区の一角には国会の仕組みや憲政の歴史を展示する憲政記念館が建っている。

○玄関前庭

 国会議事堂中央玄関・参議院正玄関・衆議院正玄関の前には、玄関前庭と呼ばれる庭園及び遊歩道がある。1970年には、全国47都道府県の木が贈られ、ここに植樹された。また、1990年には議会開設100年を記念して衆参両議院正玄関前に噴泉が設けられた。

○周辺施設

 別館の公道を挟んだ反対側には、南から衆議院第一議員会館、衆議院第二議員会館、参議院議員会館の3棟がある。

 国会議事堂敷地から公道を挟んだ南隣に衆議院第二別館と国会記者会館、同じく北隣に国立国会図書館、参議院議員会館の北に参議院第二別館、衆議院第一議員会館の南隣に総理大臣官邸などの施設がある。

○警備

 三権分立の原則にのっとり、立法府の最高機関が行政府の一下部組織に警察権を委ねるのは好ましくないという考えから、議事堂の敷地内では、警察ではなく、各議院が自身の手で自律的に紀律保持を行っている。

 このため警察官は、議長の要請がない限り院内に立ち入ることはできない。

 院内で警備を行っている者は、衛視と呼ばれる。衆議院事務局と参議院事務局の職員である。

 議事堂敷地内に出入りする者を、衛視は、徽章と帯用証で識別する。衛視は、国会議員全員の顔と名前を覚えている。

 議員は、登院すると各院の玄関および裏側の通用口、分館の入口に登院表示盤があり、登院した際に押すことになっている。

 3箇所の登院表示板は連動しており、時間も記録されている。

 議会召集の日は、正玄関にて表示盤を押す代わりに名刺を出すことになっている。

○訪問と観光

 国会議事堂は東京を代表する観光名所の1つとなっており、多くの修学旅行生や団体ツアー客が訪れる。

 現在、参議院は本会議開会中以外の平日であれば誰にでも見学を許しているが、衆議院は国会議員の紹介などがある者にしか内部の見学を許していない。

 議員への面会や議事の傍聴などで議事堂内に入ることもできる。

 裏門より入構し、エスカレーターを降りた参観者ホールでは空港並みのセキュリティーチェックを受ける。

 議事堂は、毎日、日没から午後8時までライトアップされており、照明に映える白亜の殿堂の姿を敷地外からも堪能することができる。

 なお、近年、山王パークビルやプルデンシャルタワーの建設により景観が徐々に変わっている。

 国会議事堂の西約800メートルにはTBSが再開発した複合施設、赤坂サカスがある。

 東京都は2006年3月、国会議事堂の背後に高層ビルや奇抜な色彩のビルの建設を禁じる景観誘導指針を策定し、国会議事堂や迎賓館などの眺望を守るための規制を実施した。

 しかし、赤坂サカスは指針ができる前に計画を決定したため、その対象外であった。自主規制により、当初の計画よりは低くなったが、景観に支障を来すようになった。

 現在、国会議事堂の正面の写真を撮ろうとすると、赤坂サカスが景観に入ってしまう。

 国会議事堂の映像は、真っ正面であったものが正面ローアングルか左右どちらかの側からの映像となってしまっている。

○アクセス

 東京メトロ国会議事堂前駅・永田町駅徒歩1分

○発行物

 1936年11月7日、帝国議会議事堂竣工記念として1銭5厘、3銭、6銭、10銭の各切手が発行された。

 第一回仮議事堂の設計図2枚は2004年に発見され、現在は昭和女子大学で保管されている。この設計図は「国会仮議事堂」と記され、1枚縦約40?、横約70?、それぞれ絹布に1階と2階の平面図が黒と赤で描かれている。これによれば、幅約100m、奥行き約40mの建物であった。

 国会の柱などには珊瑚石灰石が使用している為、アンモナイト等の化石を目にすることがある。

 国会内のポスト、ドアの鍵、ステンドグラスを除いては国産である。

 ポストは各階の廊下などにあり、1階に貯まるようになっている。かつては東京中央郵便局が、現在は郵便事業丸の内支店が集配に来る。また、途中で郵便がつかえてしまった場合は、中にワイヤーが通してあり、それを下から揺することで落として集配する。

 1964年に完成したホテルニューオータニ本館は、73mで、国会議事堂の高さを抜いた。

 国会議事堂の大広間で戦後間もなく「進駐軍がダンスパーティーを開いた」という風説が流布されたことがあるが、実際にそうした事実はない。

 GHQは国会議事堂を日本に民主主義を植え付けるための要と位置づけており、そのような場であえて顰蹙を買うようなことはしなかった。

 御休所は参議院側に属するので、参議院側からの参観の場合は、廊下から柵越しに御休所を参観できるが、衆議院側からの参観の場合、参観日や特別参観日によっては廊下の手前に柵が設置され、中までよく見ることができない場合がある。

 次に示すのは、2007年1月26日、第166回通常国会開会式における天皇陛下のお言葉である。

 「本日第166回国会の開会式に臨み、全国民を代表する皆さんと一堂に会することは、私の深く喜びとするところであります。 国会が永年にわたり、国民生活の安定と向上、世界の平和と繁栄のため、たゆみない努力を続けていることを、うれしく思います。 ここに、国会が当面する内外の諸問題に対処するに当たり、国権の最高機関としてその使命を十分に果たし、国民の信託にこたえることを切に希望します。」

 開会式や外国要人の国会演説のための合同会議のようなセレモニーの際を除いて衆議院議員が参議院議場内に入ることは許されていない。たとえ閣僚であっても、通常の議事が行われている際に衆議院議員や民間人出身の閣僚は参議院議場の国務大臣席から下におりることが許されていない。同様に、参議院議員が衆議院議場内に入ることは許されておらず、参議院議員や民間人出身の閣僚が衆議院議場の国務大臣席から下におりることも許されていない。

 国会の警備は、院内は衛視が、議事堂敷地の外周部は警視庁が行っており、敷地の塀を境に制服が違っているのが一目でわかる。。

 アメリカ同時多発テロ事件以後、中学生以上の訪問者には必ずセキュリティーチェックを行うことになった。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ