2009/5/27

速記存亡の時  歌声喫茶

 速記の仕事は、数社による寡占と行き過ぎのダンピングが問題になっている裁判所入札関係が3万5千時間、全国の議会、会社、学校、個人、その他を合わせれば50万時間以上あるものと思われます。

 裁判所の速記官養成も国会の速記者養成もなくなり、民間の速記学校の学生も大幅に減っていますが、日本の速記の仕事は、これから大丈夫なのでしょうか。テレビがあれば速記は要らない、速記者の養成も必要ないと言い切れるのでしょうか。

 【セミナーに参加して】

 私は、5月21日に、「士業のためのプロフィール作成講座」に参加させていただきました。

 弁理士、税理士、行政書士、司法書士、社会保険労務士、環境管理士、速記士、ライター、ディレクターといった人が集まりました。

 一口に「士業」といっても、さまざまな仕事があり、それぞれの仕事情報を聞けて、大変勉強になりました。

 「士業のためのプロフィール作成講座」では、2人で組んで、お互いに相手の話を聞いて、書き取った内容をみんなの前で発表するという練習をしました。

 私が、一緒に組んだパートナーの話を、速記で書き取って、細かい部分も正確に漏らさず発表したのを見て、速記の便利さを痛感されたのでしょうか、懇親会のときに、速記を勉強したいと言われた方が何人かおられました。

 速記の基本的な書き方について、御案内できる機会があればと思いますが、とりあえず、私のホームページ「速記の書き方」をごらんいただきたいと思います。

 実際に速記文字を書いてみてください。速記の面白さ、便利さは、書いてみないとわかりません。

 速記は、人の話を、聞いて書いては読み返す、聞いて書いては原稿にするということを行います。聞きっぱなし、書きっぱなしではなく、聞いて書いたことを発表することができます。

 【テレビから直接タイピング】

 参議院では、約1年間の試行期間を経て、2009年2月2日から、速記録を作成する方式が、テレビを見て直接JISキーボードでタイピング入力する方式に変わりました。

 委員会室の4隅上部には、4台の大きなテレビカメラが設置されています。カメラマンは別室でリモコン操作により撮影しています。このテレビカメラの映像と、1つの座席に1台あるマイクから送られてくる音声を使って速記録を作成しています。

 速記を用いない方式になったので、一般職の職員でも速記録を作成することができます。毎年、職員の意向調査があって、自分の希望する仕事ができるシステムになっています。一般職で速記録作成業務に従事したい人がいれば、速記録作成業務に従事することができます。新人か中堅かベテランかとか、男か女かとか、T種かU種かV種かとか、そういうことではなくて、速記録作成業務に従事したいという志があるかどうかが問題です。

 速記の事務量は、衆議院が1800時間、参議院が1700時間程度です。

 人の話は、10分間で3200字、1時間で2万字程度になります。

 私は、高校2年生のとき、昭和44年に父親からソニーのカセットテープレコーダーを買ってもらいました。テープレコーダーがあっても、速記がなくなるなどとは夢にも思いませんでした。迷わず速記の道を歩んできました。

 先輩方も、録音はあくまでも速記の補助だと言って、速記を守ってこられました。録音は必要ですが、現場で速記しないとわからないことがいっぱいあるし、よく聞こえないこともあります。録音が入っていないこともありますので、良心的な仕事をするためには、録音は速記の補助だと位置付けて、現場で速記しなければなりません。

 現場取材は大切です。

 自分が現場で見たり聞いたりしたことは、自信を持って書くことができますが、テレビや録音などから間接的に得た情報は、確信を持って書くことができません。

 私は、速記に幾度となく助けられてきました。

 速記 が書けると、人の話をすべて書き取ることができます。そしてすぐに、どの部分からでも読み返すことができます。

 速記が書けないと、その場で覚えなければなりません。自分の理解力、記憶力に頼らざるを得ません。

 人の話を人に伝えなければならないとき、一生懸命聞いても、すぐに右から左に消えていきます。書こうにも書けませんから、十分に伝えることができません。

 速記が書けると、細かいところまで漏らさず正確に書き取れますから、人の話を正確にスムーズに伝達することができます。精神的にも余裕を持って対応することができるのです。

 録音機は、音を記録する機械であって、人の話を文字化、文章化する機械ではありません。

 自分の考えたことを書くにしても、人の話を書くにしても、文章を書くのは人間の頭だと思います。決して、人の話の文字化、文章化は、機械の力だけでできるものではありません。

 【速記教育の再開はあるか】

 速記は、人の話を、一言一句すべて書き取ることもできますが、必要な部分を選んで書き取ることもできます。

 取材の際に、速記が書ければ便利です。

 速記がすらすら書けるようになるには、相当の練習を必要としますが、短期間の練習でも、使えるようになると思います。

 速記は、点、直線、円、円弧、楕円、楕円弧を用いて文章を書くものです。

 速記文字は、この世で最も簡単に最も速く書ける文字のことです。1音を1画で書くことが原則です。1つの言葉を1筆で書くことができますので、速く書き取ることができるのです。

 省略法や省略符号も使いますが、最も大切なのは基本文字です。

 私は、改良した速記の書き方を普及させようと、昭和60年4月から、最寄りの公民館で速記を教えてきました。

 テレビがあれば速記は必要ないということで、衆参の速記者養成所は廃止されましたが、速記教育が見直される時は必ず来ると思います。

 今、私がやるべきことは、速記のテキストをきちんと整備しておくこと、学生の間に速記を普及させることではないかと思います。今後、文部科学省教育の中に取り入れられるようなレベルにまで速記教育を高めていかなければなりません。

 【会議録発行の遅延】 

 速記をとらなくなって、会議録の発行が遅れるケースがふえています。会議録は、疑問点、問題点を克服して、大丈夫、間違いないと判断されたとき、初めて発行されることになります。疑問点、問題点の解消が、現場に出て速記していないために、今までより手間取っているといいますか、遅くなっているのではないでしょうか。

 会議録の発行は、滞りなく、迅速に行われなければなりません。

 速記者が現場に出ていれば、これはすぐに問い合わせをしなければならないとか、これはすぐに資料の要求をしなければならないとか、この言葉とこの言葉の間に委員長が交代したとか、何時何分から何時何分まで速記中止になったとか、何時に開会して何時に散会したとか、その場でわかりますが、現場に出ていないと反訳するまで何もわからないわけです。何本も反訳がたまっている場合、そのことに気付くのに何時間も何日もかかることになります。

 速く反訳すれば早く発行できるというものではなくて、速く疑問点や問題点を解決したときに早く発行できるわけです。速記には、会議録を早く発行する力があると思います。速記の価値をいま一度見直してみる必要がありそうです。
1

2009/5/25

新しい言葉・優勝の軌跡  歌声喫茶

新しい言葉 投稿者:sokkiniichan 投稿日:2009年 5月25日(月)23時10分14秒

 新しい言葉を2つ発明しました。

 なぜ新しいかというと、ヤフーで検索しても一件も引っ掛からないからです。

 新しい言葉を発表します。

 5 4 3 2 1 0

 それは、

 pasoconon

 pasoconoff

 です。

 pasoconon とは、パソコンの電源を入れることです。

 pasoconoff とは、パソコンの電源を切ることです。

 転じて、pasoconon は、出勤時間のことです。

 転じて、pasoconoff は、退社時間のことです。

 きょうの私のpasoconon は8:16、pasoconoff は18:40でした。


-----------------------------------------------------------
優勝の軌跡 投稿者:sokkiniichan 投稿日:2009年 5月25日(月)23時09分10秒


 法大野球部2009年春季リーグ戦優勝の軌跡

4/18 (土) ●法大 2―3 立大(観戦)
4/19 (日) ○法大 6―2 立大(観戦)
4/20 (月) ○法大 8―1 立大
4/25 (土)  法大  ―  早大(中止)
4/26 (日)  法大 2―2 早大(観戦)
4/27 (月) ○法大 8―1 早大
4/28 (火) ○法大 8―4 早大
5/09 (土) ○法大 8―1 東大(観戦)
5/10 (日) ○法大 5―1 東大(観戦)
5/16 (土) ○法大 3―2 慶大(観戦)
5/17 (日) ○法大 3―1 慶大(観戦)
5/23 (土) ○法大 5―3 明大(観戦)
5/24 (日) ○法大 5―4 明大

 法大は、初戦で立教大学に負けたにもかかわらず、見事、10連勝して優勝した。
 信じがたい結果である。
 最初に、このところ押されていた立教から勝ち点を上げたことが大きかった。
 早稲田との初戦でも、負けないで引き分けたのが大きかった。
 平日の試合なら、早慶より法明の方が強い。
 なぜなら、授業を気にしないからである。
 25日(土)が雨で中止となり、26日(日)も引き分けたため、試合が月、火にずれ込むことになり、早稲田に勝つことができた。
 東大とは、幾らか点差が開いた。
 しかし、最近の法政は、東大に対しても、早稲田のような豪快な勝ち方はできていない。
 慶大戦、明治戦も1点差、2点差の薄氷の勝利だった。
 法大の投手の出来が良くて、1試合4点以上取られなかったことが、優勝の勝因だと思う。
 覇者と呼ぶには早過ぎる。
 運というか、粘りというか、奇跡的な優勝だった。
 こんな珍しい優勝は、10年に1度あるかどうかだろう。
 連覇するには、練習するしかないだろう。特に、打ち込み練習が必要である。
 前半元気だった加賀美投手が、東大戦以降全く姿を見せなくなった。
 早稲田戦で体の動きがおかしく見えたが、疲労で体調を崩したのだと思う。
 秋にはまた、元気な姿を見せてほしい。

0

2009/5/25

法大野球部優勝  歌声喫茶


 土曜日は観戦したが、日曜日は雨で中止かなと思った。

 しかし、法大野球部は、明治との接戦の上、晴れて無事に優勝を果たしたようである。

 東京六大学野球春季リーグ第7週第1日は23日、神宮球場で1回戦2試合を行い、勝ち点4で首位の法大が、同3の2位で優勝を争う明大を延長十回、5−3で退け、6季ぶり43度目の優勝にあと1勝とした。

 ここまで勝ち点0の立大は10−0で同じく0の東大に大勝した。

 法大は救援登板した1年生、三嶋が延長十回に2点適時打を放って勝ち越した。

 そしてきょう24日、東京六大学野球、春のリーグ戦、明大−法大の2回戦が、神宮球場で行われ、法大が5−4で明大にサヨナラ勝ちで連勝。勝ち点5(10勝1敗1分け)とし、2006年春以来、6季ぶり43度目のリーグ制覇を完全優勝で果たした。通算43回の優勝はリーグトップ。

 法大は4−4の同点で迎えた九回無死、先頭の今井が右翼席へ劇的なサヨナラ本塁打。金光興二監督は03年の就任以来、通算3度目の優勝となった。

 「いいか、サヨナラで優勝を取ってこい!」。4−4の同点で迎えた九回の攻撃前、監督が選手にカツを入れた。直後に打席に向かい、「つなぐ気持ちしかなかった」今井がバットを振り抜くと、打球は右翼席へ一直線。監督の望み通りサヨナラ本塁打という劇的な幕切れで、法大が覇権を手に入れた。

 2006年春の優勝以来、5季連続Bクラスに低迷。かつての常勝チームは通算優勝回数でも、早大(41度)に1差まで迫られていた。金光監督は新チーム結成以来、「お前らの代に追いつかれていいのか。もう一度優勝をつかみ取れ」とナインに奮起を促し続けた。同時に「選手の個性を生かすチーム作り」を進め、打撃のいい多木や球が速い三嶋ら1年生を積極的に起用してチームを活性化させた。

 現役時代は江川らとともに4季連続優勝を経験した監督。「今のチームも新戦力が育ってきた。もう一度黄金時代を作り、早大との優勝回数争いで差をつけたい」と言葉に力を込めた。

0

2009/5/20

ノーアウト1塁  歌声喫茶

ノーアウト1塁 投稿者:sokkiniichan 投稿日:2009年 5月20日(水)23時09分46秒

 ノーアウト1塁から、次のような展開が予想される。

 100点 @ホームランで、2得点。

  90点 A3塁打で、1得点。ランナー3塁。

  80点 B2塁打で、ランナー3塁、2塁。

  70点 Cヒットで、ランナー2塁、1塁。

  70点 Dフォアボールで、ランナー2塁、1塁。

  70点 Eデッドボールで、ランナー2塁、1塁。

  70点 Fバントで、ランナー2塁、1塁。

  40点 G外野フライで、1アウト、2塁。

  40点 Hバントで、1アウト、2塁。

  30点 I外野フライで、1アウト、1塁。

  30点 J内野フライで、1アウト、1塁。

  30点 Kファールフライで1アウト、1塁。

  20点 L3振で、1アウト、1塁。

  10点 Mバント失敗、1アウト、1塁。

   0点 N内野ゴロ併殺、2アウト、ランナーなし。

 バッターの目標は、自分が塁上に立つということ、前のランナーを進塁させるということ、得点するということの3つである。

 ざっと考えて、ノーアウト1塁の場合、15通りの結果が予想される。

 併殺で、2アウトランナーなしとなるのが、最悪のケースである。

 しかし、最悪のケースを心配して送りバントをするのは、ゲーム終盤で1点を争う場合、打撃に自信のない選手がランナーの進塁だけをもくろむ場合に限るべきだろう。

 バントで1アウト2塁は、捨て身の戦法である。

 どういう結果になろうと、一生懸命やっての結果なら、仕方ない。

 しかし、最初から生き残ることを放棄するようなやり方は、成功しても後味が悪い。

 特に、序盤の場合、先取点を取って何とか試合の主導権を握りたいという気持ちが優先するのかもしれないが、セーフになることを信じて積極的に打って出る野球をしてもらいたい。

1

2009/5/19

優勝争い  歌声喫茶


優勝争い 投稿者:sokkiniichan 投稿日:2009年 5月18日(月)23時55分19秒

 東京六大学野球春季リーグ戦の優勝争いは、法政、明治の2校に絞られた。

 法政―明治の勝者が優勝する。

 ただし、法政が1勝2敗で負けた場合、法政、明治が勝ち点4、9勝3敗の同率首位になり、プレーオフとなる。

 法政、明治、早稲田が勝ち点4で並ぶ可能性も残っている。

 法政が明治に負ければ、勝ち点は、4のままである。

 この場合、法政は、9勝3敗か8勝3敗である。

 早稲田が、早慶戦で勝ち点を上げれば、勝ち点4になる。

 この場合、早稲田は、8勝4敗か8勝5敗である。

 明治が、法政に勝てば、勝ち点4になる。

 この場合、明治は、9勝2敗か9勝3敗である。

 明治が法政に2連勝すれば、明治の優勝になる。

 明治が、法政に2勝1敗で勝った場合、法政と明治が勝ち点4、9勝3敗の同率首位となり、プレーオフとなる。

 法政が2連勝した場合、法政が2勝1敗で勝ち点を取った場合は、法政の優勝になる。

 法政が1勝2敗で負けた場合は、プレーオフで決戦となる。

 法政が2連敗すれば、明治が優勝し、法政は2位になる。

 首位の法政から最下位の東京まで、あまり力の差はない。

 大差がついたのは早稲田―東京1・2回戦、慶應―立教3回戦、慶應―東京2回戦の4試合くらいで、あとはすべて接戦である。

 明治の馬力を法政がつぶせるかどうかが、優勝争いのポイントである。

 最終的な順位の可能性は、次のようになる。

        5月18日    今季終了時

 法政 大学   8―1C  10―1D〜8―3C  1位〜2位

 明治 大学   7―2B   9―2C〜7―4B  1位〜3位

 早稲田大学   6―4B   8―4C〜6―6B  2位〜4位

 慶應 大学   4―5A   6―5B〜4―7A  3位〜4位

 立教 大学   3―8    5―8@〜3―10   5位〜6位

 東京 大学   0―8    2―8@〜0―10   5位〜6位

 気になるのが、法政のバンド戦法である。

 ノーアウトでランナーが出ても、ヒットを狙わないで、バントで進塁を優先させ、簡単に1アウトを取られてしまう戦法である。

 法政の金光監督のバント戦法は徹底していて、スリーバントでアウトになる場合でも、構わずにバントをさせている。

 ノーアウトでランナーが出たときが、最大の得点の好機である。大量得点の可能性もある。ここで、手堅く1点を取りに行こうとする戦法が、正しいものかどうか、疑問である。

 ノーアウトでランナーが出たとき、続く3人のバッターのうち1人がヒットを打てば、盗塁やフォアボールを絡めて点が取れる可能性が高い。盗塁しなくても、長打が1本出れば得点できる可能性は高い。

 バッターの平均打率は3割だから、3人のうち1人がヒットを打つ可能性がある。

 ノーアウトでランナーが出ても、バントで2塁に進塁させれば、1アウト2塁という形になる。続く2人のうちのどちらかにヒットが出ないと得点できない。5割打てるバッターはいないから、結局後続が凡退して1点も入らないというケースが多い。

 得点を重ねるには、アウトにならないことである。アウトにならなければ、どんどん打順が回ってどんどん得点できる。

 ノーアウトでランナーが出たときにバントで進塁させる戦法は、行け行けムードに水を差し、結局1点も入らない結果になる場合が多い。

 ノーアウトでランナーが出たときこそ、ピッチャーを打ち崩すチャンスである。ノーアウトでランナーが出たときは、併殺になることを恐れずに思い切って積極的に打っていくべきだと思う。

 塁にランナーが出れば、バッターに気合が入る。バッターに気合が入るから、バッターの気迫に負けて、ピッチャーが打たれやすくなる。塁上の選手のことも気にかかる。

 負けぐせがついているチームは、1点が欲しいために、バント戦法に出る傾向が強い。

 ここのところ法政は、何年も成績が良くなかったために、バント戦法が体に染みついているようだ。連打する自信がないから、バントで進塁させるのだが、簡単に1アウトを取られて、パニックになりかけた投手を生き返らせてしまう。あと2人料理すればよいので、ピッチャーが全力投球で打者を封じ込める。投手優位の展開になってしまう。一挙にチェンジが見えてくる。無限の可能性が一挙に小さいものになってしまう。

 学生の場合は、管理野球ではなくて、力と力がぶつかりあう思い切りのいい野球をしてほしい。精一杯バットを振ってアウトになるのなら、それは仕方ないことと、観客も納得できるのである。

 ノーアウトでランナーが出たときに、すぐにバントするあの戦法、何とかならないものか。打撃に自信がないピッチャーとか、終盤で1点を争うような場面なら、仕方ないが、1回表の攻撃から、バント戦法だから、打撃によほど自信がないのだろう。

 試合前も、監督1人にノックをさせていないで、3班くらいに分かれて選手同士でノックをして、打撃にもっと自信を持ってほしい。

 6大学のレギュラーになるような選手は、高校までに相当やってきている。基礎はきちんとできている。伸び伸び好きにやらせた方が好結果につながると思う。

 今シーズンは、この消極的な戦法が早稲田にも見られた。しかし早稲田は、さすがに、見ていておかしいなと思う采配が少ない。

 斎藤投手を連投させたのは疑問だが、福井投手の状態があまりよくなかったのかもしれない。

 法政の加賀美投手も、前半よく健闘したが、後半は、酷使に耐えかねて体調を崩しているようだ。

 勝ち負けも大切だが、選手の酷使や、管理野球によって選手のやる気をそぐようなことをしたり、選手を将棋の駒のように使うのはやめてほしい。

 前の選手が塁に出たら、俺も打つぞと気合が入るのが、普通のバッターである。その気持ちを殺してまでバントをさせていては、運良く勝ったとしても、野球をやって良かったとか、野球はおもしろいなどとは思わないだろう。

 明治は早稲田に対して勝ち点を落としたが、優勝争いにはほとんど関係ない。

 法政―明治戦で2連勝したチームが勝つ。

 明治の逆転優勝になる可能性が高い。

 なりふり構わず積極的に攻撃すれば、法政が優勝する可能性もある。

 慶應も、早慶戦で連勝すれば、3位になれる。

 東京も、立教から2勝すれば、5位になれる。

 来週から、いよいよ順位決定戦が始まる。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ