2009/5/25

新しい言葉・優勝の軌跡  歌声喫茶

新しい言葉 投稿者:sokkiniichan 投稿日:2009年 5月25日(月)23時10分14秒

 新しい言葉を2つ発明しました。

 なぜ新しいかというと、ヤフーで検索しても一件も引っ掛からないからです。

 新しい言葉を発表します。

 5 4 3 2 1 0

 それは、

 pasoconon

 pasoconoff

 です。

 pasoconon とは、パソコンの電源を入れることです。

 pasoconoff とは、パソコンの電源を切ることです。

 転じて、pasoconon は、出勤時間のことです。

 転じて、pasoconoff は、退社時間のことです。

 きょうの私のpasoconon は8:16、pasoconoff は18:40でした。


-----------------------------------------------------------
優勝の軌跡 投稿者:sokkiniichan 投稿日:2009年 5月25日(月)23時09分10秒


 法大野球部2009年春季リーグ戦優勝の軌跡

4/18 (土) ●法大 2―3 立大(観戦)
4/19 (日) ○法大 6―2 立大(観戦)
4/20 (月) ○法大 8―1 立大
4/25 (土)  法大  ―  早大(中止)
4/26 (日)  法大 2―2 早大(観戦)
4/27 (月) ○法大 8―1 早大
4/28 (火) ○法大 8―4 早大
5/09 (土) ○法大 8―1 東大(観戦)
5/10 (日) ○法大 5―1 東大(観戦)
5/16 (土) ○法大 3―2 慶大(観戦)
5/17 (日) ○法大 3―1 慶大(観戦)
5/23 (土) ○法大 5―3 明大(観戦)
5/24 (日) ○法大 5―4 明大

 法大は、初戦で立教大学に負けたにもかかわらず、見事、10連勝して優勝した。
 信じがたい結果である。
 最初に、このところ押されていた立教から勝ち点を上げたことが大きかった。
 早稲田との初戦でも、負けないで引き分けたのが大きかった。
 平日の試合なら、早慶より法明の方が強い。
 なぜなら、授業を気にしないからである。
 25日(土)が雨で中止となり、26日(日)も引き分けたため、試合が月、火にずれ込むことになり、早稲田に勝つことができた。
 東大とは、幾らか点差が開いた。
 しかし、最近の法政は、東大に対しても、早稲田のような豪快な勝ち方はできていない。
 慶大戦、明治戦も1点差、2点差の薄氷の勝利だった。
 法大の投手の出来が良くて、1試合4点以上取られなかったことが、優勝の勝因だと思う。
 覇者と呼ぶには早過ぎる。
 運というか、粘りというか、奇跡的な優勝だった。
 こんな珍しい優勝は、10年に1度あるかどうかだろう。
 連覇するには、練習するしかないだろう。特に、打ち込み練習が必要である。
 前半元気だった加賀美投手が、東大戦以降全く姿を見せなくなった。
 早稲田戦で体の動きがおかしく見えたが、疲労で体調を崩したのだと思う。
 秋にはまた、元気な姿を見せてほしい。

0

2009/5/25

法大野球部優勝  歌声喫茶


 土曜日は観戦したが、日曜日は雨で中止かなと思った。

 しかし、法大野球部は、明治との接戦の上、晴れて無事に優勝を果たしたようである。

 東京六大学野球春季リーグ第7週第1日は23日、神宮球場で1回戦2試合を行い、勝ち点4で首位の法大が、同3の2位で優勝を争う明大を延長十回、5−3で退け、6季ぶり43度目の優勝にあと1勝とした。

 ここまで勝ち点0の立大は10−0で同じく0の東大に大勝した。

 法大は救援登板した1年生、三嶋が延長十回に2点適時打を放って勝ち越した。

 そしてきょう24日、東京六大学野球、春のリーグ戦、明大−法大の2回戦が、神宮球場で行われ、法大が5−4で明大にサヨナラ勝ちで連勝。勝ち点5(10勝1敗1分け)とし、2006年春以来、6季ぶり43度目のリーグ制覇を完全優勝で果たした。通算43回の優勝はリーグトップ。

 法大は4−4の同点で迎えた九回無死、先頭の今井が右翼席へ劇的なサヨナラ本塁打。金光興二監督は03年の就任以来、通算3度目の優勝となった。

 「いいか、サヨナラで優勝を取ってこい!」。4−4の同点で迎えた九回の攻撃前、監督が選手にカツを入れた。直後に打席に向かい、「つなぐ気持ちしかなかった」今井がバットを振り抜くと、打球は右翼席へ一直線。監督の望み通りサヨナラ本塁打という劇的な幕切れで、法大が覇権を手に入れた。

 2006年春の優勝以来、5季連続Bクラスに低迷。かつての常勝チームは通算優勝回数でも、早大(41度)に1差まで迫られていた。金光監督は新チーム結成以来、「お前らの代に追いつかれていいのか。もう一度優勝をつかみ取れ」とナインに奮起を促し続けた。同時に「選手の個性を生かすチーム作り」を進め、打撃のいい多木や球が速い三嶋ら1年生を積極的に起用してチームを活性化させた。

 現役時代は江川らとともに4季連続優勝を経験した監督。「今のチームも新戦力が育ってきた。もう一度黄金時代を作り、早大との優勝回数争いで差をつけたい」と言葉に力を込めた。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ