2010/3/26

縦書右進  スポーツ

縦書右進

あかさたなはまやらわとにかいと進す
いきしちにひみいりいい縦らてをと
うくすつぬふむゆるうう書右い縦呼
えけせてねへめえれえふをにく書び
おこそとのほもよろをう左書こ右ま

 パソコン時代に縦書きが生き残るためには、縦書左進を縦書右進に改めるべきだと思います。


男子SP

 (1) Daisuke TAKAHASHI JPN 高橋大輔
89.30=47.40+41.90
 (2) Patrick CHAN CAN パトリック・チャン
87.80=47.40+40.40
 (3) Brian JOUBERT FRA ブライアン・ジュベール
87.70=47.90+39.80
 (4) Takahiko KOZUKA JPN 小塚崇彦
84.20=46.60+37.60
 (5) Michal BREZINA CZEミハル・ブジェジナ
81.75=45.40+36.35
 (6) Jeremy ABBOTT USAジェレミー・アボット
81.05=44.20+36.85
 (7) ADam RIPPON USAアダム・リッポン
80.11=43.76+36.35
 (8) Samuel CONTESTI ITAサミュエル・コンテスティ
78.40=42.60+35.80
 (9) Denis TEN KAZデニス・テン
77.40=41.90+35.50
(10) Kevin VAN DER PERREN BELケビン・ヴァン・デル・ペレン
73.55=39.80+34.75
(11) Sergei VORONOV RUSセルゲイ・ボロノフ
73.42=39.32+34.10
(12) ADrian SCHULTHEISS SWEアドリアン・シュルタイス
72.35=41.70+30.65
(13) Javier FERNANDEZ ESPハビエル・フェルナンデス
71.65=41.50+30.15
(14) Kevin REYNOLDS CANケヴィン・レイノルズ
71.20=37.90+33.30
(15) Florent AMODIO FRAフローラン・アモディオ
68.31=37.16+31.15
(16) Anton KOVALEVSKI UKRアントン・コワレフスキー
67.60=37.60+30.00
(17) Viktor PFEIFER AUTヴィクトール・ファイファー
59.95=35.00+24.95
(18) Min-Seok KIM KORキム・ミンソク
59.80=35.70+24.10
(19) Jinlin GUAN CHN 関金林
59.45=30.60+28.85
(20) Jamal OTHMAN SUIジャマル・オスマン
57.35=29.80+28.55
(21) Ryan BRADLEY USAライアン・ブラッドレイ
56.10=26.30+30.80
(22) Abzal RAKIMGALIEV KAZアブザル・ラキムガリエフ
54.60=28.40+27.20
(23) Ari-Pekka NURMENKARI FINアリ=ペッカ・ヌルメンカリ
54.45=30.70+23.75
(24) AlexanDr KAZAKOV BLRアレクサンドル・カザコフ
54.24=31.14+23.10
(25) Peter LIEBERS GERペーター・リーベルス
54.09=28.54+27.55
(26) Pavel KASKA CZEパヴェル・カシュカ
50.55=24.60+26.95
(27) Kevin ALVES BRAケビン・アルベス
50.28=27.98+22.30
(28) Nobunari ODA JPN織田信成
50.25=16.90+33.35
(29) Boris MARTINEC CROボリス・マルティネツ
50.10=26.60+23.50
(30) Matthew PARR GBRマシュー・パール
49.31=28.16+21.15
(31) Peter REITMAYER SVKペテル・レイトマイェル
48.72=26.02+22.70
(32) Zoltan KELEMEN ROUゾルターン・ケレメン
46.94=25.54+22.40
(33) Damjan OSTOJIC BIHダミャン・オストイッチ
45.30=26.50+19.80
(34) AnDrew HUERTAS PURアンドリュー・ウエルタス
45.09=26.84+19.25
(35) Maciej CIEPLUCHA POLマクシム・シポフ
44.30=22.00+22.30
(36) Viktor ROMANENKOV ESTヴィクトル・ロマネンコフ
44.17=24.02+21.15
(37) Stephen Li-Chung KUO TPE郭立中
44.15=21.50+22.65
(38) Saulius AMBRULEVICIUS LTUセウリウス・アンブルレヴィチウス
42.37=22.52+19.85
(39) Mark WEBSTER AUSマーク・ウェブスター
42.30=21.80+20.50
(40) Georgi KENCHADZE BULゲオルギ・ケンチャゼ
42.09=22.74+19.35
(41) Tigran VARDANJAN HUNティグラン・ヴァーダニャン
39.30=21.20+19.10
(42) Sarkis HAYRAPETYAN ARMサーキス・ハイラペティアン
39.02=20.12+19.90
(43) Maxim SHIPOV ISRマチェイ・チェプルハ
38.26=18.66+19.60
(44) Humberto CONTRERAS MEXウンベルト・コントレラス
37.33=18.38+18.95
(45) Ali DEMIRBOGA TURアリ・デミルボア
36.39=18.74+17.65
(46) Girts JEKABSONS LATギルツ・イェーカブソンス
31.79=16.74+17.05

WDR Joffrey BOURDON MNEジョフレイ・ボードン

WDR Artem BORODULIN RUSアルチョム・ボロデュリン

男子シングル
(24)パオロ・バッキーニ


タカハシがんばれ

 高橋SPでトップ

 2010年世界フィギュアスケート選手権は2010年3月22日から28日にかけて、イタリア・トリノのパラベラで行われている。1896年に第1回大会が開催されて以来、100回目の世界選手権である。

 日本から出場の3人は最終組の一つ前の組に登場し、高橋大輔が42番、織田信成は40番、小塚崇彦は39番滑走だった。バンクーバー五輪金メダルのエバン・ライサチェク(アメリカ)、銀メダルのエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)は出場しなかった。男子SPには48人が出場し、8組に分かれて滑った。
 銀盤に立った高橋の体は自然とタンゴのリズムに乗った。五輪で出した自己ベストに迫る高得点でメダリストの貫禄を示した。
 トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)などすべてのジャンプを鮮やかに決め、出来栄えを評価するジャッジから加点も引き出した。技術点では4回転−3回転の連続ジャンプを決めたジュベールにトップを譲ったが、演技点は他を圧倒。五輪のフリーでも全選手中最高の評価を得た表現力は健在だった。
 2位のチャンとは1・50点差。日本男子初の金メダルを目指す。

 キム・ヨナが、世界選手権2連覇に向け踏み出した。
 22日に女子シングルの公式練習が行われ、キムは「ピアノ協奏曲ヘ長調」に合わせ、演技の仕上がりと氷質をチェックした。
 表情は明るかった。
 軽いスケーティングとステップで体をほぐし、ダブルアクセル、トリプルサルコウ、トリプルルッツなどを跳びながら、練習を終えた。
 キムは「ジャンプ、スピンなどすべてを確認した。大きな問題はない」と話した。
 22日朝にトリノの空港に到着した際には、負担を感じることなく大会に臨みたいと語った。バンクーバー冬季五輪が終わり、精神的にも肉体的にもコンディションが落ちたものの、すぐに状態を取り戻したといい、「かなえたかった目標をすべてかなえた。大会結果に大きな欲はない。気持ちを軽くできれば良い結果が出る」と話した。

男子シングル
(1)サーキス・ハイラペティアン
(2)マーク・ウェブスター
(3)ヴィクトール・ファイファー
(4)アレクサンドル・カザコフ
(5)ケビン・ヴァン・デル・ペレン
(6)ダミャン・オストイッチ
(7)ケビン・アルベス
(8)ゲオルギ・ケンチャゼ
(9)パトリック・チャン
(10)ケヴィン・レイノルズ
(11)関金林
(12)郭立中
(13)ボリス・マルティネツ
(14)ミハル・ブジェジナ
(15)パヴェル・カシュカ
(16)ヴィクトル・ロマネンコフ
(17)アリ=ペッカ・ヌルメンカリ
(18)フローラン・アモディオ
(19)ブライアン・ジュベール
(20)ペーター・リーベルス
(21)マシュー・パール
(22)ティグラン・ヴァーダニャン
(23)マクシム・シポフ
(24)パオロ・バッキーニ
(25)サミュエル・コンテスティ
(26)小塚崇彦
(27)織田信成
(28)橋大輔
(29)アブザル・ラキムガリエフ
(30)デニス・テン
(31)ギルツ・イェーカブソンス
(32)セウリウス・アンブルレヴィチウス
(33)ウンベルト・コントレラス
(34)ジョフレイ・ボードン
(35)マチェイ・チェプルハ
(36)アンドリュー・ウエルタス
(37)キム・ミンソク
(38)ゾルターン・ケレメン
(39)アルチョム・ボロデュリン
(40)セルゲイ・ボロノフ
(41)ペテル・レイトマイェル
(42)ハビエル・フェルナンデス
(43)アドリアン・シュルタイス
(44)ジャマル・オスマン
(45)アリ・デミルボア
(46)アントン・コワレフスキー
(47)ジェレミー・アボット
(48)ライアン・ブラッドレイ
(49)アダム・リッポン

女子シングル
(1)チェルシー・リー
(2)ケルシュティン・フランク
(3)イザベル・ピエマン
(4)ソーニャ・ラデヴァ
(5)シンシア・ファヌフ
(6)ミリアン・サムソン
(7)劉艶
(8)江玟玟
(9)ミルナ・リブリッチ
(10)マルティナ・ボチェク
(11)カリーナ・ジョンソン
(12)エレーナ・グレボワ
(13)キーラ・コルピ
(14)ラウラ・レピスト
(15)グウェンドリン・ディディエ
(16)エレーネ・ゲデヴァニシヴィリ
(17)ザラ・ヘッケン
(18)ジェナ・マッコーケル
(19)イェオルヤ・グラストリス
(20)小野珠実
(21)シェベシュチェーン・ユーリア
(22)ヨニコ・エヴァ・ワシントン
(23)クララ・ペーターズ
(24)タマル・カッツ
(25)カロリーナ・コストナー
(26)安藤美姫
(27)浅田真央
(28)鈴木明子
(29)ジャンナ・プガチャ
(30)ベアトリチェ・ロジンスケイテ
(31)フルール・マクスウェル
(32)アナ・セシリャ・カントゥ
(33)ソーニャ・ムゴシャ
(34)マノウク・ゲイスマン
(35)ローレン・コウ
(36)ビクトリア・ムニス
(37)金妍兒
(38)郭整
(39)サビーナ・パキエ
(40)アリョーナ・レオノワ
(41)クセニヤ・マカロワ
(42)マリーナ・シー
(43)イヴァナ・レイトマエロヴァ
(44)テオドラ・ポシュティッチ
(45)アビゲイル・ピーターセン
(46)ソニア・ラフエンテ
(47)ヴィクトリア・ヘルゲッソン
(48)ベッティナ・ハイム
(49)サラ・マイアー
(50)チャーリッサー・タンソンブーン
(51)トゥーバ・カラデミル
(52)イリナ・モウチャン
(53)レイチェル・フラット
(54)長洲未来
(55)アナスタシア・ギマゼトディノワ

ペア
(1)リュボーフィ・バキロワ & ニコライ・カミエンチュク
(2)ニナ・イヴァノヴァ & フィリプ・ザレフスキ
(3)ジェシカ・デュベ & ブライス・デイヴィソン
(4)アナベル・ラングロワ & コディ・ヘイ
(5)董慧博 & 仵一鳴
(6)龐清 & 佟健
(合計211・39点で4年ぶり2度目の優勝を飾った。)
(7)張丹 & 張昊
(8)楊雪芬 & 楊周宏
(9)マリヤ・セルゲエワ & イリヤ・グレボフ
(10)ヴァネッサ・ジェームス & ヤニック・ボヌール
(11)マイリン・ハウシュ & ダニエル・ヴェンデ
(12)アリオナ・サフチェンコ & ロビン・ゾルコーヴィ
(13)ステイシー・ケンプ & デヴィッド・キング
(14)ジェシカ・クレンショー & チャド・ツァングリス
(15)ダニエル・モンタルバーノ & エフゲニイ・クラスノポリスキー
(16)ステファニア・ベルトン & オンドジェイ・ホターレク
(17)ヨアンナ・スレイ & マテウシュ・フルシチンスキー
(18)ベラ・バザロワ & ユーリ・ラリオノフ
(19)川口悠子 & アレクサンドル・スミルノフ
(合計203・79点で2大会連続の銅メダルを獲得した。)
(20)マリア・ムホルトワ & マキシム・トランコフ
(21)ガブリエラ・チェルマノヴァー & マルチン・ハヌラーク
(22)アナイー・モラン & アントワーヌ・ドルザ
(23)エカテリーナ・コステンコ & ロマン・タラン
(24)ケイディー・デニー & ジェレミー・バレット
(25)アマンダ・エボラ & マーク・ラドウィッグ

アイスダンス
(1)ダニエル・オブライエン & グレゴリー・メリマン
(2)キラ・ガイル & ドミトロ・マツユーク
(3)ヴァネッサ・クローン & ポール・ポワリエ
(4)テッサ・ヴァーチュ & スコット・モイア
(5)于小洋 & 王晨
(6)ルツィエ・ムィスリヴェチュコヴァ & マチェイ・ノヴァーク
(7)ケイトリン・グッド & ニコライ・セレンセン
(8)ケイトリン・マロリー & クリスティアン・ランド
(9)ペルネル・キャロン & ロイド・ジョーンズ
(10)ナタリー・ペシャラ & ファビアン・ブルザ
(11)アリソン・リード & オタル・ジャパリゼ
(12)カロリーナ・ヘルマン & ダニエル・ヘルマン
(13)クリスティーナ・チットウッド & マーク・ヘンレッティー
(14)シネイド・ケアー & ジョン・ケアー
(15)ホフマン・ノラ & マキシム・ザボジン
(16)アレクサンドラ・ザレツキー & ロマン・ザレツキー
(17)アンナ・カッペリーニ & ルカ・ラノッテ
(18)フェデリカ・ファイエラ & マッシモ・スカリ
(19)キャシー・リード & クリス・リード
(20)エカテリーナ・ボブロワ & ドミトリー・ソロビエフ
(21)ヤナ・ホフロワ & セルゲイ・ノビツキー
(22)エカテリーナ・ルブレワ & イワン・シェフェル
(23)ジェネッツェ・マイツ & アルペル・ウチャル
(24)アンナ・ザドロズニュク & セルゲイ・ベルビーロ
(25)メリル・デイヴィス & チャーリー・ホワイト
(26)キンバリー・ナバーロ & ブレント・ボメントレ
(27)エミリー・サミュエルソン & エヴァン・ベイツ

 フィギュアスケートの世界選手権第2日は24日、イタリアのトリノでペアのフリーを行い、バンクーバー冬季五輪4位の川口悠子、アレクサンドル・スミルノフ組(ロシア)は、合計203・79点で2大会連続の銅メダルを獲得した。
 前日のショートプログラム(SP)で2位につけた川口組は、冒頭で挑んだ大技のスロー4回転ジャンプと後半のジャンプで2度の転倒があったが、フリーで3位に踏みとどまり、合計でも3位となった。
 SP1位の龐清、佟健組(中国)がフリーも1位となり、合計211・39点で4年ぶり2度目の優勝を飾った。

0

2010/3/20

危険なふたり  カラオケ

 浅草「居酒屋るる」 DAMハイパー予備校採点記録 20100318

(1)二人の銀座 872点 偏差値75 3674人中 13位

(2)風雪ながれ旅 913点 偏差値71 4094人中 66位

(3)空港 866点 偏差値71 38810人中 554位

(4)空港 933点 偏差値75 38810人中 3位

(5)タッチ 840点 偏差値49 61997人中 31984位

(6)口づけ 841点 偏差値53 1435人中 548位

(7)口づけ 916点 偏差値68 1435人中 49位

(8)YELL 877点 偏差値55 29532人中 8298位

(9)ブルー・シャトウ 898点 偏差値67 8023人中 343位

(10)雨の御堂筋 900点 偏差値59 36101人中 6454位

(11)つぐない 911点 偏差値69 70111人中 1836位

(12)ダンアイザイカオジン 860点 偏差値55 302人中 87位

(13)愛人 900点 偏差値69 39652人中 1141位

(14)My Heart Will 840点 偏差値50 19380人中 9690位

(15)亜麻色の髪の乙女 893点  偏差値65 9227人中 537位

(16)ダーハイ 820点 偏差値49 1482人中 770位

(17)危険なふたり 925点 偏差値75 9656人中 28位

(18)勝手にしやがれ 925点 偏差値69 30888人中 889位

(19)チースーニーブードン 778点 偏差値49 204人中 106位

(20)時の過ぎゆくままに 931点 偏差値75 40224人中 56位

(21)ウェンホーレイ 834点 偏差値48 1243人中 675位

(22)ダーリング 895点 偏差値66 3464人中 178位

(23)無言坂 845点 偏差値59 10884人中 1835位

(24)山河 948点 偏差値75 15417人中 67位

(25)花 821点 偏差値58 5346人中 1071位

(26)与作 946点 偏差値75 12260人中 4位

(27)ハナミズキ 814点 偏差値48 106885人中 61074位

(28)まつり 930点 偏差値75 51632人中 25位

(29)お祭りマンボ 898点 偏差値74 13320人中 93位

(30)桜の栞 832点 偏差値52 1561人中 632位

(31)春よ、来い 898点 偏差値59 14018人中 2506位

(32)桜坂 795点 偏差値48 42919人中 24017位

(33)さよならはダンスの後に 780点 偏差値51 5401人中 2357位

(34)下町の太陽 898点 偏差値56 6956人中 1793位

(35)忘れな草をあなたに 935点 偏差値75 5571人中 17位

(36)愛のままで 845点 偏差値54 926人中 298位

(37)冬桜 854点 偏差値60 16703人中 2492位

(38)心凍らせて 935点 偏差値72 35681人中 474位

(39)ワインレッドの心 929点 偏差値75 41919人中 146位

(40)口づけ 830点 偏差値50 1435人中 671位

(41)タッチ 868点 偏差値54 61997人中 19572位

(42)Dearest 835点 偏差値48 14608人中 8288位

(43)海雪 934点 偏差値73 34202人中 331位

(44)愛の園 930点 偏差値75 8210人中 1位

(45)真夏の夜の夢 832点  偏差値52 45人中 17位

(46)そっとおやすみ 920点 偏差値75 29082人中 2位
0

2010/3/20

大学等進学率  学校

 義務教育ではない高校の進学率が日本全体で98%というのは、非常に高い。
 これは、進学する本人の向学心の有無にかかわらず、子供の将来のために何とかして高校を出させてあげたいということで、保護者である親が必死の努力をしているからであり、国公立であれば学費も格安だからである。
 親としては、子供に意欲があれば、大学まで、できれば大学院まで出させてあげたいと思う。
 本当に必要なのは、公立高校の無償化ではなくて、大学、短大、専門学校の学費の減額である。
 経済成長に伴い、大学・短大・専門学校への進学率は、平成4年には50%近くに達した。
 平成15年には、幾らか下がって、大学の進学率が25%、短大への進学率が5%、専門学校への進学率が15%で、大学・短大・専門学校への進学率は45%ぐらいになった。
 高校まで100%近くの進学率なのに、そこから先、急に45%まで落ち込んでしまうのは、子供達の進学熱が急に冷めるのではなくて、経済的な事情等で高校卒業後就職せざるを得ない人が半数以上いるということだろう。
 公立高校を無償化することで、高校進学率を98%から100%にすることよりも、大学等進学率を45%から50%、60%、70%、80%へと上げていくことが、日本の国としては大切なことである。
 大して勉強は好きではないが、せっかくただで教えてくれるのだから、行かなきゃ損だという理由で高校に行く人が増えるだろう。本来高校は、向学心旺盛な人が選ばれて行くところである。
 意識と実態とのギャップを埋めることが大切だ。
 すなわち、希望どおり大学等に進学できる人の比率を45%から100%に引き上げることこそが必要である。
 もう一つ、家庭の事情で大学等に進学できなくても、自力で大学等に進学できる道を閉ざさないことだ。
 法政、明治には夜間部があったが、数年前に揃って全部廃止されてしまった。
 これにより、自力で通学制の大学に行こうという多くの人の道が閉ざされてしまった。
 放送大学ができてから、放送大学ができたのだから、夜間大学は廃止しても構わないだろうということで、夜間大学がばっさばっさと切り捨てられてしまった。
 そして、親に経済的な余裕がないと、通学制の大学には行けなくなってしまった。
 融資制度の拡充も必要だろう。低利長期の住宅金融のような融資も必要である。
 多くの人は、債務に苦しんでいるのではなくて、高利に苦しんでいる。
 18%は安いという広告(10万円借りて1か月1500円)もされているが、銀行預金金利が1%以下の時代(年利1%の場合でも、10万円預金して1か月の利息は83円)に18%は、まだまだ高い。
 現在、大手銀行の普通預金金利は0.04%である。年利0.04%の場合、10万円預金して1か月3.3円の利息がつく。
 1000万円預金がある人でも、1か月預けて利息はわずか330円である。
 年利18%は、年利0.04%の実に450倍の高金利なのである。
 借金が雪だるまのように膨らまなければ、借金の返済は、時間をかけてできるはずである。
 卒業後20年間で償還のような低利長期の融資制度が必要である。
 放送大学と夜間大学は違う。
 夜間大学は、内容において昼間の大学と遜色ない。
 毎日生の授業を受けることができる。
 毎日クラブ活動をすることもできる。
 毎日、先生や友達と顔を合わせることができる。
 放送大学を作ったから、夜間大学は廃止しても構わないという考え方は間違いだ。
 家庭の事情で大学に行けない人が、行ける人と同じくらいいると思われる。
 大学等の進学率を高めるために、夜間大学は今後も必要だと思う。
 自力で通学制の大学に進学する道を閉ざしてはならない。
 昭和43年ころ、高校の月謝は800円だった。3年間の合計で3万円くらいだった。
 今と貨幣価値が違うかもしれないが、この時すでに無償に近かった。
 昭和46年ころ、予備校の年間の学費が90000円だった。
 親に無理を言って調達してもらった。
 私は、私立は高くて無理だからと思って、国公立しか受けなかった。
 しかし、私立の昼間を受けたとしても、アルバイトをする気持ちがあれば、何とかなったと思う。
 行く人と行かない人との格差をなくすために受益者負担ということで学費が値上げされて、それが今は行き過ぎとなって、昔よりはるかに大学に進学しづらくなっている。
 大学の夜間が、昭和50年ころ、年間で12万円だった。
 今は、昼間だと、文系でも120万円だから、大変である。
 大学等の学費を減額ないし補助することで、大学等進学率を上げることこそ大切なことである。
0

2010/3/19

大学の志願者  カラオケ

大学の志願者

 2010年大学志願者数上位20校(2月15日現在)

(順位)大 学 名   志願者数(人)   昨年比(人)
 (1)早稲田 大学  115,515   −5,651
 (2)明 治 大学  115,158   +8,922
 (3)法 政 大学   93,062   +8,131
 (4)日 本 大学   88,555   −1,718
 (5)中 央 大学   81,198   −3,343
 (6)関 西 大学   78,166   −1,127
 (7)立 教 大学   72,966   +2,025
 (8)立命館 大学   69,561   −6,669
 (9)東 洋 大学   63,288   −5,471
(10)近 畿 大学   62,816   +3,584
(11)青山学院大学   53,337   −1,185
(12)関西学院大学   49,655   −1,281
(13)東京理科大学   49,301   −1,672
(14)慶應義塾大学   48,260   −1,629
(15)同志社 大学   44,612   −  847
(16)福 岡 大学   39,735   +2,205
(17)龍 谷 大学   34,593   −  826
(18)専 修 大学   32,066   +3,790
(19)駒 澤 大学   30,517   +2,371
(20)芝浦工業大学   28,455   +2,261


9曲連続1位の経過

 今までの自己最高記録は、7曲連続1位だった。
 今回は、この記録を9曲連続1位まで伸ばした。
 浅草「居酒屋るる」DAMハイパー予備校採点記録 2010年3月16日

(1)タッチ 824点 偏差値47 61997人中 35908位
(2)ブルー・シャトウ 930点 偏差値73 8023人中 84位
(3)雨の御堂筋 875点 偏差値53 36101人中 12841位
(4)花 841点 偏差値48 7765人中 4314位
(5)二人の銀座 904点 偏差値75 3674人中 1位
(6)口づけ 930点 偏差値71 1435人中 25位
(7)タッチ 870点 偏差値55 61997人中 18698位
(8)ブルー・シャトウ 931点 偏差値73 8023人中 79位
(9)雨の御堂筋 891点 偏差値57 36101人中 8400位
(10)二人の銀座 904点 偏差値75 3674人中 1位
(11)空港 919点 偏差値75 38810人中 11位
(12)時の過ぎゆくままに 937点 偏差値75 40224人中 36位
(13)勝手にしやがれ 925点 偏差値69 30888人中 889位
(14)危険なふたり 900点 偏差値71 9656人中 138位
(16)ダーリング 924点 偏差値71 3464人中 50位
(18)与作 952点 偏差値75 12260人中 3位
(20)帰ろかな 914点 偏差値75 8378人中 2位
(22)君恋し 909点 偏差値75 39306人中 106位
(24)恋の町札幌 930点 偏差値75 34750人中 31位

(26)ああ上野駅(井沢八郎)937点 偏差値75 18254人中 1位
(28)君が美しすぎて(野口五郎)939点 偏差値75 1526人中 1位
(30)黒い花びら(水原 弘)913点 偏差値75 12962人中 1位
(32)愛しつづけるボレロ(五木ひろし)936点 偏差値75 1374人中 1位
(35)さらば友よ(森 進一)941点 偏差値75 775人中 1位
(38)おふくろさん(森 進一)940点 偏差値75 14052人中 1位
(40)愛の園(布施 明)936点 偏差値75 8210人中 1位
(46)霧の摩周湖(布施 明)934点 偏差値75 19245人中 1位
(49)男の子女の子(郷ひろみ)943点 偏差値75 1723人中 1位
 連続1位9曲の平均点は935.444……だった。この日は28曲歌った。
0

2010/3/17

9曲連続1位  カラオケ

 浅草るる DAMハイパー予備校採点記録 20100316

(1)タッチ 824点 偏差値47 61997人中 35908位

(2)ブルー・シャトウ 930点 偏差値73 8023人中 84位

(3)雨の御堂筋 875点 偏差値53 36101人中 12841位

(4)花 841点 偏差値48 7765人中 4314位

(5)二人の銀座 904点 偏差値75 3674人中 1位

(6)口づけ 930点 偏差値71 1435人中 25位

(7)タッチ 870点 偏差値55 61997人中 18698位

(8)ブルー・シャトウ 931点 偏差値73 8023人中 79位

(9)雨の御堂筋 891点 偏差値57 36101人中 8400位

(10)二人の銀座 904点 偏差値75 3674人中 1位

(11)空港 919点 偏差値75 38810人中 11位

(12)時の過ぎゆくままに 937点 偏差値75 40224人中 36位

(13)勝手にしやがれ 925点 偏差値69 30888人中 889位

(14)危険なふたり 900点 偏差値71 9656人中 138位

(15)Ti Amo 843点  偏差値55 116033人中 34589位

(16)ダーリング 924点 偏差値71 3464人中 50位

(17)愛が消えた日 840点 偏差値49 1213人中 603位

(18)与作 952点 偏差値75 12260人中 3位

(19)花 840点 偏差値48 7765人中 4345位

(20)帰ろかな 914点 偏差値75 8378人中 2位

(21)Raining 827点 偏差値54 2360人中 796位

(22)君恋し 909点 偏差値75 39306人中 106位

(23)リンゴ追分 838点 偏差値62 5951人中 618位

(24)恋の町札幌 930点 偏差値75 34750人中 31位

(25)サクラ色 867点 偏差値52 3188人中 1279位

(26)ああ上野駅 937点 偏差値75 18254人中 1位(1曲目)

(27)This Love 849点 偏差値50 1846人中 886位

(28)君が美しすぎて 939点 偏差値75 1526人中 1位(2曲目)

(29)ワインレッドの心 755点 偏差値44 41919人中 29997位

(30)黒い花びら 913点 偏差値75 12962人中 1位(3曲目)

(31)LEGEND OF WINC 864点 偏差値58 315人中 65位

(32)愛しつづけるボレロ 936点 偏差値75 1374人中 1位(4曲目)

(33)I Need To Be I 873点 偏差値62 5068人中 583位

(34)Oh! クラウディア 872点 偏差値58 11868人中 2346位

(35)さらば友よ 941点 偏差値75 775人中 1位(5曲目)

(36)桜 894点 偏差値59 71567人中 11708位

(37)雨の御堂筋 887点 偏差値56 36101人中 9425位

(38)おふくろさん 940点 偏差値75 14052人中 1位(6曲目)

(39)愛すべき未来へ 925点 偏差値65 14735人中 892位

(40)愛の園 936点 偏差値75 8210人中 1位(7曲目)

(41)喝采 852点 偏差値57 22563人中 4979位

(42)永遠にともに 839点 偏差値52 27056人中 11174位

(43)亜麻色の髪の乙女 871点 偏差値58 20001人中 3954位

(44)ルービェンディイェホ 824点 偏差値57 959人中 229位

(45)ア・イ・シ・テ 916点  偏差値65 2360人中 143位

(46)霧の摩周湖 934点 偏差値75 19245人中 1位(8曲目)

(47)Jupiter 920点 偏差値69 13415人中 343位

(48)HANABI 857点 偏差値52 80112人中 31227位

(49)男の子女の子 943点 偏差値75 1723人中 1位(9曲目)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ