2011/5/2

世界フィギュア2011  フィギュアスケート

 2011年4月27日

 チャンが大差でトップ、2位に織田、3位に高橋
 小塚は6位

 フィギュアスケートの世界選手権がロシアのモスクワで開幕し、27日に男子シングルのショートプログラムが行われ、織田信成(関大大学院)が81.81点で2位と好スタートを切った。日本勢初の2連覇に挑む高橋大輔(関大大学院)が80.25点で3位、全日本チャンピオンの小塚崇彦(トヨタ自動車)はトリプルアクセルで両手を着くミスなどがあり、77.62点で6位となった。
 パトリック・チャン(カナダ)が4回転のコンビネーションジャンプを決めるなど、完ぺきな演技で93.02点をマークし首位に立った。

 <男子SP最終順位>

 (1)93.02 パトリック・チャン(カナダ)
 (2)81.81 織田信成(日本)
 (3)80.25 高橋大輔(日本)
 (4)78.34 アルトゥール・ガチンスキー(ロシア)
 (5)77.64 フローラン・アモディオ(フランス)
 (6)77.62 小塚崇彦(日本)
 (7)77.50 ミハル・ブレジナ(チェコ)
 (8)75.94 トマシュ・ベルネル(チェコ)
 (9)71.29 ブライアン・ジュベール(フランス)
(10)71.00 デニス・テン(カザフスタン)
(11)70.54 リチャード・ドーンブッシュ(米国)
(12)70.45 ライアン・ブラッドレイ(米国)
(13)70.40 ロス・マイナー(米国)
(14)69.16 ハビエル・フェルナンデス(スペイン)
(15)68.34 ケビン・バン・デル・ペレン(ベルギー)
(16)67.73 ペテル・リーバース(ドイツ)
(17)65.16 アントン・コワレフスキー(ウクライナ)
(18)64.59 サミュエル・コンテスティ(イタリア)
(19)64.36 ケビン・レイノルズ(カナダ)
(20)63.78 宋楠(中国)
(21)61.69 ジョーイ・ラッセル(カナダ)
(22)60.74 ヨリック・ヘンドリックス(ベルギー)
(23)58.96 パオロ・バッキーニ(イタリア)
(24)58.81 キム・ルシーヌ(モナコ)

 <以上24名がフリーに進出>

(25)58.41 アドリアン・シュルタイス(スウェーデン)
(26)56.68 ビクトール・ファイファー(オーストリア)
(27)56.19 キム・ミンソク(韓国)
(28)54.24 アレクサンデル・マヨロフ(スウェーデン)
(29)50.10 マキシム・シポフ(イスラエル)
(30)49.61 ミーシヤ・ジー(ウズベキスタン)

 2011年4月28日

 小塚が銀メダル!高橋は5位、織田は6位で翌年の3枠を獲得

 男子シングル・最終結果

 (1)280.98 パトリック・チャン(カナダ)
 (2)258.41 小塚崇彦(日本)
 (3)241.86 アルトゥール・ガチンスキー(ロシア)
 (4)233.61 ミハル・ブレジナ(チェコ)
 (5)232.97 高橋大輔(日本)
 (6)232.50 織田信成(日本)
 (7)229.68 フローラン・アモディオ(フランス)
 (8)227.67 ブライアン・ジュベール(フランス)
 (9)222.42 リチャード・ドーンブッシュ(米国)
(10)218.26 ハビエル・フェルナンデス(スペイン)
(11)217.93 ロス・マイナー(米国)
(12)216.87 トマシュ・ベルネル(チェコ)
(13)212.71 ライアン・ブラッドレイ(米国)
(14)209.99 デニス・テン(カザフスタン)
(15)205.59 ペテル・リーバース(ドイツ)
(16)201.64 アントン・コワレフスキー(ウクライナ)
(17)197.10 ケビン・バン・デル・ペレン(ベルギー)
(18)196.40 サミュエル・コンテスティ(イタリア)
(19)188.24 ヨリック・ヘンドリックス(ベルギー)
(20)187.23 ケビン・レイノルズ(カナダ)
(21)183.13 パオロ・バッキーニ(イタリア)
(22)176.09 宋楠(中国)
(23)171.93 キム・ルシーヌ(モナコ)
(24)168.73 ジョーイ・ラッセル(カナダ)

 キムがトップ、僅差の2位に安藤
 浅田は7位、村上10位

 女子・ショートプログラム結果

 (1)65.91 キム・ヨナ(韓国)
 (2)65.58 安藤美姫(日本)
 (3)61.62 クセニア・マカロワ(ロシア)
 (4)61.47 アリッサ・シズニー(米国)
 (5)59.75 アリーナ・レオノワ(ロシア)
 (6)59.75 カロリーナ・コストナー(イタリア)
 (7)58.66 浅田真央(日本)
 (8)57.22 レイチェル・フラット(米国)
 (9)55.09 キーラ・コルピ(フィンランド)
(10)54.86 村上佳菜子(日本)
(11)53.26 マエ・ベレニス・メイテ(フランス)
(12)52.73 サラ・ヘッケン(ドイツ)
(13)52.62 シンシア・ファヌーフ(カナダ)
(14)51.98 アメリー・ラコステ(カナダ)
(15)51.61 エレネ・ゲデバニシビリ(グルジア)
(16)50.25 ジョシ・ヘルゲション(スウェーデン)
(17)49.23 イーラ・ファヌト(ベルギー)
(18)48.20 チェルシー・リー(オーストラリア)
(19)47.89 耿冰娃(中国)
(20)46.28 エレナ・グレボワ(エストニア)
(21)45.99 ジェナ・マコーケル(英国)
(22)45.70 ユーリア・トゥルッキラ(フィンランド)
(23)45.68 イリーナ・モブチャン(ウクライナ)
(24)45.40 ビクトリア・ヘルゲション(スウェーデン)

 <以上、24名がフリーへ進出>

(25)44.59 ソニア・ラフエンテ(スペイン)
(26)42.19 カリーナ・ジョンソン(デンマーク)
(27)37.23 ベッティナ・ハイム(スイス)
(28)36.63 ダサ・グルム(スロベニア)
(29)35.73 ベリンダ・シェーンバーガー(オーストリア)
(30)33.70 ビクトリア・パブク(ハンガリー)

 安藤美姫が4年ぶりの女王返り咲き
 浅田は6位、村上8位

 女子シングル・最終結果

 (1)195.79 安藤美姫(日本)
 (2)194.50 キム・ヨナ(韓国)
 (3)184.58 カロリーナ・コストナー(イタリア)
 (4)183.92 アリーナ・レオノワ(ロシア)
 (5)182.25 アリッサ・シズニー(米国)
 (6)172.29 浅田真央(日本)
 (7)167.22 クセニア・マカロワ(ロシア)
 (8)167.10 村上佳菜子(日本)
 (9)164.80 キーラ・コルピ(フィンランド)
(10)156.24 エレネ・ゲデバニシビリ(グルジア)
(11)155.83 サラ・ヘッケン(ドイツ)
(12)154.61 レイチェル・フラット(米国)
(13)152.78 シンシア・ファヌーフ(カナダ)
(14)150.44 マエ・ベレニス・メイテ(フランス)
(15)149.08 ジョシ・ヘルゲション(スウェーデン)
(16)144.76 アメリー・ラコステ(カナダ)
(17)142.52 ビクトリア・ヘルゲション(スウェーデン)
(18)140.78 耿冰娃(中国)
(19)138.28 イーラ・ファヌト(ベルギー)
(20)136.68 ユーリア・トゥルッキラ(フィンランド)
(21)133.65 チェルシー・リー(オーストラリア)
(22)124.78 エレナ・グレボワ(エストニア)
(23)123.15 イリーナ・モブチャン(ウクライナ)
(24)121.76 ジェナ・マコーケル(英国)

 高橋/トラン組は6位
 ホウ清/トウ健組がトップ

 フィギュアスケートの世界選手権は27日にロシアのモスクワで開催され、ペアのショートプログラムでは日本の高橋成美(木下工務店ク東京)/マービン・トラン(カナダ)組が59.16点をマークし6位スタートとなった。
 首位は前回大会優勝のホウ清/トウ健組(中国)で74.00点。川口悠子/アレクサンドル・スミルノフ組(ロシア)は62.54点で5位に入った。
 フリーは28日に行われる。

 <ペアSP最終順位>

 (1)74.00 ホウ清/トウ健(中国)
 (2)72.98 アリョーナ・サブチェンコ/ロビン・ゾルコビー(ドイツ)
 (3)70.35 タチアナ・ボロソジャー/マキシム・トロンコフ(ロシア)
 (4)64.64 ベラ・バザロワ/ユーリ・ラリオノフ(ロシア)
 (5)62.54 川口悠子/アレクサンドル・スミルノフ(ロシア)
 (6)59.16 高橋成美/マーヴィン・トラン(日本)
 (7)58.83 メーガン・デュハメル/エリック・ラッドフォード(カナダ)
 (8)58.76 ケイトリン・ヤンカウスカス/ジョン・コフリン(米国)
 (9)57.63 ステファニア・ベルトン/オンドレイ・ホッタレク(イタリア)
(10)56.86 クリステン・ムーア・タワーズ/ディラン・モスコビッチ(カナダ)
(11)54.64 アマンダ・エボラ/マーク・ラドウィグ(米国)
(12)53.90 メイリン・ハウシュ/ダニエル・ウェンデ(ドイツ)
(13)52.25 張悦/王磊(中国)
(14)49.29 董慧博/忤一鳴(中国)
(15)45.20 クララ・カドレコワ/ペトル・ビダジュ(チェコ)
(16)44.35 ナタリヤ・ザビヤーコ/セルゲイ・カルバク(エストニア)

 <以上16組がフリーに進出>

(17)44.14 ステイシー・ケンプ/デビッド・キング(英国)
(18)43.92 アドリーヌ・キヤナック/ヤニック・ボヌール(フランス)
(19)38.20 リュボーフィ・バキロワ/ミカライ・カミヤンチュク(ベラルーシ)
(20)37.43 ダニエレ・モンタルバノ/エフゲニー・クラスノポルスキ(イスラエル)
(21)35.34 スティナ・マルティーニ/セベリン・キーファー(オーストリア)
(22)30.10 アレクサンドラ・マラコワ/レリ・ケンチヤジェ(ブルガリア)

 高橋/トラン組は9位に終わる

 フィギュアスケートの世界選手権は28日、ロシアのモスクワで行われ、ペアのフリーでは日本の高橋成美(木下工務店ク東京)/マービン・トラン(カナダ)組が100.94点とし、合計160.10点で9位に終わった。
 優勝はショートプログラムで2位だったサブチェンコ/ゾルコビー組(ドイツ)で合計217.85点。2位はボロソジャー/トロンコフ組(ロシア)、3位はホウ清/トウ健組(中国)、4位には川口/スミルノフ組(ロシア)が入った。

 (1)217.85 アリョーナ・サブチェンコ/ロビン・ゾルコビー(ドイツ)
 (2)210.73 タチアナ・ボロソジャー/マキシム・トロンコフ(ロシア)
 (3)204.12 ホウ清/トウ健(中国)
 (4)187.36 川口悠子/アレクサンドル・スミルノフ(ロシア)
 (5)187.13 ベラ・バザロワ/ユーリ・ラリオノフ(ロシア)
 (6)175.94 ケイトリン・ヤンカウスカス/ジョン・コフリン(米国)
 (7)173.03 メーガン・デュハメル/エリック・ラッドフォード(カナダ)
 (8)163.17 クリステン・ムーア・タワーズ/ディラン・モスコビッチ(カナダ)
 (9)160.10 高橋成美/マーヴィン・トラン(日本)
(10)157.15 ステファニア・ベルトン/オンドレイ・ホッタレク(イタリア)
(11)155.91 アマンダ・エボラ/マーク・ラドウィグ(米国)
(12)149.65 メイリン・ハウシュ/ダニエル・ウェンデ(ドイツ)
(13)147.38 張悦/王磊(中国)
(14)137.75 董慧博/忤一鳴(中国)
(15)132.51 クララ・カドレコワ/ペトル・ビダジュ(チェコ)
(16)126.56 ナタリヤ・ザビヤーコ/セルゲイ・カルバク(エストニア)

 リード組は13位
 バーチュー/モイアー組が首位

 フィギュアスケートの世界選手権は29日、ロシアのモスクワで行われ、アイスダンスのショートダンスでは日本のキャシー・リード/クリス・リード組(木下工務店ク東京)が54.86点で13位となり、30日に行われるフリーダンスへの進出を決めた。
 首位はバンクーバー五輪金メダルのテッサ・バーチュー/スコット・モイヤー組(カナダ)で74.29点。2位はメリル・デービス/チャーリー・ホワイト組(米国)で73.76点だった。

 <アイスダンスSD最終順位>

 (1)74.29 テッサ・バーチュー/スコット・モイヤー(カナダ)
 (2)73.76 メリル・デービス/チャーリー・ホワイト(米国)
 (3)70.97 ナタリー・ペシャラ/ファビアン・ブルザ(フランス)
 (4)66.88 マイア・シブタニ/アレックス・シブタニ(米国)
 (5)65.88 エカテリーナ・ボブロワ/ドミトリー・ソロビエフ(ロシア)
 (6)65.51 エレーナ・イリニフ/ニキータ・カツァラポフ(ロシア)
 (7)65.07 ケイトリン・ウィーバー/ アンドリュー・ポジェ(カナダ)
 (8)64.12 アンナ・カッペリーニ/ルカ・ラノッテ(イタリア)
 (9)61.47 マディソン・チョック/グレッグ・ザーレイン(米国)
(10)61.01 バネッサ・クローネ/ポール・ポイリアー(カナダ)
(11)57.68 ペルネル・キャロン/ロイド・ジョーンズ(フランス)
(12)55.53 ネリー・シガンシナ/アレクサンドル・ガシー(ドイツ)
(13)54.86 キャシー・リード/クリス・リード(日本)
(14)53.16 イザベラ・トビアス/デイビダス・スタグニウナス(リトアニア)
(15)52.31 シオバン・ヘーキン-カネディ/アレクサンドル・シャカロフ(ウクライナ)
(16)52.17 黄欣トン/鄭迅(中国)
(17)51.75 ペニー・クームズ/ニコラス・バックランド(英国)
(18)49.80 シャルレーヌ・ギニャール/マルコ・ファブリ(イタリア)
(19)49.44 アリソン・リード/オタル・ジャパリゼ(グルジア)
(20)46.73 ルイーズ・ウォルデン/オーウェン・エドワーズ(英国)

 <以上20組がフリーに進出>

(21)45.41 ドラ・ツロクチ/バラズ・メジャー(ハンガリー)
(22)45.02 ルーシー・ミスリチェコワ/マチェイ・ノバク(チェコ)
(23)44.98 サラ・ウルタード/アドリア・ディアス(スペイン)
(24)44.43 ブローク・エリザベス・フリエリング/リオネル・ルミ(イスラエル)
(25)41.58 ラモナ・エルゼナー/フロリアン・ロースト(スイス)

 リード組は13位
 デービス/ホワイト組が初優勝

 フィギュアスケートの世界選手権(ロシア・モスクワ)は30日、アイスダンスのフリーダンスが行われ、日本のキャシー・リード/クリス・リード組(木下工務店ク東京)が総合133.33点で13位となった。
 バンクーバー五輪銀メダルのメリル・デービス/チャーリー・ホワイト組(米国)がショートダンス2位から逆転し、総合185.27点で初優勝を飾った。同五輪金メダルのテッサ・バーチュー/スコット・モイヤー組(カナダ)が総合181.79点で2位。3位には総合163.79点をマークしたマイア・シブタニ/アレックス・シブタニ(米国)組が入り、北米勢が表彰台を独占した。

 <アイスダンスFD最終順位>

 (1)185.27 メリル・デービス/チャーリー・ホワイト(米国)
 (2)181.79 テッサ・バーチュー/スコット・モイヤー(カナダ)
 (3)163.79 マイア・シブタニ/アレックス・シブタニ(米国)
 (4)163.54 ナタリー・ペシャラ/ファビアン・ブルザ(フランス)
 (5)160.32 ケイトリン・ウィーバー/ アンドリュー・ポジェ(カナダ)
 (6)160.23 エカテリーナ・ボブロワ/ドミトリー・ソロビエフ(ロシア)
 (7)154.50 エレーナ・イリニフ/ニキータ・カツァラポフ(ロシア)
 (8)153.77 アンナ・カッペリーニ/ルカ・ラノッテ(イタリア)
 (9)151.86 マディソン・チョック/グレッグ・ザーレイン(米国)
(10)151.13 バネッサ・クローネ/ポール・ポイリアー(カナダ)
(11)140.95 ネリー・シガンシナ/アレクサンドル・ガシー(ドイツ)
(12)140.86 ペルネル・キャロン/ロイド・ジョーンズ(フランス)
(13)133.33 キャシー・リード/クリス・リード(日本)
(14)131.01 イザベラ・トビアス/デイビダス・スタグニウナス(リトアニア)
(15)128.70 シオバン・ヘーキン-カネディ/アレクサンドル・シャカロフ(ウクライナ)
(16)126.29 ペニー・クームズ/ニコラス・バックランド(英国) 
(17)123.01 黄欣トン/鄭迅(中国)
(18)120.11 アリソン・リード/オタル・ジャパリゼ(グルジア)
(19)120.02 シャルレーヌ・ギニャール/マルコ・ファブリ(イタリア)
(20)116.52 ルイーズ・ウォルデン/オーウェン・エドワーズ(英国)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ