2012/5/16

消費税の廃止  消費税


 消費税の廃止

 消費税が導入されて、国の財政が良くなっているのなら、消費税増税もあり得る。
 しかし、消費税が導入されてから逆に国の財政赤字が肥大化しているということからすると、消費税増税は間違った選択で、消費税廃止が正しい選択ではないだろうか。
 物を買うたびに税金を払うという制度はおかしな制度だと思う。
 サラリーマンは、給料をもらった時点で既に所得税、住民税を徴収されている。
 残ったお金で何か買えばまた消費税を取られるというのは、多重課税である。
 お金のあるところからお金を取る、お金のないところからはお金を取らないということを基本にして税金を取るべきだと思う。
 小中高公立校の授業料を1人1か月当たり1万円徴収する。
 30人学級として1クラス当たり30万円集まれば担任の先生の月給に充てられるので、財政負担が少なくなる。
 ただし、預金引き落とし不能の場合は授業料を免除する。
 消費税を廃止し、預貯金税を新設する。毎月月末に預金残高の0.5%を預貯金税として徴収する。
 家電製品等の廃棄処分は無料とする。
 買い換えが思うように進まないのは、古い機材を廃棄処分するときに費用がかかるからである。
 気軽に家電製品の買い換えができるように、廃棄処分の費用は無料にする。
 貸付利息は年5%以内を基本として、10%以上は違法とする。
 消費税を廃止して消費を促進する。
 預貯金に対して年6%の預貯金税を課する。
 利息制限法を改正して、貸付利息は年5%以内を基本にして、年10%以上の高金利については違法とする。
0

2012/5/13

預貯金税の創設  消費税


 預貯金税の創設

 本来税金は、収益に対して課するべきものだと思います。

 すなわち、収入から支出を引いて残った余剰に対して応分の負担をすべきものだと思います。

 物を買った人、お金を使った人から5%取るというのが消費税です。

 お金を蓄えている人から税金を取るというのが預貯金税です。

 資産を持っている人から税金を取るというのが固定資産税です。

 ただ不動産を持っているというだけでは利益は出ません。

 不動産を使って商売したり、不動産を売却したり、不動産を貸して賃貸料を取ったりしたときに利益が出ます。

 利益が出ていないところから税金を取るのはおかしいと思います。

 酒を買った人から取るのが酒税です。

 たばこを買った人から取るのがたばこ税です。

 飲酒喫煙税と言ってもよいかもしれません。

 給料をもらった人から天引きで取っているのが所得税、住民税です。

 本来税金は、収入に対して課するものではなくて、収入(給料)から支出(様々な支払い)を差し引いて残った金額に対して課すべきものだと思います。

 一番取るべき預貯金から1円も税金を取らないのは不自然だと思います。

 ということで、消費税は5%に据え置いて、新たに預貯金税を年6%課してはどうかと思います。

 毎月月末に0.5%ずつ預金口座から預貯金税を課してはどうかと思います。

 100万円に対して月5000円です。

 12か月で年に6%預貯金税を課してはどうかと思います。

 100万円に対して年6万円です。

 既に私たちは100万円の買い物に対して5万円の消費税を取られていますが、買い物をしないで貯金している場合でも年に6万円税金を取られるという制度です。

 税金はお金のあるところから取るという原則に合っていると思います。

 消費税が高くなると、なるべく消費をしないようにということで節約して貯金するようになるので、景気がますます冷え込みます。

 したがって、消費を促進するためには、消費税を上げないで預貯金税を創設することが必要だと思います。

 預金を減らされてはたまらんという人は、月末までに全額預金を引き下ろせばよいのです。

 お国の借金の返済のために仕方ないということで預金をおろさない人からは、預貯金税を月0.5%いただけばどうかと思います。

 預金のない人からは税金を取ってはいけません。また、貸付利息は年10%以内に制限すべきだと思います。 
0

2012/5/12

国の借金  消費税


 国の借金過去最大 2011年度末959兆円

 財務省は10日、国債や借入金などを合わせた2011年度末の国の借金の残高が959兆9503億円になったと発表した。
 2010年度末に比べて35兆5907億円、2011年12月時点から1兆3118億円増えて、過去最大を更新した。
 長期国債を中心に普通国債の発行が増えたことや、短期の借入金が増えた。
 総務省発表の2012年4月1日時点の日本の総人口1億2765万人で割ると、国民1人当たりの借金は約752万円になる。
 残高の内訳は、国債が789兆3420億円、借入金が53兆7410億円、政府短期証券が116兆8673億円だった。
 このうち国債が2010年度末に比べて約30兆円増加した。
 毎年の多額の新規国債の発行により国の借金が積み上がっている。
 2012年度の当初予算では、新規国債の発行額が44兆2440億円に上るほか、復興債や年金交付国債も発行する方針である。
 財務省は、今後も普通国債の発行や政府短期証券の増加が続くため、2012年度末の借金残高は、為替介入の際に発行する外国為替資金証券を限度枠いっぱいの195兆円まで発行した場合、1085兆5072億円まで膨らみ、1000兆円の大台を超える見通しとしている。
 消費税を100%にして、消費税以外の課税を一切廃止するというのも一つの選択肢である。
 消費するということはお金があるということであり、お金持ちほどたくさん買い物をしてたくさん税金を払うということである。
 お金のない人から税金を取るということはなくなる。
0

2010/7/11

消費税  消費税

 消費税の5%は、できるだけ維持してほしいですね。

 それと、1つの収入、1つの物に対して、何重にも課税することはやめてほしいと思います。

 例えば、不動産を買って消費税を払ったら、固定資産税は払わなくてもいいようにしてほしいと思います。

 給料天引きで住民税や所得税を取るなら、消費税は取らないでほしいと思います。

 仮にいろんな方法で課税するにしても、負担にならないようにしてほしいと思います。

 今まで計算したことがなかったのですが、ボーナスに対する所得税は、実に16%でした。クレジットカードの年利並みの課税です。

 こんなに取らないと世の中が回っていかないのでしょうか。

 こんなふうにお金が右から左に消えていくので、手元には残りません。

 できることなら、消費税も所得税も住民税もクレジットカードの年利も、すべて5%にしてほしいと思います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ