2009/4/23

ひとつの仕事の終わり  

今日、2009年4月23日、午後13時 最後の製品が出荷されて、6年間、

頑張ってきた1つの仕事が何も大きなトラブルを起こす事無く無事に終わった。

2003年8月1日 新しい技術習得する為に、選抜メンバー23名と他工場へ 

その辞令があったのは、出向する10日前のこと、急遽、私は会議室に呼ばれて、

このプロジェクトの件を聞かされた。 そして、第一声の言葉が、

『このプロジェクトは絶対に失敗が許されないから、社運かかっているからな』から

始まり、詳細が聞かされた。

クリックすると元のサイズで表示します


その実習までの10日間の間で、今までの仕事の引継ぎ、選抜メンバーひとりひとり

と面談と説明会、そのメンバーが住むアパート探し、家電製品の準備に休み返上で

追われた。そして、慌しい中でスタートを切った実習  

絶対に失敗は許されないと言い渡された理由は、大変、高価な製品だった為、

問題を起こしたら莫大な賠償問題になってしまう為。

それから、8ヵ月間、メンバーの取りまとめしながら、実習、新しいラインの作成

する為の準備のワークに追われまくった。この時はもの凄いハードだった思い出。

そんな時期、私には目珍しく、よく仕事が終わった真夜中に、メンバーと一緒に

居酒屋で酒を飲んでたりと。。。早く寝たら良かったのだが、頭がさえきってしまい、

逆に酒を飲まないと夜なかなか寝れない日々だった。今は全く飲まない日々。。。

クリックすると元のサイズで表示します


仕事机のパソコンで、この6年間の仕事を支えてくれたメンバー全員の名簿一覧表を

開いてみた。総勢137名 

今は新しい部署で頑張っている方達、身体が悪くて辞められた方達、

不景気で派遣契約切られた方達、仕事の適正が合わず辞めた方達、

新しい会社に就職された方達、県外の故郷へ帰った人達、結婚で退職された方達

筋の通らない仕事をやって、何度も注意するが、最後は私が怒鳴り辞めた方達、

癌でありながらも亡くなられる1ヶ月前まで働いてくれた方、 

うつ病で悩み、一緒に仕事しながら治療した方、

借金が膨れあがり、取立てに逃げてた方を、夜、都町のジャングル公園で、

7時間張り込み、本人を捕まえ、心配する御両親の元に連れ戻したりと

本当に、いろんなメンバーがいたけれど、一緒に仕事が出来たことも、

何かの縁だし、自分なりに一生懸命、接してきたつもりでいます。

厳しさもあったけれど、それ以上の笑いも多く持ちながら接してきた。

クリックすると元のサイズで表示します


3年前、その部署の忘年会をした時に、会社を辞めた方達もたくさん来てくれて、

総勢60人 本当に嬉しいかったし、 

今でもその部署の仕事してた時が、1番楽しいかったと言ってくれる言葉。。。

全て本当にありがたく思います。

みんなみんな、ありがとう。無事に大きなクレームもなく、終える事ができました。

本当にみんなありがとう。 

本当に勉強になった6年だったと思うし、生涯忘れる事のない時間でもある。

明日からは、片付けに取り掛かります。次の仕事をされる次世代の方達の為に。
20



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ