2009/3/18

時間は平等  

15歳の時から20歳まで、父親の友人の方から頂いた一眼レフで、

月や星、風景の写真をたくさん撮っていた。

20歳の時、写真コンテストに出した時、偶然にもまぐれで入賞


一昨年からまたカメラを手にした時、写真を撮っていて良く思っていたのは、

20歳からそのまま写真を撮る事を、自分の将来の仕事に選択してたら

どうなっていたのかなって。また違う人生があったのかなって思う。


人には必ず、いくつものターニングポイントがある。

その見極め、判断、決断って、結構、勇気と力がいるものです。

こんな事をしててもいいのか? 回りに反対されないだろうかと

自分の選択は、間違っている?いない? 

いや やっぱり無難に無難に行こう 諦めて守りに入ってしまう。


それでいつか自分が人生振り返った時、

やっぱり、あの時、あーしとけば良かった、こーしとけば良かったと

後悔するのでしょうね。


本当に自分のやりたい仕事で、ご飯を食べられている人ってどのくらいいるのかな?

同じ時間を費やすでも、毎日の充実感が違うでしょうね。

私が24歳の時、仕事の関係上、学校に1年入りましたが、

給料をもらいながら、講義の間に居眠りをする人間がいるのは失礼ではないかと

クラスの中で大論議になった事があり、今後の方針含めて話し合いが。。。

私の主張は

『みんな、いい大人なんだから、こんな話し合いが本当に必要なのか?

 勉強する時間は、個人個人、平等にあるんだから、その時に寝ていようが、

 起きて勉強していようが、自由でいいじゃないかと。子供じゃないし、

 頑張ってない人は、必ずそのツケが回ってくるし、その時に後悔する』と言った。

一部の人からは、自分さえ良ければ良いのかと反対論もあったが、

寝てる人間も、自分さえよければといいと思い、寝ているのだし、ガキではない!

と言い返したところ、所長が急に割り込んできて、私の意見に賛成してくれた。

『勉強する時間は平等だ、給料もらってて居眠りする人間が非常識!

 そんな人間はこの組織に必要ないから外れてもらおう』と結論づけた。


私は今でもその考えは変わっていない。与えられた時間を大切にしていきたいと。
0

2009/3/17

人間の進化  

古代ギリシャの哲学者が『人間の進化』について説いた言葉がある。


『人間は、他の動物に比べて、失敗して来た事を、教訓とする能力が

 すごく優れていたからこそ、ここまで人間は進化し、発展する事ができた』と


誰でも、いつもうまくいく事ばかりではない、当然、うまくいかず失敗もある。

だけど、その失敗があったからこそ、次に進む時の『教訓』が生まれる。

いかに自分の中で、その教訓をしっかり受け止められるかが大切なんでしょうね。

過ぎて終わった事をくよくよ悩むより、次に前向きに進もう!と気持ちの切換えも


私は、父親から小さい頃、よく言われていたことは

『常に10年先の自分を想定して、今を考え、行動しないといけない』と。

つまり自分の目標をしっかり立てて、それを達成するためには

今は何をしないといけないかを考え、理論ばかりでなく、実際に行動して、

失敗の連続でも、何かを学べる事がきっとある。

その学んだ事が10年後にいきてきたら、失敗も勉強勉強。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ