アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2009/7/24

クラシックホテル 奈良ホテル 建物編  旅行

奈良に泊まるなら奈良ホテルと決めていた。
クラシックホテルが大好きだから。

実際、期待を裏切らない素敵なホテルでしたよ!


奈良ホテル http://www.narahotel.co.jp/

クリックすると元のサイズで表示します

住所:奈良県奈良市高畑町1096 地図はこちら
TEL:0742-26-3300
チェックイン 15:00  チェックアウト 11:00
奈良駅から徒歩25分または車で8分
近鉄奈良駅から徒歩15分または車で5分
駐車場/乗用車150台(無料)

  クリック!→  ←楽天トラベル 口コミ☆4.5!



奈良ホテルとは:byウィキペディア
今年2009年10月で創業100年を迎える。
荒池の畔の小高い丘にある大乗院跡地に建っており、興福寺・奈良公園など観光地にも近い。
本館の建築は東京駅や日本銀行で知られる辰野金吾・片岡安による設計で
桃山御殿檜造りの木造2階建て瓦葺き。現在も創業当時のものである。
かつては国営(鉄道省直営)で関西における迎賓館的役割をになっていた。
今日でも著名人が多く宿泊し、皇族の奈良宿泊の際にはこのホテルが利用されることが専らである。廊下には上村松園、前田青邨らの絵画が飾られている。

当初は暖炉を暖房に用い、屋根に多数の煙突が設けられていた。
大正時代にスチームヒーターを導入した際にこれらの暖炉は廃止され、
煙突は撤去されたもののロビーをはじめ各所に設けられていたマントルピース
現在に至るまで存続している。

1970年に開催された日本万国博覧会に備えて収容力の拡大を図るべく、
本館食堂の南側に高層ビル形態の新館建設を計画し基礎工事まで済ませたが
景観保護にかかる諸条例の規制区域であったためこれは中止となり、
その基礎を生かして近代的な外観の半地下式グリルが新設され、
これに伴い不要となったラウンジが撤去されるに留まった。

この際、当初計画に対する収容力の不足を補うため、
同時期に建設が計画された近鉄奈良駅ビルの上層階を別館として1970年に営業開始したが、
これは1984年のわかくさ国体、および1988年の「なら・シルクロード博覧会」の開催を控え、
1984年に本館の建つ高台の南側傾斜面を削り込んで埋め込む形で鉄筋コンクリート造りの新館を国鉄の設計による吉野造りで建設したことでその必要性が大幅に低下し、「なら・シルクロード博覧会」閉幕後もしばらくは営業を続けたが、結局1991年にこの別館は閉鎖されている。

クリックすると元のサイズで表示します 道路からの入口
ここから玄関までのぼり坂
クリックすると元のサイズで表示します 本館(宿泊部分) 

クリックすると元のサイズで表示します ロビー

クリックすると元のサイズで表示します ロビーの暖炉
何故か鳥居

クリックすると元のサイズで表示します 桜の間

クリックすると元のサイズで表示します 2階踊り場
シャンデリアは当時のもの
クリックすると元のサイズで表示します 本館客室前廊下

泊まるなら本館(木造)でしょ。
というわけで朝食付きプランで本館スタンダードツインに宿泊(2名一室で1人27000円)
本館は木造建築のため全室禁煙だ。

外から見ていて新館がどこにあるのかわからなかった
ホテルの本館の中を歩いていてもわからない。
家に帰ってネットで何かの写真を見てビックリ!
正面玄関に向かって左側の建物が新館で、
お部屋は地下にあるのだ。

上のウィキペディアにある通り、崖になっているので、ちゃんと窓がある。
なので本館の1階が新館の5階に当る。面白いね!


それにしても面白いのはロビーの暖炉(マントルピース)に鳥居。
泊まったお部屋にもマントルピースが残されていた。

次は泊まったお部屋について。
4



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2011/8/26  15:55

 

奈良ホテルのビーフカレー



夏のお届け物に奈良ホテル
のビーフカレーをいただきました。
昔、奈良ホテルで一度だけ、ティーラウンジ
でお茶を飲んだことがある。
レトロな感じが心地よかったのを思い出します。



              奈良ホテ 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ