アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2012/7/14

中国旅行4日目 中国の新幹線で瀋陽駅へ  旅行

4日目は移動日。
朝9時にホテルを出発して長春駅から新幹線に乗って瀋陽駅へ。
所要時間は2時間。その後、バスにて丹東へ。

●その前に有志で太極拳
ホテルの近くにある公園へ。とは言っても片道徒歩15分くらい。

大通りを渡るのに、信号がないんです! だからもう命がけ!

最近裕福層の増加に伴い、当然車も増えて交通事故が多発しています。
日本と違って、人優先ではなく車優先。轢かれたら人が悪いということに。。。こわっ

クリックすると元のサイズで表示します
この辺も建設ラッシュ。
ちょっと前のビルと高級マンションの違いがわかるかなあと思って写真撮りました。
奥の茶色のマンションが高級感あふれる作り。
でもどこもこんな感じの西洋風(?)マンションばっかり建ててます。
流行ってことかな?

クリックすると元のサイズで表示します
南湖公園

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
時間がないので、入り口近くで太極拳開始。ゆるゆる〜

●ホテル出発

クリックすると元のサイズで表示します
こんな風に車の渋滞。駅まで15分くらいの距離なのに、どんくらいかかったっけ?
っていうくらいかかりました。

クリックすると元のサイズで表示します
途中繁華街を通ったので写真に収めました

クリックすると元のサイズで表示します
満州時代の建物が見えてきました ここは当時、関東軍司令部があったところ。
今でも満州時代の建物は役所とか病院として使われています。

残念ながら、今回の旅行ではラストエンペラー「愛新覚羅溥儀」の宮殿だった
偽皇宮にはいけませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
長春駅到着

クリックすると元のサイズで表示します
駅前の様子

●中国の新幹線に乗る
クリックすると元のサイズで表示します
長春駅の入り口 入ったら荷物チェックを受けてエスカレーターで上階へ

クリックすると元のサイズで表示します
指定券の人は特別待合室に入れるのかな?
ここでお土産の白酒(パイチュウ)ミニ購入

クリックすると元のサイズで表示します
この部屋の一角にさらに高級待合ブースあり

クリックすると元のサイズで表示します
駅のホームはまだ完成しておらず。
指定席券をお持ちの方は行儀よく並んでおりました。
やっぱり裕福層だから教育が行き届いているのかしら?

新幹線内の通路はさんでお隣には、おばさんが座ってらしたのですが、
お話が出来て、女医さんだとわかりました。
今はリタイアして別荘と自宅を行き来。
見かけは普通のおばさんだけど、よく見るとコーチのバック持ってたりして
ああ、やっぱり裕福層なんだとわかります。

クリックすると元のサイズで表示します
中国高速鉄道
これがその新幹線じゃ! 日本のにそっくり!

クリックすると元のサイズで表示します
今回の切符 TH○の数字がパスポート番号だけれど、手違いで私の番号ではありません。
それでも乗れましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します
ここはどこじゃ? 中も日本の新幹線そっくりじゃん!
我らがチョコなんぞ食べてる間、みなさん、野菜を持参されてて
きゅうりぼりぼり、フルーツ食べたりしてました。

クリックすると元のサイズで表示します
瀋陽駅到着 写真は駅前の様子
どこもかしこも工事中。荷物ごろごろ、階段持ち上げて大変でした。

●ランチ

クリックすると元のサイズで表示します
柏晶酒店

クリックすると元のサイズで表示します

●瀋陽から車で3時間かけて丹東へ&トイレ事情
クリックすると元のサイズで表示します
毛沢東の像をよく見かけます

クリックすると元のサイズで表示します
高速道路途中のトイレ
ここのは胸くらいまでの扉。カギ付いてるけど掛からない

クリックすると元のサイズで表示します
中国国内は下水道がうまくいってないので、紙を流せません
これは高級ホテルに行っても同じ事。
自分の部屋のトイレがすぐつまっちゃったらいやでしょ。
だから近くにあるかごにティッシュを捨てます。
キレイな話ではありませんが、日本のティッシュみたいな薄っぺらだと
すぐしみてしまうので、こちらの紙はまるで食事に使うナプキンのように
大きくて厚いのです

まあ、15年前に中国に行ったときに比べたらトイレはきれいになったもんです
それにしても これはどっち向きでするもんなんでしょう?
よくわからないまま帰国しました

クリックすると元のサイズで表示します
丹東到着。ここも建設ラッシュ!

●ホテルチェックイン後 晩御飯

クリックすると元のサイズで表示します
鴨緑江大厦(オウリョクコウタイカ) 4つ星ホテル

クリックすると元のサイズで表示します
お部屋 ちなみに長春の紫荊花飯店の方がいい感じ

クリックすると元のサイズで表示します
晩御飯の店の前にあったバス停

クリックすると元のサイズで表示します
今日の晩御飯の店名、不明

クリックすると元のサイズで表示します
日本の製薬会社方々と広島大学の方々と合流したので
でっかい円卓で。20人以上座れます

クリックすると元のサイズで表示します
珍品!蚕(かいこ)に挑戦!
滋養強壮ってことで補腎

クリックすると元のサイズで表示します
中を食べるらしいです〜 よく知らずに殻も食べちゃいました。
ちなみにおいしくはないですが、ここの名物料理なのです

クリックすると元のサイズで表示します
次なる珍品。これはデンデンムシと聞きましたが本当かな?
エスカルゴっていうとまあいいかなと思いますが、やっぱりでかくてグロいと引きますな

クリックすると元のサイズで表示します
刺身を出してくれたのはいいけれど、色鮮やかでして。
写真ではよくわからないと思いますが・・

ここ丹東は北朝鮮との境にある都市
鴨緑江は川の名前ですが、この川を渡るとそこはもう北朝鮮。
北朝鮮と中国を渡す鉄橋が有名。ここの観光については6日目参考のこと。
0
タグ: 中国



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ