アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2012/7/15

中国旅行5日目 石柱人参栽培見学  旅行

5日目は石柱人参の栽培見学。
天気がよくなかったのもありますが、
本当は虎山長城(万里の長城です)や水豊ダム見学も合ったはずでした。
予定は未定。栽培見学で一日終了。

●ホテルの朝食

クリックすると元のサイズで表示します
バイキング

●車で石柱村へ出発

クリックすると元のサイズで表示します
ごらんの通り、雨です。
この鴨緑江の向こう側に見えるのが北朝鮮。
家が建ってますが、そこは中州にあたり、誰も住んでないそうです。
北朝鮮の話は次回に詳しくするとして、

クリックすると元のサイズで表示します
寄るはずだった虎山長城。万里の長城。

クリックすると元のサイズで表示します
車からは見えたけど、写真にはうまくおさまりませんでした

クリックすると元のサイズで表示します
途中トイレ休憩。ったって山ん中。何にもないから傘で隠して道端で。。。

クリックすると元のサイズで表示します
やった〜着いた〜と思ったら、ここは売店。
石柱人参と蜂蜜を売ってました。
栽培してる様子が上から見えるからここに寄ったみたい。説明あり。

クリックすると元のサイズで表示します
このように段々畑状態で人参を栽培しています
ここの日当たり具合や土の状態がとてもいいのだそうな。

クリックすると元のサイズで表示します
石柱村到着。めっちゃ遠かった。
これが伝説の石柱。
なんでも100年前って言ったかな?
野生の人参を探しに来た夫婦がようやくこの地で見つけ、
10数年後にまた来るための目印として、石の柱を建てその近くに木を植えたのだそうな。
当時も今も野生の人参は超高級品
あ、当時は皇帝周辺しか手に入らないものか。

クリックすると元のサイズで表示します
ここからは車を降りて軽い登山です 小一時間歩きましたかしら?

クリックすると元のサイズで表示します
上に見えるのが栽培場所

クリックすると元のサイズで表示します
これで15年ものだそうです

クリックすると元のサイズで表示します
特別に抜いて見せていただきました。
案外すんなり抜けちゃうのでびっくり。
これを乾燥させて生薬として使うわけですな。

クリックすると元のサイズで表示します
この村の農家の様子。家畜を飼ってるし、トイレは別棟にあって
都会の建築ラッシュとは程遠い、昔ながらの生活ぶりです。
私は15年前の旅行を思い出しました。みんなこんな感じだったもんなあ。

クリックすると元のサイズで表示します
農家から直接人参を購入。この額入りはサロンに飾ってあります。

クリックすると元のサイズで表示します
このざるに入ってるシリーズは2つ購入して、中医アロマの友人へのお土産に。

石柱人参とお土産の詳細は→ http://red.ap.teacup.com/tabizuki-naho/1713.html

●ランチ

クリックすると元のサイズで表示します
山奥なので、食事をする場所がありません。
公民館みたいなところに、農家のみなさんお手製のお食事が振舞われた様子。
状況よくわかってなくてすみません。
これがすっごく美味しかった。
出発するわよ〜と言ってるのにいつまでも食べてました。

しかし、たぶんここの水がいけなかったんだと思う・・・

クリックすると元のサイズで表示します
中国の製薬会社と広島大学が共同開発した新しい健康飲料を試飲させていただきました。
なんと第一号!美味しかった〜。

クリックすると元のサイズで表示します
最後にお粥。これはコーリャンってやつか?これも素朴で美味。

クリックすると元のサイズで表示します
これがこの公民館のトイレです。建物の外にあります。
男女別々ではありますが、隣同士。
鉄格子から丸見えでございます。んでもってぼっとんです。

クリックすると元のサイズで表示します
戻ってきました丹東。駅の前には恒例の毛沢東さん。

●晩御飯

クリックすると元のサイズで表示します
この日は翌日の満州族の医療会合の前祝パーティにお呼ばれ。
われらが猪越先生がこちらの会合で講演をするのです。

クリックすると元のサイズで表示します
この川沿いには北朝鮮国営のレストランがあり、そのひとつで晩御飯。
ショーが続いています。

クリックすると元のサイズで表示します
今日もご馳走

クリックすると元のサイズで表示します
このナマコのでかいこと!日本のナマコは歯ごたえがありますが、
こちらのナマコはぐにゅぐにゅ。コラーゲンのゴムって感じ。
やっぱ美味いものではありませんのう。しかし食べましたよ!

クリックすると元のサイズで表示します
鴨緑江の夜景。こちら側はにぎやかですが、川向こう北朝鮮はまっくらです。

●ホテルのマッサージ

クリックすると元のサイズで表示します
ホテルのマッサージルームでマッサージしてもらいました。
服着たままボディ60分で確か日本円で1200円くらいだったかな。
痛かった〜
0
タグ: 中国



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ