アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2012/11/1

超臨界流体抽出法の精油  漢方アロマサロン開業への道

プランタン銀座のアロマテラピーフェア

昨日初日♪ 11月6日まで開催

アーユルヴェーダの精油(インド・ジャパン・マーケティングINDO AROMA)で、超臨界流体抽出法のものがたくさん出てました

超臨界流体抽出法とは
1970年終わりころから開発された新しい抽出法で、二酸化炭素などに高い圧力を加え、気体と液体の中間の流体(超臨界状態)としたものを溶剤として用います。この超臨界状態の流体の中に植物をおくと、植物の芳香成分が流体に溶け出し、次に流体の圧力を元に戻し気化させると芳香成分だけが残ります。これを「エキストラクト」と言います。この方法によれば、自然に近い香りを得ることができ、安全性も高いのですが装置が高価なため一般的な方法ではありません。


きゃ〜欲しい〜って思ってしまったのでパチュリーとベルガモットを購入。

パチュリー、全然香りが違うの!
普段あんまり好きじゃないけど、ここのは好きだわ。

って、本当はフランキンセンスの精油を買いに来たんでした。
ここのフランキンセンス(水蒸気蒸留法)は私の知っている香りじゃないと思って店員さんに聞いたら、
フランキンセンスは二種類あって、ここのはボディに効くタイプで
いつもの香りは精神に効くタイプだそうです。

そういやそういう勉強した気がする…

ボディに効く方がいいかもと思って、これも購入。
もちろんサロンのボディトリートメントで使いますよ♪

こちらの精油は 今日は精油2本目が半額。
しかも、AEAJ会員は全商品レジで更に10%off!


ほかにもニールズヤードのアウトレットが40%offだったり、
新しい精油の会社が出展してたりして、
あれもこれも欲しくてたまらず。やばいやばい♪

ん〜今日のブログはテンション高いわね〜

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 漢方 アロマ サロン



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ