アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2006/2/6

伊豆大島温泉の旅「大島温泉ホテル」と寿司「西川」  和食(蕎麦・鰻以外)

伊豆大島への旅。今回は珍しくツアーで1泊2日の旅。26200円也。

東海汽船 パックツアー http://www.tokaikisen.co.jp/

竹芝桟橋から超高速船ジェット船に乗って1時間45分、伊豆大島岡田港へ到着。

クリックすると元のサイズで表示します
「ニューピア竹芝」のサウスタワー1階に乗り場がある。
クリックすると元のサイズで表示します
超高速ジェット船 まっピンク!
朝だからか、船がちょ〜寒かった。暖房が入っていない。予想外の事態であった。

さて伊豆大島にはこの岡田港と元町港の2つの港がある。
海の状況によってどちらに到着するかは当日の朝決定するのだ。
この日は岡田港へ到着。
こちらははっきり言って何もない。お土産屋が2〜3件あるだけだ。
だからなんのプランもない我らは迎えに来てくれていた宿の車に乗ってとりあえず宿へ。

今回の宿は

湯の宿 くるみや http://www5.ocn.ne.jp/~kan40109/

住所:東京都大島町元町字八重の水 245
TEL: 04992-2-2551

チェックインまで時間があるのでレンタカーを6時間借りることにした。
シーズンオフということもあってか、交通の便はすこぶる悪い。
観光はタクシーかバスになるわけだが、バスはどこへ行くにも1時間に1本の割合。
それに島だから物価が高い。ガソリンが140円から150円といえばだいたいわかるだろう。
そういうわけだからバス代も高いわけだ。

早朝雪が降ったそうで、道路が凍結しているから三原山山頂までは行かない方がよいとアドバイスされた。都心より南にあるというのにこっちの方が寒いのね。

レンタカーでまずは冷え切った体を温めるべく、日帰り温泉できるホテルへ。
道路には標識が少なく、また目印になるような店や施設がないのでちょいと不安にさせる。

大島温泉ホテル http://www.oshima-onsen.co.jp/

住所:東京都大島大島町泉津字木積場3−5
TEL:04992-2-1673
日帰り温泉は12:30〜21:00 800円

クリックすると元のサイズで表示します
露天風呂
クリックすると元のサイズで表示します
露天風呂から三原山を眺める

このホテルが大島で一番大きいホテルのようだ。
ここに来てはっきりした。くるみやだけが古い(施設)というわけではないのだ。
だから伊豆大島でリゾートを求めてはいけないのだ。

体が温まったので今度はお昼ご飯。南へ。
実は葛西にある誠鮨 http://diary.jp.aol.com/applet/tabizuki-naho/20060102/archive
で以前修行していた人が伊豆大島の波浮港で寿司屋をやっている。

寿司 西川 http://www.jtb.co.jp/kokunai/Sight.aspx?bookid=23360340&categorytype=4

住所:東京都大島町波浮港1番地
TEL: 04992-4-1616
車で行くときはクダッチの方から港へ入る。実にわかりにくい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
昔はこの港がメインだったそうで、その当時は喫茶兼酒場だったらしい。
外観はおもいっきり木造日本家屋だけど中はモダンである。
いただいたのは

クリックすると元のサイズで表示します
地魚のにぎり あわびもあるよ 1680円位
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
地魚の刺身定食 刺身とあしたばの天ぷら 1780円位

うんうん。ここまで来た甲斐があったよ。美味しかった!

元町方面へ向かう途中に地層切断面 http://www.town.oshima.tokyo.jp/highlight/danmen.html
車を止められなかったので写真は取れなかったが
地層部分は結構長い距離。ダイナミックだ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ