アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2006/6/29

絵本「カロリーヌとゆかいな8ひき」シリーズ、売ります!  

*おかげさまでカロリーヌシリーズを買ってくださる方が現れました
 どうもありがとうございます!
 今後も絵本を売りに出す予定ですのでご興味のある方はどうぞよろしく。



どっしよっかな〜と手放すのを渋っていた絵本たち

ひそかに気に入りの絵本たちを集めていたのだ。
でもね〜私、なんでもそうなんだけど買ったことに満足して
その後、仕舞い込んじゃうのです。

そういう絵本たちを売っちゃうことにします。

まずは、
カロリーヌとゆかいな8ひき シリーズ 
ピエール・プロブスト(著)/山下明生(訳)【復刊版】

定価は1050円×18冊=18900円ですが、これを8000円で。

クリックすると元のサイズで表示します
たくさんなので10冊だけ撮ってみました
クリックすると元のサイズで表示します
1.カロリーヌ うみへいく から
クリックすると元のサイズで表示します
上のページの文字の部分を拡大してみました

原書は1984年から出版され、全部で30巻位出てるようですが、
途中までの1巻〜18巻まであります
これを読んで育った人も多いのでは?

ポップな絵がとてもかわいらしいのでこれは女の子向きの絵本
友達である動物たちと一緒に冒険し、カロリーヌの成長する様子を描いています。
この動物たちの表情が実にいい感じ

1.カロリーヌ うみへいく 
2.カロリーヌのだいサーカス
3.カロリーヌ むかしのくにへ
4.カロリーヌ つきへいく
5.カロリーヌ キャンプにいく
6.カロリーヌのゆきあそび
7.カロリーヌ ほっきょくへいく
8.カロリーヌのガリバーりょこう
9.カロリーヌ パリへいく
10.カロリーヌはめいたんてい
11.カロリーヌのだいパーティー
12.カロリーヌのじどうしゃレース
13.カロリーヌといなかのべっそう
14.カロリーヌとなぞのいし
15.カロリーヌ カナダへいく
16.カロリーヌとおしごとロボット
17.カロリーヌ ぼくじょうへいく
18.カロリーヌとふねのたび

恐れ入りますが、送料はそちらさま負担でお願いいたします
ご希望の方は、プロフィールにあります私のメールアドレスまでご連絡ください。

*もし親戚友人たちに希望する方がいるようでしたら
 よしみで無料で差し上げますから直ちにご連絡ください。
 先着優先とさせていただきます。
 でも着払いで送らせてね!

0

2006/6/28

映画「ホワイト・プラネット」  映画

映画「ホワイト・プラネット」を観た。

海の中の世界を描いた力作「ディープ・ブルー」、
ペンギンの生態が素晴らしい「皇帝ペンギン」がヒット。
これに続けとばかりに持ってきたネーチャー・ドキュメンタリー映画

クリックすると元のサイズで表示します

ホワイト・プラネット  http://www.whiteplanet.jp/

舞台は過酷な北極。マイナス50度の世界。
そして数十年後にはもうなくなっているかもしれない景色。
その中で懸命に生きている生き物達を描く。

中心はホッキョクグマの親子
これが実にかわいらしいのだ。
赤ちゃんってどんな生き物もかわいいね〜。
ぬいぐるみみたい。
氷も青いわ〜。

さて、感想。
出だしはとてもよかったと思うのだが、半分を過ぎたくらいからだんだん眠くなった
周りからは寝息がす〜す〜聞こえてくるし。

これって私が生き物に興味ないから?
(ちなみに愛猫たちはめちゃめちゃ大好きだが、基本的によそんちの猫に興味はない)
う〜ん、でも「ディープ・ブルー」はちゃんと最後まで楽しんで観れたぞ

分析してみる。
多分余計な音楽
そして「ディープ・ブルー」や「皇帝ペンギン」よりも映像美に欠ける気がする
もっと荒々しい北極の風景とか弱肉強食の風景とかあったのでは。
いやもちろん、美しくも過酷そうにもなかったわけではないのだが、
NHKのスペシャル並みっていうか、それ以下っていうか。予算の問題ですかね。

とはいっても尋常じゃない寒さだから、スタッフは大変だったろうと思う。
だからそんなこと、言っちゃだめなのかなあ。。。

これはやっぱりメイキングの方が感動するに違いない。DVDが出たら借りてみようっと。

最後に映画に全然関係ないけどふと思ったので。
NHKさんへ
下手な芸能人にお金かけてつまんない番組作ってないで、
こういうのにお金と時間をかけてよ。
ナショナルジオグラフィック」とか「BBC」に負けない
世界に発信できるくらいのものをもっとたくさん作ってください。
0

2006/6/27

マンガ「神の雫」はワインの美味しんぼ  

東陽町のフレンチ「サロン ド ジヴェルニー」のソムリエさんから教わったマンガ「神の雫」。
サロン ド ジヴェルニーについて→ http://diary.jp.aol.com/tabizuki-naho/256.html

早速翌日購入。現在6巻まで出ていて7巻目がこの7月に出るんだって。
基本的に美味しんぼのワイン版ってところ。

でもね。ワイン好きにはたまらない内容になってます。
・・っていうかワイン好きなのに知らないのは恥ずかしいくらい流行ってるらしいのだ。


クリックすると元のサイズで表示しますモーニングKC 著者:オキモトシュウ /亜樹直 出版社:講談社

神の雫 1巻 525円
  クリック!→ <img src="http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/book/cabinet/0637/06372422.jpg?_ex=128x128" border=0 alt="神の雫(1)">
神の雫 2巻 525円
  クリック!→ <img src="http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/book/cabinet/0637/06372435.jpg?_ex=128x128" border=0 alt="神の雫(2)">

神の雫 7巻 525円 【予約】
  クリック!→ <img src="http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/book/cabinet/noimage_01.gif?_ex=128x128" border=0 alt="【予約】 神の雫 7">

主人公。
ワインを一口飲んだり香りをかぐだけで、思いを馳せて遠い場所へ行ってしまうのだけれど
ありえね〜って思いつつ、実は本当にわかる人はああいう風になるのかな〜?
まあマンガですから大げさだとは思うけど、私はワインの香りをかいで旅には出ないな〜
やっぱり全然わかってないからなのかな?
などとちょっぴり悲しい気分になりました。

でも、職業にするわけじゃないんだから
ウンチクよりも美味しいって素直に思うだけで十分だと思い直したんだ。

マンガの内容はワインの基礎知識を知らないと厳しいかな〜とは思うけど
これから軽く学びたい人は1巻毎に後ろの方に解説が載ってますから
それを見つつ楽しめばお勉強もできるのではないでしょうか

ワインって何も知らないでもいいのだけれど、
お勉強すると更にもっと美味しく感じるようになるし、
楽しく飲めるようになるから不思議。


ここに掲載されているワイン
お手ごろ価格満載なのでとりあえず全部飲んでみたくなるのよね〜。
みんな同じことを考えるから、どこも売り切れてるんですって。
それってビジネス的に怖い気もするけど、飲みたい気持ちは変わらない。

しばらく和食を追っかけてたので、ワインのことを忘れてたんだけど
ジヴェルニーで美味しいワインを堪能したのと、このマンガを読んで
むくむくと「ワイン!ワイン!」って気分になってしまって、困ったものです。

そこで掲載ワインであるシャトー・モンペラシャトー・ボイド・カントナック
今現在買えるサイトをご紹介。(掲載ヴィンテージはどちらも2001年だけど)

シャトー・モンペラ 2004 【予約】(赤ワイン) 3,339円(税込送料別)
  クリック!→ シャトー モンペラ[2004]【先行予約】

シャトー・ボイド・カントナック 1998(赤ワイン)4,179円(税込送料別)
  クリック!→ シャトー・ボイド・カントナック[1998]年AOC マルゴー・メドック公式格付第3級CH.Boyd-Cantena...

あ〜マンガ効果で既に値が上がっちゃってますな〜。
みんなが忘れるころってもう物がないんだろうなあ・・・。
0

2006/6/26

赤ワイン ドメーヌ・ド・モンカルメス2003  【ショッピング】 ワイン

東陽町のフレンチ「サロン ド ジヴェルニー」で
ソムリエさんにセレクトしてもらった赤ワイン
サロン ド ジヴェルニーについて→ http://diary.jp.aol.com/tabizuki-naho/256.html

これが美味しかったのでネットで買うことにしたのだ

ドメーヌ・ド・モンカルメス コトー・デュ・ラングドック2003 3,390円 (税込送料別)
 
   クリック!→ ドメーヌ・ド・モンカルメスコトー・デュ・ラングドック・2003(フランス・ラングドック地方・赤) 

このワインの造り手は、若干26歳で無名のプルタリエさん。
しかし、曹操たるワイン蔵でみっちりと修行。
ここのワインの大きな特徴に、桁外れに低い収穫量にあります。
これが本当に採算度外視の驚愕の低さ!
収穫量も低くても普通は一つの芽に葡萄の房が3つ実るのだが、
モンカルメスは何と房1つしか実らせない
つまり収穫量を落としてまでも凝縮感のある葡萄を収穫
していいワインを作りたい、ただそれだけなんだね。


シラー種とグルナッシュ種とムールヴェドル種という3種類の葡萄をブレンド。
芳醇でとろけるような果実味はロマネ・コンティから譲り受けた樽で熟成させている。

・・さあ、これだけ聞いてもまだ買いたくならないか?
買いたくなったでしょ〜。2本買っちゃったよ
0

2006/6/25

東陽町のフレンチ「サロン ド ジヴェルニー」うまっ!  フレンチ・イタリアン・洋食

<div class="tabelog">サロン・ド・ジヴェルニー(フランス料理 / 東陽町)
<span style="color: #FF0000;">★★★★★</span>4.5</div>

何故こんな店が東陽町なんかにあるんだろう・・・
って思ってしまう店フレンチ「サロン ド ジヴェルニー」。
東陽町なんかに・・なんて言ったら失礼だとは思うけれど、そう思っちゃうんだよね〜。
それくらいオススメ!

サロン ド ジヴェルニー http://r.gnavi.co.jp/a211500/

クリックすると元のサイズで表示します

住所: 東京都江東区東陽2-4-24 サスセンター1F
TEL: 03-5690-3333
営業時間 :11:30〜15:00/17:30〜22:30
定休日:日曜
地下鉄東西線東陽町駅2番出口 徒歩2分 

この店のソムリエさんとちょっとしたお知り合いなんだけど、
随分ご無沙汰していました。ごめんなさい。
今回、だんなの転職を祝う(・・って何回祝えばいいんだー!)ということで
美味しい料理(ホントにうまいのだ!)と美味しいワイン(これも嘘じゃないのだ!)を堪能。
ち〜と・・というよりかなり予算オーバーだったが満足満足

ランチ: 全てプリフィックススタイル
 * プリフィックスとはコースメニューの中で前菜・メイン・デザートを
   それぞれ数種類の中からお好みでチョイスするというシステム

  ・Menu A スープ+メイン+デザート+コーヒー 2,000円
  ・Menu B オードヴル+メイン+デザート+コーヒー 2,500円
  ・Menu C オードヴル+スープ+メイン+デザート+コーヒー  3,000円
ディナー
  ・Menu A  アミューズ+本日のオードヴル+本日の魚料理又は本日の肉料理+
      本日のデザート+プティフール+コーヒー 3,800円
・Menu B アミューズ+オードヴル+スープ+魚料理又は肉料理+
 デザート+プティフール+コーヒー 5,500円
・Menu C シェフのおまかせ
 アミューズ+オードヴル2皿+魚料理+肉料理+デザート+
 プティフール+コーヒー 7,500円
もちろんアラカルトもあるよ。

そして 今回いただいのは

ディナー Bコース 5500円を2人分
オードヴル・メイン・デザートは3種類くらいの中から選べる。
せっかくなので全部別々のものをオーダー

食前酒 梅酒のシャンパン割り
クリックすると元のサイズで表示します
グラス白ワイン
クリックすると元のサイズで表示します
アミューズ 赤ピーマンのムース
クリックすると元のサイズで表示します
オードヴル フォアグラのポワレ 絶品!
クリックすると元のサイズで表示します
オードヴル フォアグラとうさぎのテリーヌ
クリックすると元のサイズで表示します
スープ 鹿児島産カボチャのポタージュ
クリックすると元のサイズで表示します
メイン イベリコ豚 肩ロースのロースト マルサラ酒のソース
クリックすると元のサイズで表示します
メイン 和牛ロース肉の網焼き そのジュのソース 季節野菜添え(+500円)
クリックすると元のサイズで表示します
デザート ラベンダー風味のハチミツのババロア パッションフルーツのソース うまっ!
クリックすると元のサイズで表示します
デザート マンゴのムースと日向夏のジュレ アーモンド風味のソース

クリックすると元のサイズで表示します
赤ワイン。Domaine de Montcalmes 2003 Coteaux du Languedoc 8000円くらい
ドメーヌ・ド・モンカルメ 産地:コトー・デュ・ラングドック
             品種:シラー70%、グルナシュ20%、 ムールヴェドル10%
さすがソムリエさんのセレクト。うま〜。
ロマネ・コンティから譲り受けた樽で熟成させてるんだって
フォアグラにソーテルヌ(フランスの貴腐ワイン)を合わせてくれたのも感謝。
まさにマリアージュ。


我らがワインを学んでいたことをご存知のソムリエさんは面白いものを紹介してくれた。
それはマンガ「神の雫」。これについては次回。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ