アロマヒプノセラピー くこの実 女性限定 完全予約制  ホームページはこちら

2006/6/18

マンションの契約  40にしてマンションを持つ計画

マンションの申込み&手付金の振込みが完了して次は契約である。

契約に要する時間は最低2時間
重要事項説明書を説明する・・というか読み上げるだけでも時間がかかるのだ。

持参するもの

・実印
・手付金もしくは振込み証明
・公庫・フラット35を申し込む人は借入申込書及び必要書類
・管理規約集の原本
・駐車場希望アンケート(記入済みのもの)
・セレクト確認書(署名済みのもの)

契約後もらったもの

・土地付区分建物売買契約書
・重要事項説明書
・管理規約集
・アフターサービス規準書
・パンフレット図面集
・価格表
・ローン概要
・土地登記簿謄本(写し)
・公図(写し)
・建築確認通知書(写し)
・土地賃貸借契約書(写し)旧借地権物件のため
・手付金の領収書と保証証書
全てひとつのファイルに入っている。

今回おこなったこと

・重要事項の説明
・売買契約締結
・管理規約の説明
・公庫・フラット35を申し込む人は借入申込み

契約書には収入印紙が必要。
物件5000万円以下は15000円の収入印紙が必要だが、
売主と買主が折半するので半額の7500円。
今回は手付金を振込む際に一緒に振込んだ。

最初に宅地建物取引責任者の資格を持つ者が説明しなくてはならないので
宅建資格がある人が写真入のカードを提示してくれる。

重要事項説明の主な項目

・物件や敷地に関する権利
・法令に基づく制限の概要
契約の解除に関する事項→買主側が解除する場合、手付金を放棄する。
         売主側が解除する場合、手付金の2倍の額を支払う(倍返し)。
・損害賠償額の予定および違約金に関する事項
・手付金等の保全措置
ローン特約に関する事項→重要事項説明書及び契約書に明記

重要事項の説明では既に知っていることもあったが初めて聞いたこともあった
だから事前に読んでおくのはもちろんのこと、十分理解しておくことが必要だと感じた。
他に3組の契約者と一緒に行なったが、みな納得するまで質問していたよ。

重要事項の説明が済んだら次に契約書に署名・押印

次は入居説明会だが、それまでの間に
・ローン説明会(希望者)
・現地見学会(希望者)

どちらも参加した。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ